パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

ddd

dddの感想・評価

3.9
不完全燃焼感があるけど、とりあえず戦闘シーンいい
1だけで終わったら微妙やけど、2も観たらスッキリ
絶対吹替のがいい
Yamato

Yamatoの感想・評価

3.7
ロボットvs怪獣という日本の男の大好き映画。つまんないわけがない。
監督は今回シェイプオブウォーターで作品賞を受賞したギレルモ。作品の幅が広いね、本当に。

どちらかと言うと男性におすすめな作品です!ただし、2には真剣佑が出てくるから女の人も是非見てください!
わくわくのギミックロボとたくさんの怪獣。

構成上メインのロボット以外にあんまり愛着持てないのは残念。
最近の映画にしてはCGと実写の繋ぎ目が気になる。
shizu

shizuの感想・評価

3.9
怪獣と大型ロボットが闘う。面白くないわけがない。
突っ込みどころもあるけど、そんなことはどうでもいいと思える。だって怪獣とロボットが略
個人的にはロボットがもう少し洗練されたデザインだと尚よかった。
tinkerbell

tinkerbellの感想・評価

3.6
良くできた娯楽映画だ。万人受けはしないかもしれないが、B級ほどチープじゃないし、映像に迫力がある。アジアチームのロボットは見てくれに比べて弱くって笑った。芦田愛菜はこの頃の方が凄いな。
何度見てもサイコー
「二度と私に触るな」の下りと博士同士の握手が好き
tomo

tomoの感想・評価

4.0
字幕派だけど、あまりに豪華な吹き替え陣に、最初は吹き替えで、2回目を字幕で。
2度美味しかった。
吹き替えの良さを教えて貰ったように思う。

そして芦田愛菜ちゃんはやっぱり素敵な女優さんだな、と。。
エヴァその他ロボットアニメ、ウルトラマン、怪獣、メタルギア、SF映画、アルマゲドン
詰めに詰めた感じと日本へのリスペクトに○
「巨大怪獣と巨大ロボットが街中で戦うド迫力映画」
こう聞いて興味が湧かない人には全く面白くない映画だ。
ちなみに僕はめちゃくちゃ面白かった。
日本の怪獣映画へのリスペクトも感じられる映画だ。
作中でも巨大怪獣を「カイジュウ」と呼称している。
巨大ロボットに関してはガンダムの機体から連想された物も多いらしい。

そしてこの映画の面白いところは
変なところだけリアルなところだ。
例をあげるとロボットが糞弱いのだ。
いや、弱い訳ではないのだが、所詮ロボットなのだ。
足の関節を少し壊されれば自重で崩壊して、倒れるのである。
そして一回壊れれば修理になるため、次の戦闘では使い物にならないのだ。
さらには、街中で戦うため、ビルも壊しまくりなのだ。
都合よくロボットの立ち回りに合った街ではないので、蹴ったり殴ったりする度にビルも壊れるのである。

目茶苦茶壊れて、目茶苦茶やられて、目茶苦茶倒す!
最高である。
Damien

Damienの感想・評価

2.2
ん〜怪獣とかいいんだけど世界観とかが好きになれなかった...
退屈ではないんだけど長く感じる
>|