ヌードの夜の作品情報・感想・評価

ヌードの夜1993年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

『ヌードの夜』に投稿された感想・評価

何度も死に掴まれ、名美はどの時点で事切れていたのか。根津甚八とのくだりか、海に車ごと飛び込んだときか、やはり岩松了に撃たれたときなのか。生と死を超えて肉体が絡み合う村木と名美。どこまでも連れ添う情念…

>>続きを読む
水如

水如の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

名美は綺麗だが観ていくうちに腹が立ってくる。車で海に飛び込むとこまでくると、こいつなんなんってなる。
次郎が拳銃買うために騙され続けるのが楽しい。
行方がかばんに詰められて湯気でていて、ドライアイス…

>>続きを読む

やっと観ることができたという感じ。冒頭から余さんも根津さんの緊張感に引き込まれていった。竹中さんとゲイバーの田口トモロヲさんとのシーンも印象に残った。おもしろいか云々でいうとむずかしく。様式美という…

>>続きを読む
カラン

カランの感想・評価

4.5

☆冒頭のモンタージュ

クラブを営んでいるヤクザな男(根津甚八)につきまとわれゆすられているのか、それとも自分から足を開くのか。ヤクザの男の反対側には「シャブ」で昇天した表情のチンピラ(椎名桔平)が…

>>続きを読む
べべ

べべの感想・評価

3.6
あっけなく良かった。

ナミを引き上げだ後の道路のカット綺麗だった

「天使のはらわた 赤い眩暈」の石井隆脚本・監督作品。「死んでもいい」「空がこんなに青いわけがない」の竹中直人、「あひるのうたがきこえてくるよ。」「眠らない街・新宿鮫」の余貴美子主演映画。

余貴美子…

>>続きを読む

本質は手塚治虫先生の『ばるぼら』に近く、1人の女に狂わされていくものの次第に魅了されていってしまう男の話。

バブル崩壊後の東京は暗く暗く湿っぽい。
そこで育つは闇の気配。
しかしいつの夜も飲屋街は…

>>続きを読む
石井隆のバイオレンス表現は日本の監督1
椎名桔平の狂った役良すぎる
ゆーーーびーーー!は笑った
あきら

あきらの感想・評価

4.0

この場末感、バイオレンス
これぞ石井隆!!!


雨の夜の余貴美子のしっとりした美しさ
根津甚八の退廃
「名美」と「村木」がいちばん嵌る組み合わせだな個人的に。


あと、椎名桔平はやっぱキレてなん…

>>続きを読む
臨

臨の感想・評価

3.5
椎名桔平の「兄ぃ」呼びがかわいい。
兄ぃを見つけての「うわああああ!!!!!!」と「指ぃぃぃぃ」もお気に入り。
女を不幸にさせる男と男をそうさせる女と、それに巻き込まれる主人公、俺。という、夢。

あなたにおすすめの記事