スティーブン・キング 血の儀式の作品情報・感想・評価

「スティーブン・キング 血の儀式」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅にて鑑賞。DVD等のソフトや配信のみの劇場未公開作で原題"Mercy"。前半は田舎町ののどかな風景の中、過去の因縁が徐々に明かされ、じわじわと違和感が忍び寄るまずまずの出来。後半(特にクライマックス)に至り、急ぎ足にテンポが急変し、どんどん雑になる。人がバタバタ亡くなり、或る程度補完しなと判らない程に詰込み過ぎな上、無理矢理なラスト。肝となるのはH.ヘイズ演じる想像上の少女の正体なのだろうが、この設定が無ければ観る価値無し。“ハスター”の造形やデザインも魅力に欠け、諦めが良過ぎるのも疑問。50/100点。

・クライマックス近く、留守番をする“ジョージ”の元にバーベナの鉢植えが届けられる。事の顛末に繋がる大きな手掛かりであり、クライマックスで武器にもなるアイテムだが、誰が何故届けたのかが判らなかった。

・伏線の伝承として登場する黒い“魔の犬”──『ネバーエンディング・ストーリー('84)』に登場した虚無の使い“グモルク”や『レディ・イン・ザ・ウォーター('06)』の“スクラント”を想起した。或いは同じS.キング原作の『死霊の牙('85)』辺りの印象もあった。“ハスター”は穏やかなサスカッチの様な風貌で、黒い毛むくじゃらではあるものの禍々しさや不気味さは殆ど感じられなかった。

・原作はS.キングの『ミルクマン』収録の短篇『おばあちゃん』──短篇なので、オリジナルの要素をかなり盛っているが、『シャイニング('80)』以降、S.キング=斧と云う安直なイメージに乗っかている様に思えた。更にD.クダーモットの“ジム・スワン”が「号泣の書」を手に「家族を皆殺しにしようとしている」とのご丁寧な科白迄あった。

・登場する高齢施設“R.L.フラッグ・ホーム”のネーミングは、『ザ・スタンド』及び『ダークタワー』シリーズに登場する“黒衣の男”や“不老の異邦人”等、複数の異名の内の一つ“ランドル・フラッグ”を思わせる。その施設から引き取る際、手にするオムツには"Bachman"なるブランド名が読み取れる。R.バックマンはS.キングの別名である。

・ロケで使われたのは、TVドラマ『カーニバル』シリーズ('03・'05)でC.ブラウンが演じた“ジャスティン・クロウ”の家と同じ屋敷であると云う。

・鑑賞日:2017年11月4日

 
栞

栞の感想・評価

3.5
原題は「MARCY」、主人公の男の子のおばあちゃんの名前です。
しかしこの邦題付ける仕事、絶対楽しいよねー。なぜ血の儀式なのか。
逆に「ジョージと号泣の書」とかいうファンタジックな邦題はどう?
うーんでも実際は、「おばあちゃん」というスティーブンキングの原作のタイトルの方が合ってるかも。

口コミサイトとか見ると点数が低いんだけど、私は思う存分楽しめました。
まぁ大体口コミサイトとは好み合わないんだけど…

スティーブンキング原作の映画、子供主人公という事で、ツタヤで見たときにとりあえず借りました。
何も事前情報なくて、昼間、部屋でカーテン閉め切って観たんだけど、
画面が暗くて暗くて肝心のホラーシーンがよく見えない。笑

諦めて暗くなってから再チャレンジ。

王道ホラー。さすがのスティーブンキングって感じ。9割方、すんごく楽しめました!よく出来てた!ホラーな現象がどんどん起きるから飽きない!

ただ、ジョージの勝ち方には「えっ?」てなりましたが。悪魔、弱くない?

とは言え全体を通して、しっかりホラー。満足感が残りました♪
hideharu

hideharuの感想・評価

2.3
2017.6.15 レンタルで鑑賞。

オープニングクレジットからするとこれはスティーブンキングの初期短編「骸骨乗組員」文庫では「ミルクマン」に収録されている「おばあちゃん」の映画化のようである。
自分は小説は読まないがスティーブンキングは好きなので「キャリー」と「ペットセメタリー」の他幾つかの短編集を読んだことがある。
随分前だから記憶が曖昧だけど「おばあちゃん」って年老いた母親の看護を通して老いる事や死について考えさせられるホラーとは言えない内容だったような?

