プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの作品情報・感想・評価

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード2016年製作の映画)

Interlude in Prague

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:103分

3.5

あらすじ

1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガ…

1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―。

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」に投稿された感想・評価

Kohei

Koheiの感想・評価

3.5
イケメンのモーツァルトと悪役の光る映画。個人的には初代ケルビーノ役の声が好きでした。
れいか

れいかの感想・評価

4.0
アマデウスとはまた全然違う切り口
モーツァルトが美人
映像が綺麗
わたしは好き
uoxou

uoxouの感想・評価

3.0
フィガロの結婚とドン・ジョヴァンニは好きな作品なので楽しめた。モーツァルトがかっこよかった。
ドロドロな話だった〜

権力者のセクハラ・パワハラあったりして、18世紀の話だけど現代感あった

いま身分制度はないと直感的に感じるけど、そうでもないかもね
「アマデウス」と比較しないで観た方がいい映画。プラハロケで美しい街並み。上品なモーツァルトとラブロマンスを堪能できる。これを観て『フィガロの結婚』や『ドン・ジョヴァンニ』を聴くようになりました。
aya8

aya8の感想・評価

-
この時代の映画好きなんですが、男性がウィッグばかりで、あれ?この人誰だっけ?とよくなる(。-_-。)
最近はギロックが好き^ ^
miyu

miyuの感想・評価

3.4
誘惑のマスカレード…って😅

まぁ、確かに ドロドロの愛憎劇やわなぁ〜。。。
時代背景と プラハの景色と オペラは すこぶる美しく魅惑的。。。

しかも モーツァルトになっていたアナイリン バーナードが 美し過ぎて…💕

仕方ないわなぁ〜💨
妻子あっても 変態男爵より 数100倍 ×いいね! ですゎ…
って 映画でした🎬
ひば

ひばの感想・評価

3.5
妻子持ちの父親にしちゃおいたがすぎるし仮に娘が引っ掛けられたらこいつ絶対許せないけど、しょうがないよなこの顔なら…っていうアナイリンくんの顔面説得力で突っ走った作品でした
なんか夢でもみてんのかな…と思った

この人「Forgive me.」って言えば済むと思ってるし、実際みんな許してしまうし、みーんなモーツァルトが大好き!!はっぴっぴ!!に持っていくので、え!?それでいいの!?待ってたち悪いよその人!みんな!その人に騙されちゃダメ!でもアナイリンくんの顔が邪魔をする…くそ…なんだその美しい顔は…こっちを見るな…アア、アアァアア倫理観が狂うだろうがアアァアア

顔が良すぎる男は性格が最低じゃないと世界が動かないよね~わかる、浅はかな起因がなければ歴史は残らない、そういうものだね~~
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.5
ただただ切ない。劇中で披露されるオペラの舞台はかなり満足度が高かった。歌声がいつまでも耳に残って余韻がすごい。生のオペラの舞台はもっとすごいんだろうな。

っていう真面目な感想がどうでもよくなるくらいに、ちょっ………モーツァルト美男子過ぎて目が幸せ。何この色気。妻帯者でも「妻にバレなきゃいい」ってダメでしょ。こんな透き通るような青い目で見つめられて優しくされたら…スザンナの気持ちが分かるわよ〜。
モーツァルトとスザンナの気持ちに入り込んでしまい歌を聴いた瞬間に泣きそうに。そう考えたらクラシックもある意味ソウルだな。音楽の力ってすごい。
史実に忠実かどうかは要確認だけどこの時代のクラシックミュージックも発想は現代と変わらない。音楽の原点。
「プラハ×モーツァルト×オペラ」

クラシック音楽、ヨーロッパ大好きな私にはピッタリの映画だった!

プラハ懐かしい。きれい。
>|