天狗飛脚の作品情報・感想・評価

「天狗飛脚」に投稿された感想・評価

GHQによるチャンバラ禁止令の下で制作された、チャンバラが登場しないコメディー時代劇。市川歌右衛門演じるスーパー韋駄天男を主役に、対立する2つの飛脚問屋、恋人に降って湧いた結婚話、正体不明の快速強盗事件、オランダ渡来の新薬と子どもの熱病、といった複数の出来事が絡み合いながらスピーディーに展開する。

そして、それらの出来事全てが、クライマックスのシークエンスに向けて集約されてゆく筋運びが見事。ラスト20分、江戸〜大阪間140里を、歌右衛門が走る、恋人を乗せた籠が走る、ライバルの飛脚が走る、盗人が走る、馬が走る、走る、走る、走る。「血煙高田馬場」と比べても全く遜色ない(「超高速参勤交代」を遥かに凌ぐ)スピード感溢れる演出とカット割り。その高速シークエンスの中で、複数の課題が次々と解決されてゆく。爽快にして痛快無比。全力疾走とは、何と気持ちの良いモノであることか。
もうたまらないコメディですよ。
加東大介ら3バカや志村喬の抜けたコミカル演技が光る!
クライマックスの大阪までの競争は小気味良いカッティングと残り距離を示すカウント字幕によってただ事でない熱さ。
『血煙高田馬場』に負けてません。
更にヒロインの救済までしちゃうきれいな締め方までする、傑作!