あやつり糸の世界の作品情報・感想・評価

あやつり糸の世界1973年製作の映画)

Welt am Draht

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:212分

3.9

あらすじ

未来研究所では、仮想世界を作り出し未来社会を厳密に予測できる「シミュラクロン」の開発が進められていた。ある日、研究主任のフォルマー教授が謎の死を遂げ、シュティラー博士が後任に就く。やがてシュティラーは研究所で奇妙な事態に遭遇する。保安課長ラウゼが忽然と姿を消すと、エーデルケルンという別の人物が保安課長として存在しているのだ。やがてシュティラーは自らシミュラクロンによって仮想世界に入り込む実験を行…

未来研究所では、仮想世界を作り出し未来社会を厳密に予測できる「シミュラクロン」の開発が進められていた。ある日、研究主任のフォルマー教授が謎の死を遂げ、シュティラー博士が後任に就く。やがてシュティラーは研究所で奇妙な事態に遭遇する。保安課長ラウゼが忽然と姿を消すと、エーデルケルンという別の人物が保安課長として存在しているのだ。やがてシュティラーは自らシミュラクロンによって仮想世界に入り込む実験を行う。現実そっくりなコンピューターによる虚構の空間。そこでシュティラーは消えたラウゼの姿を見かける…。

「あやつり糸の世界」に投稿された感想・評価

dude

dudeの感想・評価

4.3
不思議な味わいが胸に残る作品。
鏡を使った多層的なショットなど、画面が常にかっこいい。突然大げさなズームがあったり、主人公の身体能力がやたらと高いのも楽しい。ノイズのような音楽も印象的。
しかし面白い娯楽作品ではあると思うのだが、いまいち自分が何に感銘を受けているのか判然としない。監督の他作品も観ていきたいので劇場公開かDVDの再販をしてもらえないだろうか...。
kumi

kumiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

70年代初めに西ドイツで制作されたSF映画で
「マトリックス」「インセプション」の先駆けとなる
仮想・多層世界を見事に描き出している。

監督はライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 。


↓ネタバレありますのでご注意↓
























第1部の初めの映像はベルトルッチ監督「暗殺の森」を思わせる
素晴らしき構図だったのですが、場面が進むにつれ
そこにそんな尺、必要?な箇所がちらほらと。
特に第2部(1&2 合計3時間ちょっと)は。

面白いと感じたのはバーチャル世界へ行って帰ってくるときの
大きなカギとなる公衆電話。そう、マトリックスと同じ。
あちら側にいる人からの電話を受けると、煙のように体が消え、
電話線の回路に吸い込まれて現実世界に意識が戻り、目覚める。

そして仮想世界にいる人物たちは
自分たちが【ニセモノ】であることを知らない。

知りすぎてしまったら最後、自分のデータは抹消され
最初から存在がないようにされてしまう。
現実社会も似たようなものだけれど。

、、、っとかなり深いところまで書いてしまったので
ここまでにしますが、ものすっごい皮肉なのかな、と
感じた箇所をひとつ。

仮想世界のほうが優雅で豪華な生活をしているのに
現実世界に戻ってきた途端、グレーの壁に無機質な家具、
服装もシンプルでつまらない。つまりダサイんです。

夢を見るためにも仮想世界では
理想の生活を作り出していたのかも。
和田

和田の感想・評価

4.0
長い
でも後世のSF映画に連なる映画って言われてるだけあって面白い映画だと感じた

鏡を使った演出がすごい多かった
会話のシーンなんかで後頭部を映しながらも鏡で表情が見えるのが印象的だった
翼

翼の感想・評価

4.6
鑑賞メモ。
半券に日付が書かれてなかった…orz

思っていた雰囲気SFではなく、二重三重構造を思わせる世界観。
「なるほど、これが起源か」と思いながら見ていました。
前後編だった気がするのですが記憶が定かではない。
ただ、時間は長かったはずなのに存外ドラスティックで逃亡やアクション、銃まで出てくるからなんかもうSFなんだけどポスターイメージとは違ってアクション映画だったような・・・。

