人魚伝説の作品情報・感想・評価

「人魚伝説」に投稿された感想・評価

そして海女は、復讐の人魚と化す…。

DVDジャケットの放つ異様な雰囲気に惹かれて本作を観賞。
…すごいモン観てしまった……。

夫を殺されたことを警察に通報しに行ったら逆に夫殺しの容疑をかけられたり、みぎわを殺す前に真相をベラベラと全部話しちゃったり、そもそも最初の殺害計画は船ごと爆破する必要あったのか?と、展開が強引に感じる部分もある。
だが、そんな粗を吹き飛ばす程に、みぎわが目につく人間を手当たり次第に刺し殺しまくるクライマックスの、ものすごい狂気と怨念に 只只圧倒させられる。

美しい海の風景と、死体と、白都真理の裸体。という他の復讐劇では見られない独特のコントラストが堪能できる。

本作を撮った池田監督がこの映画のロケ地で水死体で発見された事によって、図らずも″怪作″として別格の凄みを纏った作品。

「海の底にはな、恨みがぎょうさん沈んどりますのや…。」
反原発を訴える映画。
お上によって簡単に殺されてしまった夫のため、海女さんがサバイバルや大量殺人を繰り広げるというお話。
エロとグロがとにかく過剰。
見どころは、モリを使ったり、敵を溺れさせたり、泳いで逃げたりといった海女さんならではの戦術です。
映画男

映画男の感想・評価

4.6
けったいな映画ですわ。えげつない。

再びディレカンのような組織を復興させる事が日本映画盛り上げるカギかも知れないな。
UKEL

UKELの感想・評価

3.8
まさかのB級アクション映画だった。
クライマックス、長尺で血まみれ海女さんが銛で大量殺戮。

過剰すぎる血飛沫、怒り狂う血まみれ全裸の女、豪雨と蝉の鳴き声の中がうるさいプールでの水中格闘シーン、も良かった。
国内カルト映画といえばって感じでそこここで名前が挙がっていたので。

エロシーンそんなに尺いる?ってぐらい長いんだけど、クライマックスの延々と逃げ惑う人々を追っかけ回しては殺して回ってるのを見るとあの長さは監督の趣味なんだな。
血塗れのヌードと磯シャツ。
銛を片手に怯える人々に突っ込んでく姿は恐怖以外の何者でもない。

カルト映画ってところがピックアップされがちだけど、最後、鮮烈に問題提起を残してくれるので結構社会派な印象もあり、不思議な感触の映画だなあ。
HK

HKの感想・評価

4.9
電力会社員共「この糞海女ああああああああああああああああああ!」

ATG制作のエログロ復讐ヴァイオレンス映画。監督は後に「ハサミ男」とか撮る池田敏春さん。主演は白都真理、清水健太郎、などなど。

監督は後年ロケ現場の志摩市沖で水死体で発見されました。人がなくなっている以上不謹慎ながらこれで名実ともに本当に伝説のカルト映画となりましたね。近くのGEOで借りれました。

映画冒頭の海女さんのみぎわさんの潜水シーンの美しさは非常に幻想的でありながらも、同時にどこか不安な気分にさせる。やはり海というのはいいですね。心が落ち着くと同時に不安な気分も醸し出します。北野ブルーにも精通するようなところがありますね。

そして、このどこか落ち着く遊泳シーンと、後半の血みどろの虐殺シーンとのコントラストがこの映画の一種の隠し味ともなっています。虐殺後のラストシーンで、それまでの燃えたぎっていた心をこの海が癒してくれます。最後の最後で旦那さんに会えますからね。三途の川かもしれませんが良かったですね。

途中、しみけんと添い遂げるシーンなど、エロいシーンもありますが、あまりそういうところは興味ないです。ですが、好きな人とか映画見て抜きたいって思っている人はそういうところも楽しみに見てみてもいいかもしれません。

何よりも、自分がこの映画に惹きつけられたのは、見事なでな復讐サスペンスだということ。原発設立のために無惨にも殺された旦那の敵を討つために、己の全てをかけて社員を虐殺しまくるMIGIWAさん。もう怪物ですね。

海女さんらしく人をプールに引きずり込み溺死させ、挙句旦那の遺体を偶然目にしたためにさらに怒りのゲージが爆発!銛を研ぎ、展望台で行われている会社の祝賀パーティーに特攻!大☆虐☆殺!素晴らしいですね!いいぞおおお!もっとやれえええええ!GYAHAHAHAHAHAHAHA!

本当にジャンル映画として素晴らしい出来です!やっぱり復讐もの最高!大虐殺最高!一人無双最高!

ぜひともそういう復讐ものが好きな人には見てほしい一作ですね。
大傑作。殺しとセックスは必ず長回しで撮るという大胆さ、潔さ、凄まじさ。
门田启

门田启の感想・評価

5.0
超絶。磯着が闇と血に映えること、海女の落下→上昇と漁について回る生のイメージがラストの狩りによって一変するその過程に戦慄。反原発映画としても森崎東の「生きてるうちが花なのよ…」より数段上、原発がマクガフィンでしかないのが良い。
憚り

憚りの感想・評価

4.0
かの殺戮シーンで客席から笑いが起きたけれど(分からなくはない)、110分全てガチですよね。監督にとって撮るべきものだけを撮るべき形で収めたら、観客には異形としか形容できないものが出来たというか。
Scott

Scottの感想・評価

4.7
血の滴る女体の美しさが素晴らしい。
復讐劇は終わらせ方が肝心だなと思った。
景気良く噴き出す血も観ていて気持ちいい!

記録で白鳥あかねさんが関わっているのを知って驚いた。
>|