ライトニング・イン・ア・ボトル 〜ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜〜の作品情報・感想・評価

「ライトニング・イン・ア・ボトル 〜ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜〜」に投稿された感想・評価

今、改めて見たいんだけど友人のギタリストに貸したら戻ってこない…
supernova

supernovaの感想・評価

3.7
もう十年以上前の作品なんですね。鬼籍に入ってしまった人も・・。それにしても素晴らしい映画です。ホントアメリカ人てこういう祭典の雰囲気作りが上手いですよね。バディ・ガイのジミやラストのB.B.キングなどホント痺れます。見所満載。音楽ファン必見←今更。
悲しみ

悲しみの感想・評価

3.8
公開当時に映画館で。ブルースにドップリだった頃。
バディガイにBB。ブルースを創り上げてきた偉大な人物たちに出会えます。
ブルースが好きならば。
(おや?と思うこともありますが)
tulpen

tulpenの感想・評価

3.8
監督は「トレーニング デイ」のアントワーン・フークアとくれば見逃せない。
2003年2月7日にブルース生誕100年を記念してニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催された一夜限りのコンサート“サルート・トゥ・ザ・ブルース”の模様を収めた音楽ドキュメンタリー。
夏の夕方に観たので、映画館を出たらすかさずビールを一杯
2005.7/20(43) シネギャラリー