プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの作品情報・感想・評価

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード2016年製作の映画)

Interlude in Prague

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:103分

あらすじ

1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガ…

1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―。

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」に投稿された感想・評価

fumika

fumikaの感想・評価

2.5
モーフィドクラークの顔付きはどちらかというと脇役寄りに思える…
他の登場人物もあまりパッとしなかった

スザンナと男爵の話もありがちな展開
それ以外は歴史的事実と重ねていたのでふむふむといった感じ

クラシックをたのしむ一作
寿司屋

寿司屋の感想・評価

3.0
アナイリン バーナードの目は最高だ!序盤の元気いっぱいな登場シーンもかわいかった。
衣装、音楽、映像、街並み、全部が美しい映画でした。
ドン・ジョバンニがどんな内容のオペラか知らないからそーゆーのわかってたらもっとおもしろかったのかなーと思いつつ…
ぷに

ぷにの感想・評価

4.0
プラハの街並みやオペラの華やかさとは裏腹になんなんだこのメロドラマは・・・( ゚д゚)



2017.12.10
MOVIX三郷

2017年202本目
アメブロを更新しました。 『「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」窒息プレイ男か、不倫OK男か、最低の選択だな。』 https://t.co/cIElCnVN0b
ドン・ジョバンニ誕生秘話という感じかな?美しい映像に癒された。
邦題のメロドラマ感が笑える。
まる

まるの感想・評価

3.5
モーツァルトのミュージックビデオと捉えれば非常に贅沢な時間だった。歌は生歌なんだろうか?サマンサバークスさんが出てるし。オペラにモーツァルトが自分の気持ちをのせて作るところから発表までをもちろんモーツァルトの音楽、当時の暮らしぶりや、華やかな衣装や建物、そして本場でのロケで盛り上げていて豪華な旅行気分だった。

肝心の内容。ドンジョヴァンニの誕生秘話のような内容になっていたのだけれど、要するにどうしようもないオジサン二人の女の取り合いなんだよなぁ…。モーツァルトはじめ登場人物の人間的魅力がいまいち伝わってこず。

あとせっかくだからサマンサバークスさんをもっと登場させてほしかった。すごくいい役どころのはずなのにチョイもチョイ役でほとんど出てこなくてすごく残念だった。これは個人的な希望の話だけど。。。

アマデウスの前例があるから内容としても楽しめるものを期待しすぎてしまったこともあったかも。でも、役者さんは素晴らしいし、音楽はもちろん味わいがいがあり映像はとてもきれいなので好きよりの作品ではある。
つみれ

つみれの感想・評価

3.1
アナイリン・バーナード気になるなーって少しでも思っている人は絶っっっっ対見たほうが良いです。
彼がずーーーーっと美しいです。
天真爛漫で人たらしなモーツァルトに気が狂うと何度も思った。
ドン・ジョバンニとフィガロの結婚のあらすじだけでも見とくと良いかもしれない。
面白かった。ドンジョヴァンニ製作の裏にこんな話があったら?風ちょいドロラブストーリー。不倫・三角関係・死を描きながらも印象が美しいのはアナイリン等美男美女たちとプラハの光景とモーツァルトの旋律のおかげかも。でもそんな中一人異彩を放つ強烈顔圧男が…。美しい映像が続くなか、あのスクリーンからはみ出んばかりの(実際はみ出てた)、キョーレツな顔どアップはビックリした。
フィガロの幕間、あるいはレクイエムとしてのドン・ジョバンニができるまで、といった趣。

単純な歴史ものではなくてきちんと(製作は2016年だけど)今見るべき内容になっていたと思う。どなたか書いてたけどまさしくワインスティーン事件を思わずにはいられない「プロデューサーと女優の関係」というやつは昔から地獄なのだったのでありますな…

アナイリン演じるモーツァルトは石像と対峙するクライマックスが鬼気迫るものがあり素晴らしい。ストーリーとしてもっとドン・ジョバンニに重ねてもおもしろかった気もするが、ヨハンとモーツァルトの不思議と寄り添うバディぶりもあってやおい的文脈でも楽しめる。
>|