セックスと嘘とビデオテープの作品情報・感想・評価

「セックスと嘘とビデオテープ」に投稿された感想・評価

Yuta

Yutaの感想・評価

4.1
愛のないセックスは無意味だ。
本能の前にあるものはなんなのだろうか

嘘は魔法のようなものだと思った。
欲望と抑圧の解放のようなラストは印象的だった
かづき

かづきの感想・評価

3.4
カンヌのパルムドールを取った作品。
なんでパルムドールなのかわからなかった。
うーん。難しかった。
ごとう

ごとうの感想・評価

3.6
人ひとりでこんなにも人生が変わってしまう
『昼顔』の上位互換だった
登場人物は4人。

この4人の関係がグレアムのセックスを題材としたビデオテープにより変化してく。

ちなみにグレアムは不能。
Tallow

Tallowの感想・評価

3.5
長編デビュー作品だけあって、ソダーバーグ監督の考える「映画」の基本姿勢がよくわかる一本ですね。
銃もナイフ必要無くて、タイトルにあるこの3つで人間を傷つける事が出来るって事ですね。キャラクター4、5人でハラハラする感じ、「サイドエフェクト」などに通じる作り。独創的ですね。
げざん

げざんの感想・評価

3.0
必ずしもこういう意見だとは思わないが、少なからず男女の意識の差は結構離れているんだろうなと思った。いい映画だったな。
犬

犬の感想・評価

3.5
ゴミ

弁護士のジョンは理想的な家庭を築いているかに見えるが、実は妻の奔放な妹と関係をもっていた
そんな折、学生時代の友人が訪れ、ビデオカメラで性的対話をしようという
心優しき変態者の来訪により、それぞれの男女が自己崩壊と自己発見のスリルを味わっていく

スティーヴン・ソダーバーグ監督の長編デビュー作

まさにタイトル通り!

なかなか赤裸々に語る
性について考えさせられます

これは色んな感想がありそう
まず男と女で違うし

俳優陣の演技良かった

浮気はバレる

あなたもビデオに撮られてみませんか?
え? 浮気の話なの??
セックスできなくても死ぬわけではない。生きていける。がんばれ!個人的にはシュールなコメディだと思いました。なぜパルム・ドールなのか、わからなかった。
テレビでやってて見た 立場の入れ替わりのとこは見入っちゃったな
憧花火

憧花火の感想・評価

3.3
男はセックスに深く意味を持たせると、繊細に機能しなくなる。

女は逆だ。
セックスに深い意味を見出せた途端に、どこまでも大胆に露わになれる。

セックスと嘘とビデオテープに閉じ込めたそれぞれの欲望と抑圧が開放されたラストがとても良かった。
>|