人魚伝説の作品情報・感想・評価

「人魚伝説」に投稿された感想・評価

悲しいですね。原発がまだ来てないのにこんな悲惨なことになるんですね。町が分裂して人がいがみ合うんです。虐殺シーンは不謹慎ながらスッキリしてしまうところも感じました。
げん

げんの感想・評価

-
海中のシーンが訪れる度に、自分が映画の中に、ゆったりと浸透していく心地になる。
圧倒的なあの長回しも最高だったけど、ラストが一番良かった。
海面へと昇天す。
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.5
エロス+原発+虐殺
神話的モティーフと政治的メッセージがここまでバチバチにカッコよく決まった日本映画もなかなか無い。
黒木和雄の『原子力戦争』と合わせて観たい反原発ATG映画
邦画でここまでやる作品ってあったんだと驚き。観ながら何度も声が出た。殺しのシーンの凄まじさ、大惨殺シーンも凄すぎる!!韓国映画の教科書はこの作品だったのでは?と思うほど。
え君

え君の感想・評価

4.2
海中に沈む動きが自然のスローモーションを生み出し(今思えばタイタニックもそれを狙ってるのかな?)二人を繋ぐ縄が切れる瞬間は心を抉られる。
服の色に分かりやすく意味を持たせてる。夫を殺された後は絶望の灰色。最初の復讐は青。狂気じみた怒りの赤。溺死させたり銛で突いたり、復讐する方法が人魚になぞらえているのがいい。
漁師の夫がある事故現場を目撃した為に暗殺され、妻の海女さんが命を懸けて権力へ立ち向かう血まみれで哀しい復讐劇!

幻想的な水中撮影、田舎の匂いがたちこめる港町、復讐の怒りに満ちた鋭い眼、体中に浴びた流血がてかてかと光り美しくさえみえてくる。日本人、そして昭和時代にしか描けないこの感じ、空気感がツボでした。

狂乱の歩道橋は凄まじい。突く突く突く!!!フラッフラに歩くあの姿は多分ずっと忘れない。ラストも美しき。
dude

dudeの感想・評価

4.3
夫婦の関係をアワビ漁の様子一発で伝える。海という異界に入っていく妻とそこから引き戻す夫、そのバランスが崩壊する場面も含めて何とも美しい。そして、ビジネスを大義名分にする者や自分は無関係だと思っている全ての人間を責任の下に引きずり下ろすクライマックスの壮絶さ。真に鬼気迫る瞬間は社会性とか諸々の理性的なものを吹っ飛ばしてしまう。
#1日1本オススメ映画
人魚伝説

原発を建設する権力体制に夫を殺された海女の復讐劇

離島でサックス曲が流れる雰囲気や、沈め殺される様や水死体の芯にくる展開

そして、濡れ場や純白衣を返り血に染めながら、その身を真紅に染めていく壮絶さたるや絶句の様相
それ故、海での姿が人魚のように美しい
悟

悟の感想・評価

4.2
本当に最後の最後までいくとは思わなかった。
もはやここまでって何回思わされたか。
そこまでいって、悪いやつが次から次へと出てくるっていうのは説得力ありすぎる。

題名の人魚との絡ませ方よかった
otom

otomの感想・評価

4.0
やたらダイナミックな作品だった。原発誘致のゴタゴタに巻き込まれて殺された旦那の復讐をする海女•白都真理。主導権とりまくりの水中戦はまさに人魚の如く。そして同情心も吹っ飛ぶキ印認定レヴェルの無差別殺人は...酷い。派手に噴き出す鮮血となかなかエロスな濡れ場の末、最後は水属性のキャリーみたいになって終わる。色々と凄い作品。
>|