プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの作品情報・感想・評価・動画配信

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」に投稿された感想・評価

gale

galeの感想・評価

3.5
アナイリン・バーナードの色気がとんでもないことになってるって噂だったけど本当にやばい…観客の人生までめちゃくちゃだよ助けて…
アナイリン・バーナードが初登場する寝起きのシーンから完全な造形美で「ハ?!?!?」って全力で叫んで胸を押さえて倒れ込んでしまったし、その美貌と無自覚人たらしで関わる人の人生を狂わせていく…アナイリン・バーナードのために美という言葉が存在するのかと思ってしまった…

モーツァルトってもっと女癖ひどいイメージがあったんだけど、この映画だとわりとピュアピュアしてる感じがしたな(それでも不倫は不倫だけど)
りの

りのの感想・評価

3.8
ダンケルクに出ていたアナイリン・バーナードも、レ・ミゼラブルに出ていたサマンサ・バークスにも気づかず、観終わった後で役者さんは凄いなぁと思った。仮面舞踏会の衣装が、過去にみたことのある中で一番美しい仮面だった。
推しが陽気に歌い、踊り、音楽に酔いしれる様が観れる。最高。ベッドシーンもある(全然下品じゃなくて良かった)。

なお話の筋は........。
歌が綺麗だけどうわぁー…なんという胸糞…
女の人には本当に厳しい世界だよ…
しかし主人公も時代的にそこまで罪悪感のある物でもなかったのかもやけど結婚して子どももいるのに別の女とのロマンスに誠実そうな顔されてもなにを応援したらいいのか…

何はともあれナイさん美しいな。巻き毛が垂れてるとこが好き。
白鍵と黒鍵の色が逆のピアノおしゃれ。
クロ

クロの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

女たらしのモーツァルトだが美しい☆
新作オペラで呼ばれたプラハでスポンサーの名家の男が狙っていた主演女優と恋をする☆
男と女優が結婚しないといけなくなり、モーツァルトはとめようとするもダメ☆
結局女は殺されてしまう☆
モーツァルトが素敵!
アマデウスではお子ちゃまのまま大人になった感じだったけど、こちらは超まとも。
でも実際の神童モーツァルトが成長したらアマデウス的だったのではないかなと感じました。
ドン・ジョバンニって怖かったのね😱
歌声がきれい。

悪役のジェームズピュアフォイは目が離せないいい表情をする
音楽に包まれ、身を委ねられる

ストーリー・オブ・マイライフに
続いて観たせいか、
時代時代における女性の生き方の
難しさを感じる

モーツァルトも良かった
Maiko

Maikoの感想・評価

4.5
ナイくんが麗しすぎて優勝✴🏆✴
ポニーテールもカールの後れ毛もフリルの袖もなにもかもナイくんの為に存在するのかな?
セックスシーンで女性よりも美しいのはさすがに女性に失礼では?!!
ルックスはまず優勝として、明るくて魅力的で才能溢れるチャーミングな役柄も見事に表現されていて、みんながモーツァルトを好きになるのわかるわかるー(軽率と純粋は紙一重ね、はい理解)ってなった!
ナイくんのお芝居をもっと見たい見せてほしい主演でお願いします🙏💕💕💕

美しいのはナイくんだけじゃなくて、衣装や歌声やオーケストラにもうっとりする作品だった✨
なつん

なつんの感想・評価

2.8
大好きなサマンサ見たさに観たけど、内容はなんとも……気軽に見れるからいいけど、チープな昼ドラみたいな感じ。「ソープオペラ」って評してる人がいたけど、まさにそう言ってもいいんじゃないかなと。
なんかストーリーに深さがないんだよなあ……
サロカ男爵は結局どうなったのとか、ハナは結局死産だったのかとか、なんか結局ドン・ジョヴァンニのオペラの中で、ざっくりハイライトになってるのがなんかモヤモヤする……
でも、この作品でのモーツァルトが「ウォルフガング」って呼ばれるのはすごく良かった。

サマンサめちゃくちゃ綺麗だし笑顔が可愛いし、ウォルフガングを演じたアナイリン・バーナードは時々びっくりするほど美しくてびっくりした…巻き毛の前髪が乱れて顔の横に垂れてるシーンとかやばかった……
>|