洋菓子店コアンドルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「洋菓子店コアンドル」に投稿された感想・評価

0

0の感想・評価

-
伝説のパティシエなのに煙草吸うの?

厨房の調理台に座って本読むとか。どんなに腕の良い職人でも、それは嫌。自分の店ならまだしも、晩餐会の会場でそういう態度は無いと思う。

あと、髪の毛。あんなボサボサで厨房たってるの想像したら、その店に行きたくはない。こだわりのあるお店なら、身だしなみから整えた方が良いと思う。

そもそも、なつめがプロのパティシエになりたいと思っているのかすら謎。
okoge

okogeの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

こじんまりとした可愛い映画館。シアター内は紫だったような。
最後、なぜか号泣して最後に出たから恥ずかしかった覚えがある。
優ちゃんの演じる役に共感できなくて入り込みにくかったけど、江口さんの泣きの演技のやりとりはグッときた。あと元妻に会いに行くとこも。
kaori

kaoriの感想・評価

4.0
蒼井優ちゃんがむき出しな作品。
江上さんと言い合うシーンめっちゃ好き。
この作品までの優ちゃんはどちらかとい大人しいイメージだったけど、本当の彼女はこうなんじゃないか?と思わせられるほど絶品なお芝居だった。
あと、ケーキを作るのが下手くそな設定が共感できてよかった。
KURO

KUROの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

なつめのように自己中 超ポジティブ 悪いことは他人のせい にして生きてみたい
まあ 通常はみんなから嫌われるだろうが そこは映画 上手く回ってますね

最後の 江口洋介の奥さんの元にケーキを届けて それを蒼井優が見届けて旅立つシーンで終わりまして
いい感じで終わって 少しじーんとしました

優ちゃん最後歩いて空港に行ってるなーってのと
あとカシスケーキのダメ出しの理由がもう少し欲しかった…

なつめの性格と方言が相まって 蒼井優の可愛さが引き立ったいい作品でした
東京で評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」。
この店のオーナーでシェフパティシエの依子のもとに大きな荷物を持った鹿児島弁の田舎娘、なつめがやってきたかとから始まる物語。
キャッチコピーは「甘くない人生に、ときどきスイーツ。きっと幸せになれる。」

料理の作品が好きで、そういった意味では楽しめることができました。
ストーリー自体に驚きや斬新さは無いものの、パティシエの世界の厳しさ等をスパイス強めに表現してくれます。

主人公なつめ役を演じる蒼井優。
キャラクター的には馴染みにくかったけれど、そこは見事な演技力でフォローしながら役になりきっていましたね。
その他の役者さん達も含め、洋菓子なのになかなか甘くない迫真の演技でした。

個人的には美味しそうなスイーツを眺めるだけでも価値はあったかなと。
a

aの感想・評価

3.5
気の強い女2人は苦手だったけど 、チョコレートのテンパリングのシーンとか 、晩餐会でのフランベのシーンとか 、音や映像ひとつ取っても やっぱり洋菓子は美しいな 〜 って思いました
大学生の時にバイトしてた洋菓子店がロケ地になってたりしてびっくり ! テンションあがった 〜 ( ᷇࿀ ᷆ )
ガレットデロワが食べたい 〜 〜
apollo

apolloの感想・評価

3.0
全体的な雰囲気は好き
マリコがこういう女いる~~!っていうリアルな嫌みったらしさで辟易した
s

sの感想・評価

2.0
動画
・ナツメとウミくん、ナツメとマリコのシーンはうーん…だけど他は良かった!
・日本語が可愛いジュリアンとなんだかんだ優しいシェフと田村さんが癒しだった
maro

maroの感想・評価

-
高校生の頃何回も観たな〜。お菓子がほんとに美味しそうやし、菓子職人になるために奮闘する蒼井優ちゃんの演技にすごく魅入った覚えあり。
sumire

sumireの感想・評価

3.9
なんかポロポロ泣いてしまった。私も主人公と同じ勘違い田舎っぺちゃんだったから。ほぼ駄々をこねて、自分を主張して、優しい人に子猫の首を持つようにひょいっと助けられて、の繰り返しだったような。
ケーキが本当に美味しそうで。明日は絶っ対に美味しいケーキを食べる!カシスの。