子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつるの作品情報・感想・評価

「子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる」に投稿された感想・評価

Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7
小池一夫氏のキャラクター理論と云う本を読んでいる。
その方法論の確認のために観た。

実は、米国版の逆輸入Blu-ray。
若山富三郎さん主演の全6作品。
日本語のセリフに英語の字幕が付いている。
コレが実に画がキレイ。
日本版もこんなにキレイなのだろうか?

さて、その理論の実践の確認だが、
先ず、キャラクターを起てる。
オープニングで公儀介錯人である拝一刀の活躍振り、
某藩の殿様、と云っても殆ど幼児、
このシーンで拝一刀の非情振りと腕前を魅せる。
そしてオープニングタイトル。
タイトル後はすでに子連れ狼になっていて、
あれっ?
と思わせる。
この、あれっ?
が小池一夫氏曰く、
謎の提示である?
何故、子連れ狼になってしまったのか?
その事情が知りたくて、
私たちはその先を観てしまうワケだ。
コレが小池一夫氏のテクニック。
次から次へ、
大きな謎、小さな謎を繰り出して、
観客を引っ張って行く。

それと主人公の大目標。
この場合は、
裏柳生、具体的には、
柳生烈堂への復讐である。
その復讐への道のりで色々なエピソードが繰り広げられる。
つまり、いつまでも、続けられるワケだ。
お見事!

映画としては、
三隅研次監督の大胆な演出が素晴らしい。
劇画の映画化を狙ったのか、
大胆な表現が目立つ。
特に殺陣。
首が飛んだり、腕が飛んだり、
若山富三郎さんの神業的な立ち回りと相まって、
凄まじいシーンになっている。
海外の監督たちが真似したがるのも良く分かる。
ガンアクションじゃ、
なかなか出来ないもんね。
それと効果音の使い方。
画を強調したい時に意図的に、
効果音を消す。
例えば、雨が降っていても、
雨音が聞こえない。
画とセリフだけである。
故に、画とセリフに集中せざるを得ない。
何度も観ているが、
今回初めて気が付いた。

もうこう云う、いわゆる、残酷な表現も許されないのだろうが、
出来れば、
最新技術を駆使した、
子連れ狼を観てみたい。
今だったら、誰が演るのだろう?
小森

小森の感想・評価

-
冥府魔道へのスタート。いまいちルーツを知らなかったのでよかった。
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.9
子連れ狼ビギンズ+子連れ狼の生業といった感じの話。子連れ狼のルーツを丁寧かつ端的に描いているので、彼らがなぜ冥府魔道に落ちたのかを解りやすく飲み込める。流石に続編でも因縁は続くらしいけど、柳生一族絡みの一件は思ったより引き摺らずに終わった印象。

噂通りめちゃくちゃ泥臭い。人体破壊てんこ盛りのバイオレンスアクション、性的な描写、薄汚いならず者集団、彼らに支配され廃れた町……等、マカロニ・ウェスタンじみた空気に溢れている。海外の映画業界に影響を与えたというのも納得の作風。そんで、殺伐とした世界に佇む若山富三郎のどっしりした雰囲気が実にかっこいいんだよな。重々しくも激しい殺陣の動きが秀逸。終盤の爆発的なカタルシスもたまらない。
 タランティーノが喜ぶわけだ。
 ジャッキー=チェンも大好きな「子連れ狼」シリーズの一作目。
 原作が優れているのはわかっていたが、それをケレン味たっぷりで映像化しているのには驚いた。
 アクション俳優としての若山富三郎はさすがの動きで、エログロナンセンスなこんな映画にあっても説得力がある。
 『トラック野郎』で菅原文太と、また『魔界転生』では千葉真一と激しいアクションをしていた。
 両名にとっては、ぜひ競演したい尊敬する俳優が若山富三郎だったんだろう。
 この映画を観ていると、よくわかる。
こまこ

こまこの感想・評価

3.8
演出がけっこうえげつなかった……!
頭も手足も飛ぶわ血飛沫凄いわ、強姦シーンも容赦ないわで。
ビックリ。

殺陣が凄い。
ど迫力。あのスピード。凄腕の説得力。

寡黙なヒーロー良いですなー!
しかし境遇が気の毒すぎるでしょう……。

あと大五郎の愛らしさが最高(笑)
子連れ狼になったいきさつと湯治場で賞金首の一団と相対する一作目
後続の作品を見てからだと拝一刀が子連れ狼となった経緯のくだりは説明過多のようで少々ダルい。
まだ歳相応に笑う大五郎など見所は結構あるんだけどね。

後半の刺客請負人となった拝一刀が村に巣食う悪漢を皆殺しにするパートはめちゃくちゃ面白いっす。
敵の首領が村人の反応から拝一刀のことを思い出して怯えたところに現れる拝一刀の演出はほぼほぼ完璧。
大量の血しぶき、たまに挟まれるエロ、吹き飛ぶ首、ぶった切られる腕、両切断される足、サイコー
脂っこい。

アクションと血飛沫は見応えあるし所々に差し込まれる子供の謎カットは面白いけど、時代のせいか男尊女卑が露骨で個人的にはムカつく部分もかなりあった。
タランティーノ分が不足しがちな現代において、必要な栄養分を急速かつ過剰にチャージできるカロリーメイト丼みたいな映画ですね。

僕も将来悪漢になったら、湯治場を占拠してやりたい放題やったのち、殺意の波動をびんびん出しまくる侍に斬り殺されるなどしたい。
>|