パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

死ぬ必要のない人物が死ぬ必要のないとこで死ぬのがほんと無理。それまではよかった。
パッケージから見てビルくらい、20-30mくらいのロボットかと思ってたらその5倍はデカかったです。
迫力は満点!

謎のマコ推しで主人公よりフィーチャーされてた感じ。

そして芦田愛菜ちゃんが出てた。
ドラマがしっかりしてた。
終わり方がよかった。

怪獣の生体がすごい気になった。
人間と似てる?技術は、クローンをつくれるから同じか進んでる?人間を食べるのはなんで?
シェイプオブウォーターのも人間っぽさが残ってたし、監督の考え方なのかな。

強酸とか放射能とか出てきたけど、戦い終わったあとの町って歩けるかな?

人類の命を背負ってるのにめっちゃ感情的に動くな~と思った。
司令官の話聞いてなさすぎてびっくりした。かわいそう。

進撃の巨人と混ざってしまった。
急所とかないんかな?
イェーガーってそういう意味だったのか。
ギネス

ギネスの感想・評価

4.1
日本人を始めとするオタク気質をよく理解した超ディテールまでこだわり抜いた、スーパーロボット映画。実写でここまでやってくるたら文句なしでしよ。しかし、ここまで表現できるのは技術の進歩だけでなく、作り手の妥協ないモノづくりのスピリットがあってこそかと。こういうロボットとか怪獣とか苦手な人でもこの映画の凄さは感じられるのではないでしょうか。
全体的に娯楽映画。
ラストはご都合死亡。死ななくてもいける人物がストーリーの都合で逝くと萎え。

ロボの質量の大きさは良く表現できているが、怪獣がスカルプト感もりもりで没個性。
だんて

だんての感想・評価

3.5
二作目のレンタル開始ということで、以前映画館でみたもののレンタル。
あらためて観ると、主人公以外のイェーガーがすぐにやられてしまうのが勿体ない。怪獣は、なかなか怪獣好き感が伝わってくる。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
続編が出るってことで去年スチールブックのブルーレイ購入してようやく人生2度目の鑑賞したがまぁこの手の作品俺すごく苦手だけどわりかし個人的には楽しめた!それにしてもチャーリーハナム、イケメンすぎてマジでやばいわ!怪獣が色鮮やかでピカピカ光ってるのが可愛らしかった!ラミンジャンディのパシフィックリムの曲がめちゃくちゃかっこよかったわ!久々に見たけど芦田愛菜ちゃんめっちゃ幼い。
Xavier

Xavierの感想・評価

3.6
今年のアカデミー賞監督ギレルモ・デル・トロ作品。最新作を観る前に前作を再度観ました。太平洋のグアム沖の深海に割れ目が出来、そこから現れる怪獣により人類滅亡の危機に立っている状況の中、人類は、迎撃用の巨大ロボット"イェーガー"を造り対抗していた。それから10年次々と現れる怪獣により"イェーガー"も少なくなっていた。そんな中過去最大級の怪獣が2匹も現れ……ザックリ言うとストーリーは、こんな感じ。日本のアニメに影響を受けているデル・トロの描くロボット像は、日本人が思い描くそのものの佇まい(トランスフォーマーのロボットは、ロボットというよりも巨大な機械としか見えない)。アクションシーンでもあのロボットに対するオマージュ (ロケットパンチなど)もあり面白かった。話のテンポも良く最後まで飽きさせません。
な

なの感想・評価

3.6
デル・トロ作品はパンズ・ラビリンスとかシェイプ・オブ・ウォーターが見たくて、そういうファンタジーのイメージが強かったからSFは意外だったけれど、全然楽しんで見た。光の色の使い方とかが好みだったな!ラストの怪獣の表情とかも好き。
他のデル・トロ作品、とても興味あるな〜。
芦田愛菜ちゃんの演技が凄かった…。
PRYON

PRYONの感想・評価

3.9
SF感はそれほどない。
けど自身も所謂SF目的で見たけど、面白かった。
スカッとする爽快アクション!人間ドラマほっこり!!って感じです。
>|