父、帰るの作品情報・感想・評価・動画配信

「父、帰る」に投稿された感想・評価

暗い映画、そして、暗い事件が起きる。
でもこれも映画、よいと思う。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.9
謎ばかりの父親が突然やって来てスパルタ。
2人の息子を連れたロードムービーなんだけど、弟イワンの反発振りに何故か共感してしまう。
お父さんはきっといい人だし、子供に対して愛情たっぷりなんだと思う。
でも…母親の愛情とは全く対象的な愛情に面食らったに違いない。

親の言うことなら何でもきくだろうという過信。いやいや子供だって訳を知りたいサ。憧れのお父さん、嬉しいのに12年ものブランクがあるから不安だっぷり。

自分がこれだけ愛しているんだから、子供だって自分を好きに決まっている…多分殆どの親はそう思ってるかも知れない。でも子供はいつだって愛情を探っているんだ。
1回のビンタが心の致命傷になる事もあれば、居なければ楽なのにの一言で疎遠になることもある。

とにかくラストでズーンと考えさせられることばかり。
結局大きな心の傷を背負ってしまった兄弟…その後どうしたんだろう。
Jennnnny

Jennnnnyの感想・評価

4.5
デビュー作と思わない。後半の島、映像が綺麗。一番真意的に父と呼んだ時は、父はもういない。それが父の存在意義か。父、あなたを離れていたら私が初めてあなたが望む大人になるのだ。父は、要らなかった。父が、我らを要るだった。
たなち

たなちの感想・評価

4.1
足が痛い

アンドレイとイワンは母と3人で暮らしていた。ある夏、家出してから12年経つ父が突然帰ってきた。いきなりの事に戸惑う2人だが、翌日旅行に行くぞと父から誘われ……

アンドレイズビャギンツェフ監督のデビュー作。

終始景色に色が付かないような印象の作品でした。

弟は父を嫌い、一方の兄はそれに媚びている。
怒りの限界が訪れた弟は父の排除を願う。

では怒りの原因である父がいなくなったケースを想定してみよう。

今のは一例ですが、そういった人間関係のあれこれを実験し続けるかのように見えました。

景色の美しさも印象に残ってます。

母が美人で無表情。

ワンシーンワンシーンにとても細かい意味が見て取れる作品でした

このレビューはネタバレを含みます

撮影と愛の鞭のレベルの高さにドン引き。。
流石に子供が可愛そうになるけど、撮影が良くて何か見れてしまう。

明確な答えはわからないけど、父ってキリストの事?なのかな?
2022-223
なお

なおの感想・評価

4.2
12年ぶりに父が帰って来る。
戸惑う息子たち。
母親に聞いても、「帰ってきたのよ」としか言ってくれない。
謎だらけ。
父と息子2人が旅に出る。
長男は波風立てたくなくて要領よくやっていくタイプかな。
次男はずっとジャケ写のふて腐れ顔で父親に不満。
凄く過酷な経験をさせられる息子たち。
子供からすると、わけわからん!何でこんなことさせられる?
意見すると殴られる。
理不尽と感じても仕方ない。
でも父親が背中で語ってる気がした。
子供の素直な気持ちや、ヒヤヒヤしながら不器用な父親の愛情を感じることができた映画だった。

DVD特典が良さそうなので、レンタルして観てみたい。

(字幕)
ら

らの感想・評価

3.9
美しい映画。背景がほとんど説明されず、全体的に謎めいた魅力がある。帰ってきた父の子供たちへの接し方は不器用で、明らかに問題があるが、それでも確実に愛はあるのだろうと強烈に感じさせる演出が胸を打つ。水を象徴的に美しくとらえた映像はタルコフスキーを彷彿とさせる
MoviesYu

MoviesYuの感想・評価

3.5
モンスターオヤジvs二人の息子。久々にロシア映画鑑賞した。これがヴェネチア映画祭最高賞って凄いな〜長澤まさみ主演『マザー』の父親バージョン。それにしても監督の名前ヤバすぎwww
Y

Yの感想・評価

4.0
父親なしでうまくいっていた家庭に突如帰ってきた父親の威圧感と不要感。自分も子供時代に父親と旅行行った時の、あのなんとも言えない距離感と空気感を思い出してしんどくなった。
絵画みたいな色合いのロシアの海辺の村の景色がいい。
Cu

Cuの感想・評価

4.0
父の目的とは?
母の表情の理由は?
主人公の兄弟も私達も語られない大人の事情をぼんやりと想像するしかない。
父と出会い成長するに従って、兄弟は両親の真意に近づけるんだろうか。
>|

あなたにおすすめの記事