パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

1.5
怪獣がとにかくキモかったしどれも同じに見えた笑
ロケットパンチじゃなくてもう少しカッコいいネーミングなかったの?ってつっこんだ笑
なんかいろんな作品をまぜまぜした感じがしました。
でも、最後まで楽しめました!

このレビューはネタバレを含みます

僕は3~4回目の鑑賞です
金曜ロードショーにて。

母が再生
僕が途中から参戦
父はさらに遅れて参戦
というスタイルで鑑賞📺
(父母は初鑑賞です)

何回見ても気になったことはなかったのですが
母がポツリと「赤い靴の女の子の物語だね」と。
💡❗️
そんなこと思ったことなかったです!
もしかしたら関係してるかも
と、赤い靴の女の子の歌をwiki検索しました(その歌 よく知らないし😆)
たしかに!!
昔の怖い歌ってイメージあったけど
これからはパシフィックリムの歌だと思おうかな笑

もっと調べらたデルトロ監督作品て
赤い靴が度々登場するんですね!

あの歌に少しでも影響を受けてるのかどうか
(無関係だろうけど☻)
ちょっとだけ気になった金曜ロードショーでした。

p.s.
父は「マナちゃんすげーじゃん⤴︎」と言ってましたが、途中で席をたち「空を見てくる」と庭へ🌌離脱していきました。「特撮とCGがナンタラカンタラ〜」と言ってたので、特撮が観たかったのかも🤔


菊地凛子の吹替は別人なのね⤵︎


ーーーーーーーーーーーーーー

海外ドラマのあの人

『ブラックリスト』
レスラー捜査官役
👉🏻ディエゴ・クラテンホフ

↑ディエゴと主人公のチャーリー・ハナムは兄弟役とはいえ、よく似てると思った😋👍🏻


『セカンドチャンス』
ジミー・プリチャード役
👉🏻ロバート・カジンスキー
 (ロブ・カジンスキー)←金ローではこっちの表記でした

『Forever Dr.モーガンのNY事件簿』
アダム役
👉🏻バーン・ゴーマン
ロボットvs怪獣映画もマニアが集まって全力で作ればここまで面白くなる❗️

作中でも怪獣をKAIJYUと呼び、日本人役を日本以外のアジア人が演じることも多い中、菊地凛子さんを選んだデルトロ監督には感謝❗️

俺も撃つぜ‼️エルボーロケット‼️

あと監督、アカデミー賞おめでとうございます。
まさこ

まさこの感想・評価

3.8
ロマンに溢れた作品!堪らない!
すべてに監督の「好き」が詰まってて、観ていて楽しい!音楽もリスペクトを感じてテンション上がりました。
博士2人のキャラが良すぎ!吹替も楽しい。
芦田愛菜様は相変わらずのお仕事っぷりでした。人生何回目なんだろうあの方は・・・。(笑)
motoharu

motoharuの感想・評価

3.4
エヴァンゲリオンだった笑
面白かったけど、主人公とマコが1番最初にコネクトしてマコが記憶を追ってからの実戦でうまくいったところがよくわからなかった。
怪獣がカイジューで怪獣の登場シーンの音楽が日本の怪獣映画でよく出てくる低音のBGMぽかった。
ギレルモ!
高2

高2の感想・評価

3.0
頭を使わずに観るバカ映画ってのはわかってたけどロボットの戦闘シーンも微妙だったしキャラクターたちに興味は沸かなかったしそういうものとしても楽しく観れなかった。bgmはいいね
しゆ

しゆの感想・評価

3.5
怪獣にしてもロボットにしても、細部に宿るフェティシズムが光る。タイマーがやけにかっこよかったり。メインテーマがかかると盛り上がる。
言葉で語れば語るほど魅力の無くなる映画だと思います。観れば心に響きます。
最高だった。ウルトラマンとゴジラとエヴァを合わせた感じ。日本の怪獣モノへのリスペクトがすごい。特撮好きなら絶対好き。


菊地凛子も良かった
>|