嘆きのピエタの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「嘆きのピエタ」に投稿された感想・評価

naora

naoraの感想・評価

2.3
これが、キム・ギドク色なんだな。観てる分には相当キツイシーン多かったけど、なんか最後まで目が離せなかったし、意外な最後。切ない最後。もっと知りたいキム・ギドク。
toshn

toshnの感想・評価

4.1
これまでのキム・ギドク作品では一番好きです。
救いのない復讐譚ではあるが、ラストシーンの静謐な美しさがもう一度見てみたいと思わせる。
とは言えもう一度見るのにはメンタルの充実が必要ですが。
トラウマ級の作品です。
2度と観たくないですが、その分記憶に残りました。
救いもないひたすらに哀しい、韓国の借金事情てリアルにこんな感じなんでしょうか?
韓国特有の(あっ叩かれそう(>_<))マザコン、貧困、グロさ満点ですね。
ラスト本当にしんどいですが、映像が凄かったです。
なな

ななの感想・評価

3.1
精神がめちゃくちゃに削られるタイプのえぐい映画。
母親からの愛情をもらえなかったために、母親とうまい距離感をつかめずベッタリなガンドが不気味で哀れ。

韓国映画って命乞いや叫び声がほんと真に迫っている。
かなりしんどい。
30年一人で生きてきた冷酷無情な借金取りと母と名乗る女
金の返せない責務者には身障者にしてまで保険金に賄わせる。
冒頭から見てられないシーンの連続、悲痛な叫び
割と話の展開としては予想がつくけどなんかねぇ。。
母と名乗る女への情と今まで自分がしたきた非情
一番可哀想なのは責務者とその家族
2回は観れない作品
tkmk

tkmkの感想・評価

3.8
残忍な主人公が可哀想になる。
胸くそ系映画ではあるけど泣けた。
この監督の映画もっと観てみたい。
Pietà

母の正体と主人公の落とし前の付け方に驚愕する映画
ビンタでカメラがゆれる

お母さんが全く老け込んでいないので
若くみえる

取り立て屋の社長を殴る場面ちょっと笑った

直接的な描写はないものの、バイオレンスがありあまる
COKO

COKOの感想・評価

3.8
30年母親なしで生きてきた冷酷な借金取りの男の元に、母親だと名乗る女性が現れて無償の愛をそそぎ始める。

ものすごい秀作。
残酷さの表現と母の愛のコントラストがものすごく、的確な演出が恐ろしいまでにドラマを際立たせる。
シンプルなストーリーなのに、感情を揺さぶられる。

映画はストーリー重視という方にぜひ見て欲しい1本。
グロいシーンが多めなので食事時は避けた方が良い。
男性がうつ伏せで(眠ったまま)オナニーするシーンがあり、結構珍しいかも?と思った。
Erina

Erinaの感想・評価

4.1
密かにキムギドク祭り第2弾

愛を知らず、血も涙も無い男。
突然現れた自分を捨てたと言う母。

孤独が生み出したモンスターが
愛を知ったとき、全てが壊れる。

真相が明らかになるにつれて
胸のざわざわが止まらない。
とてつもなく悲しい映画だけど
ラストシーン、目が離せませんでした。
唖然。愕然。
この虚無感どうしたらいいの。

今のところキムギドク作品で1番すき。
>|