殺人の告白の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「殺人の告白」に投稿された感想・評価

お気に入りレビュアーさんの勧めで鑑賞。骨太なクライムサスペンスでした。

日本版『22年目の告白〜』を先に見ていて、こちらは正直あり得ない展開に辟易していましたが、このストーリーの描き方の“正解”を、本作の中に見出した気がします。


日本版ではほぼ皆無だったアクションシーンが、本作では秀逸で、まず単純に見ていて楽しい!迫力のアクションによって、エンタメ映画としてどっしりとした土台を築いていることが、日本版にはない、本作の成功の理由だと思う。

個人的には韓国映画のアクションはハリウッドにも劣らないと思っている。


また憎悪と悲しみと復讐心に駆られた人間たちを描きつつ、韓国映画特有のわざとらしいユーモア(笑)も健在で、バランスが良い。

そうか。この深刻な話は、深刻なトーンで描くのではなく、アクションやユーモアを交えながら、エンタメ作品として描くのが正解だったのか。


リメイクの日本版では、事件の真相に関しても、本作から更にもう一捻り加えてしまったことが、あり得ない展開に拍車をかけていた。
本作はその辺も、さらりとしていて見やすく心地よい。まとまりがある。あまり捻りすぎるのも良くないのかもしれない。

公開:2012年
監督:チョン・ビョンギル
出演:パク・シフ、チョン・ジェヨン
Hachi888

Hachi888の感想・評価

3.5
期待してたよりはあまり復讐復讐復讐という感じではなかったかなと私は感じました😊

やっぱり韓国は家族想いですね!
そこは日本の作品と違った味というか設定だなと感じ、韓国らしさが出ていました。

もっと偽犯人の俳優さんクローズアップしても良かったのかなぁ?と感じました🤔
途中からあれ?どこ行った?みたいになってたかなぁという印象です🙂
auchim

auchimの感想・評価

3.5
日本版と比較すると「なんと!感」は無かったけど、犯人の気持ち悪さは秀逸だった。パクシフ、イケメン。
pannacotta

pannacottaの感想・評価

3.6
日本版とは全然違った。

あいつそんなに運動神経良さそうに見えないんだけど…
過激で半端なくテンポがいい。
ストーリーは日本の「22年目の告白」の方が深いが、飽きさせないテンポに引き込まれてしまう。
戦うシーンが長いのにはちょっとまいった。
Masachan

Masachanの感想・評価

3.8
「22年目の告白」を見たので見てみた
こちらがオリジナルということで
比べてみようと思った
殺人犯が時効成立後に事件について出版するというあたりが同じで
ほぼ別物の映画だった
これもすごく面白い
日本の映画よりもハリウッド映画の雰囲気に近い展開の速さだった
韓国という国の「恨」の気持ちの強さを凄く感じた
最後のお母さんのセリフがそれを端的に表していた
刑務所を出所した後の門の前の記念撮影もすごく韓国的

このレビューはネタバレを含みます

2013年韓国。原題"내가 살인범이다"(『私が殺人犯だ』)。15年前に発生した連谷(ヨンゴク)連続殺人事件。犯人を取り逃がした刑事チェ・ヒョングは失意の日々を送っていた。時効がすぎた2007年晩秋、犯人と名乗る男が手記を出版し、「美しき殺人者」として一躍スターになる。果たして彼は本当に犯人なのか…。『殺人の追憶』と『親切なクムジャさん』をつぎはぎしたような導入部だが、真犯人の座を巡って殺人という不名誉が名誉に反転していくグロテスクな展開は興味深い。J役のチョン・ヘギョン、得体の知れない気味悪さ(褒)。
時折差し込まれるコメディタッチな部分が邪魔に感じたのと、アクションが派手過ぎてリアリティに欠けてたのが少し残念。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.5
中盤辺りから面白くなってきてた。ドゥソクくんがわりかし痛い目に合ってるのは笑えた。個人的にはカーチェイス?のシーンはもっと短くてもよかったと思う。パクシフはジャージャー麺投げつけられてもイケメンだなぁ。
一色景

一色景の感想・評価

3.0
22年目の告白視聴済なので相違を楽しみながら…
こちらはサスペンス全振りの日本版と違い、所々コメディ色を感じる
ただ、話のまとまりそのものは韓国版の方がよかった
というか、日本語版で追加された部分が丸っと不要に感じる…
どうしても原典になる事件(華城連続殺人)が日本にはないので仕方ないといえばそうだが…

また、配役に関しても日本のように綺麗目な俳優陣で整えるでもなく、リアリティー感じる役者揃いでそういう意味でも楽しめた

殺人の追憶からの視聴だったが、特段連続して観る必要はなかったと思う(ただし、華城連続殺人事件については何らかの方法で知識を得た方がよいと思われる)