アルタード・ステーツ/未知への挑戦の作品情報・感想・評価

「アルタード・ステーツ/未知への挑戦」に投稿された感想・評価

珍映画。
ストレンジャーシングスに影響与えた一本にあったので観てみた。
水槽のシーンがそれに当たる部分で、前半はわりと退屈だが後半は珍映画具合に拍車がかかる。ラスト近くは2001年みたいに??
バスケットケースやヒカリマンなど思わせるビジュアルも。
猿人もウィリアム・ハートがやってるのかな?
ドラッグムービーなのに、メッセージは道徳的という変な作品。
ざっくり言うと、ドラッグばっかりやっていて家庭を疎かにする男が本当の愛に目覚めることによってドラッグを断ち切るという物語ですよね。
一見、支離滅裂な映画のようでいて、最後は「愛」で全てが解決するというムリヤリ感。
最終的には①ドラッグはやめよう②妻を大事にしなさい、という結論に行き着く。

別の角度で見ると、信仰を捨てた男が真理を求めてヤンチャするんだけど、最終的には「愛こそ真理」に行き着くという感じ?

または、行き詰まった西洋文明が原始的、スピリチュアルなものに真理を見出そうとする物語。まぁそれってヒッピー文化のことだけど。表面的な物語はそういうことでしょう。
時代を感じた。敬虔なクリスチャンには見せられないと思います。
filmore

filmoreの感想・評価

3.8
シャーマン不在の元、アヤワスカとマジックマッシュルームを大量摂取しLSDリキッドに身体中に浸かり、暗くて狭い場所で究極のバッドトリップから生還したような映画w

サタニックから生命の神秘から愛ね🔥

ビッグバン!!!!

SFカルティックグレイトムービー📽
安藤

安藤の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

毒キノコでキマっちゃってるシーンがねらわれた学園の画に似てた。酔いそう。
思考の原点を探るうちに、脳の信号が体型変化を引き起こすところとかSF要素あって好きなんですが、締めがイマイチ。危険な物には手を出さない方がいいですね。
neru2go

neru2goの感想・評価

2.1
当時はけっこう面白かったな
精神的なトリップと宗教観の融合
知らない世界を覗いたような?
トリップ体験映画と聞いていたけど思ったほどではなかったかな、というのが正直な感想。

良い具合の安さ、古臭さが好物な方には是非とも勧めたい。人類史、宇宙観、宗教論、なんやかんや色々論争する割に、最終的には愛の話に落ち着いてしまう脚本も含めて。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.5
これって今観るとバカ映画なのか?😁

古い友人とこの映画の話すると
「あぁ電線マン出てくるやつね」
「マジックマッシュルームで飛んでたね」
「愛は何より強かった」
こんな思い出ばっかり😁

胎児にとっての羊水の中を再現したカプセルが出てきて主人公はこれに入りえらいことになってしまうのだが…

おれはこのカプセルに入りたくて入りたくて😁💦

さっぱりわからないとは思いますが気になる人は是非~😁
のりと

のりとの感想・評価

3.5
猿に退化するシーンが面白い。動物園に入って動物を襲う場面は「狼男アメリカン」を思い出す。終盤に変身する「バスケットケース」のベリアル兄貴のような姿はグロテスクで良い。80年代のSFXは最高。
愛で自我を保つ話かい…
キリスト教的モチーフも混じって、地獄からこの世に引っ張り上げるような感じに…

SFXと音楽がいい。
>|