いや普通にすごい面白かったです。
思い出すとシーンが多彩で飽きません。
オススメです。
去年、凄く評判は良かったけど見逃していた一本。
渋谷、アップリンクで鑑賞。

1973年に発表され212分という長さ、
ニュージャーマンシネマのライナー・ベルナー・ファスビンダー監督。
個人的にはこれだけで凄く観たくなる。

そして傑作SFでした。
SFらしい装置とか仰々しいことはないのだけど、
設定とか、テーマとかこれはもうSFなんですね。

物語がドンドン雰囲気を変えていくのが楽しい。
最初は謎だらけでアート的でもあり、それが哲学的な話になったかと思えばアクションになり、
そしてドイツ映画といえば、カリガリ博士に代表とされる様な、
誰が狂っていて、何がオカシイのか、観ている方もオカシな気持になっちゃう様な、精神世界への葛藤が実に見事。

オカシイのは自分か?世界か?
みたいな。

そして、世界の謎と平行して人間の悪事も描かれて、
空想話が実は現実で誰かに嵌められてるのかも、
というサスペンスを生み出し、
出てくる人、それぞれが強烈に怪しくなっていく。

カメラワークがグルグル登場人物を囲む様に回り、
それが妙に平衡感覚を狂わす。
カメラ写りこんじゃうくらい画面に出てくる鏡とか、
映画冒頭でも出てくるけど、鏡に写っているのは何だ?
と映画を通して問うてくる。

ちょっとね、最初主人公が誰か分かりにくいのがもったいないなぁとは思うんですけど、
これはもう凄い極上のSF映画でしょう。と思うのです。

観ていて背筋がヒヤリとする、実に怖い映画でした。
いやはや映画館から出たらそこは果たして現実なんでしょうかね。
chinechan

chinechanの感想・評価

4.5
観終わった第一声は、
かっこいい!!!
です。非常に好みです。

ところどころかなりダサいのに、トータルめちゃくちゃかっこいい。

効果音謎(だけど好き)だし、昭和のサスペンスドラマか!といわんばかりに、「なんだと!」という台詞と「ジャン!」みたいな音とリンクさせて、顔面のドアップとか出すし (なんだよそれ、ってツッコミたくなる)、冒頭から地味に鳴り続けるメルヘンチックな音楽が、気付いたらミュージカル風の曲に変わってたり、もう全く意味不明にわざとらしく外しまくるんですが、、、
何故か、結果的に持ってかれます。

鏡、歪んだガラス越しに見る人間の顔は、歪んだ本心を映し出すようで、マスクを被った別人のようで、不気味です。冒頭から鏡にやたら固執していて、この不気味な電脳の世界観を作り出しています。

もう1回劇場で観たい。
鏡、鏡、鏡のオンパレードめっちゃかっこいい!!
女性陣の衣装も凝ってるものが多くてこの映画に華を添えてる、好み!
そしてあの不吉な電子音で何度鳥肌立ったことか。

ストーリーもぐいぐい惹き込まれて面白すぎた〜2部構成で長かったけど大満足。
MM

MMの感想・評価

3.9
惑星ソラリスが72年、こちらが73年。79年にはアルタードステイツ...etc... 70年代は映像作品に限らず"意識"を巡っての多彩なアプローチの表現が登場していたように思える。今ではもうすでに現実の体感と重ね合うことも少なくなかったりして...この作品も43年前と思うと凄い❣️

渋谷駅までの帰りの景色。mum聴きながら歩いてると、何だか世界が全部マネキンチャレンジみたいに見えて愛おしくなったよ。
設定自体は見てるだけでめちゃくちゃワクワクするんだけどね……
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.8
このタイプのSFテレビ映画、ドイツ映画が先駆けでやってたんだー、と感心しながら見てましたー。長くて眠くなる、というのもわかりますけど、僕は哲学的で個人的に好きですねー。
>|