ウエストワールドの作品情報・感想・評価・動画配信

「ウエストワールド」に投稿された感想・評価

のだ

のだの感想・評価

-
私とししては、主人公に敵役の弱点を教えるだけ教えてすぐさま射殺された修理班の若者の為に涙を流したいと思う
cf) キャビン, トゥルーマンショウ
※ドラマ版(2016~)は3話で挫折
私が産まれる前なのにこの発想力、感服しました!

大切なフォロワー様からオススメいただいたんですが、観てよかったです!!

ターミネーターの原点。

ここからさらにターミネーターを観進めていきます!

ありがとうございました😊
anon

anonの感想・評価

3.2
1973年の作品。当時としてはすごく面白かったんだろうな系。
ドラマ版S1は観たことがあったので比較しながら観られたのが良かった。映画はコンパクトにまとまっているしそれなりの良さがあるけれど、映画の方だけを観たらいろいろと古すぎる感が気になるし、この施設の面白さはわかりにくい気がする。
ユル・ブリンナーがターミネーターみたいで面白かった。あと、ジェームズ・ブローリンさんが結構好きな感じ。途中までメインだと思っていたんだけど違ってちょっとだけびっくりした。後で名前出てくる順番を見て納得したけど。

ロボットの技術がもっと進んだらこんな施設ができるかな?でもその頃にはロボット実物じゃなくてVRがもっとリアルになったのとかで実現できるかも?お金はかかるだろうし、西部とかローマとかの設定は好みがあるとしても、現実世界で違法とされることをリアルに体験できる施設があれば、犯罪も少しは減るかなと一瞬思ったが、それはやっぱり甘すぎるな。

2021-015
ジェームス・キャメロンがターミネーターのアイデアの土台とし、シュワルツェネッガーもT-800を演じる上で本作に登場する殺人マシンを演じたユル・ブリンナーを手本としたそうで、まさに元祖ターミネーター!
テーマーパークで一悶着という発想はのちに「ジュラシックパーク」を生み出すことに!

科学テクノロジーを用いた巨大テーマパーク内でマシン達が暴走する設定を73年に作っているのも凄いし、何よりも映画としても面白い!
マシンのエラー行動が次第に伝染していき、遂には人を殺すまでに暴走していく恐怖!
ユル・ブリンナーが恐ろしい!

展開として荒い部分あり、コントロールセンターの人員がなんかあっさり死んでいたり、あと保安官になったゲストって最後どうなった??
とかはありつつも結構面白かったです!

自分もああいうアトラクションあったら、やりたいなぁ
VRならできそうですもんね!

ドラクエ世界に入ったりしたら楽しそう!
んっ?VRでドラクエ世界に入ってエラーと戦う…?
……なんか嫌な記憶が呼び覚まされそうなのでこの話はやめておきましょう。
アライ

アライの感想・評価

3.4
コンセプト良き。ドラマが壮大になりまくってるからあれだけど、こっちはコンパクト。後半はとりあえず逃げてるシーンみてる。エンディングの印象うすいな?
中世と古代ローマの違いがよく分からなかった
バーでの乱闘シーンは最高
藤子・F・不二雄の短編で同じようなテーマパークを扱った話があったのを思い出しました。
というか『ドラえもん』の劇場版でもこれと似たような展開の作品ありますよね。

また、テーマパークの崩壊、というと『ジュラシック・パーク』シリーズが、ロボットが追っかけてくるSFスリラーというと『ターミネーター』シリーズ等が思い浮かびます。
というか原作者が『ジュラシック・パーク』と同じなんですね。

また、敵側の視点が結構映る・人間の体温に反応して~という設定・後半はほぼセリフなしで人外の相手と1対1の勝負、という展開は『プレデター』っぽくもあり。



この作品に関しては、世界観の説明や日常風景的なのが1時間、パニックになるのが30分、とどうしてもバランスが悪い気がします。
前半のパートも結構楽しいんですが、主人公の人物像も深く掘り下げるわけでもなく、ちょこちょこ面白そうな脇役が出てきますがそれもそこまでスポットが当たらずで、長い尺使ってる割にあまり得られる情報がないです。
逆に後半は駆け足で、折角3つもステージがあるのにそこまで機能していないのが勿体なく感じました。

しかし、上記の様に関連する作品が多くそういった作品群の中での位置づけを考えたり与えた影響を考えるのは中々楽しく、映画自体も下手な説明がない分あまりボロもないのでコンパクトにまとまった良作だと思います。
おそらく高校生の時に生物の先生が授業で最初の40分だけ見せてくれた作品。夢の遊園地『デロス』に訪れた客がロボットによる反乱に巻き込まれる。
『ジュラシック・パーク』と同じ作者なので流れは一緒。初見で見た時も思ったが本当にワクワクさせられる設定。だからこそ後半のご都合主義や描写不足が惜しかった。これは90分ではなく120分くらいに伸ばしても良いと思う。
今リメイクしても絶対ウケる作品だと思うのでスピルバーグ辺りでリメイク希望。
国茶

国茶の感想・評価

3.4
ユルブリンナーさんが不気味だった

徐々に機械がプログラムされている指示に従わず
自我を持ち始めて自分勝手に行動しだす様は
恐怖を覚えます
1973年 アメリカ サスペンス!

久しぶりのユル・ブリンナー!

昭和48年 48年前の映画。

ジョン・ブレインとピーター・マーチンは、休暇を取りデロスと言う施設に向かう

デロスは中世・古代ローマ・西部の3つの世界が体験できる。

ユル・ブリンナーが何度も死ぬ!

皆さんも1日1000ドル💰で夢の世界を訪れませんか?早速お申し込みを!楽しい休暇が待って、、、待って、、、待って、、、な映画。
>|