映画はおばあちゃんが黒魔術で願いを叶えて善良な意識をどんどん失くして行く様を描いてて、一部の介護のシーン以外は全然原作と違うというか、すでにオリジナルの作品で原作「おばあちゃん」としない方が良いと思う。
シャイニングみたいな設定があったりスティーブンキングっぽさはあるし、75分と短いので退屈することはなく最後まで見れたけど。

子役もウォーキングデッドの可愛げのないガキだし、フランシスオコーナー、ディランマクダーモットなどなのある俳優も出演してる。
smithmouse

smithmouseの感想・評価

2.3
カ、カール(゚A゚;)。
主人公の男の子を見た瞬間あのゾンビアポカリプスドラマの重苦しいオープニングテーマが来るかと身構える。

個人的にビミョー映画のキーワードと思える"キング原作"というワード。
婆さんは山へ呪いの書物を探しに爺さんは○をカチ割にというおどろおどろしさは良い。
不吉さを象徴する弦楽器の音や風景も良い。
キング原作に由来する雰囲気はホントに良い。
しかし、全体的に何か間が抜けてる。
ホラーしたいんだろうけど出来事一つ一つのインパクトが弱すぎる。
グロさも怖さも凄く半端。
ただDrストレンジ並の法力を見せる婆さんの熱演は凄い。スイッチが入る前の演技と入った後の凶行は中々のレベル(しかも若き日の婆さんはメチャクチャ美人)。

木材チップにされた呪いの本の復讐のシーンは笑えたけど、細かいところも大筋もざっくり過ぎて怖がるにも楽しむにも中々辛いものがある(-_-;)。
「スティーブン・キングが先か、スティーブン・キング作品が先か・・・」

今、最も人気がある洋ドラマの一つ、ウォーキング・デッドでカール君役を演じる、
チャンドラー・リッグス君主演作品。

そう。ここ最近、成長著し過ぎて、「あれ?前のカール君、こんなんだっけかな?」と、なんか不安になってくるカール君。

そう。成長のせいもあり、人気所がどんどん死んでいるのもあり、
ゾンビ女子たちの性的な期待を一身に浴びるカール君。

けど、ウォーキング・デッドの事やから、リックの跡を継いでリーダーになると思いきや、
アッサリ殺されるか、もしくは最悪の暴君になるのでは?と疑心暗鬼になるカール君。

そんなカール君が主演を演じているホラー。

時は丁度シーズン4と5の間。

まだ子供、子供した懐かしのカール君がそこにいます。

本作が届いた時、「あれ?なんでこんな作品借りたんやッけ?」って思ったんですが、
確か、「カール君やんけ」って思って借りたのを思い出しました。

で。

いざ観てみたら、記憶に残るのはカール君?

確かに、芦田プロ以上のカールプロっぷいりで、
格の違いを見せつけてはいるのですが、最後に残る名はこれです。

スティーブン・キング・・・。

■「本作、スティーブン・キング作品です」

ま、タイトルに名前があるから分かるでしょう。

あの、スティーブン・キング作品です。

中身を見ても、やはりスティーブン・キング作品です。

それしか言いようがありません。

間違いなく、スティーブン・キング作品です。

せやね。

本作のレビューをするならば、
やっぱりスティーブン・キング作品です。

この一言に尽きるし、一言しかない。

その前には、例えゾンビ女子に人気のカール君であっても、
スティーブン・キングの印象と比べたら、霞むほか無いです。

ただ、レビューとして「スティーブン・キング作品です」で終らせて納得出来るか。
出来ない。

そこで浮かぶ疑問。

■「スティーブン・キングって・・・一体何なんだ?」

ここ最近、映画を昔ほど見てないという事で、
「元映画ファン」と名乗ってる下っ端の私ではありますが、
それでも一時期ある程度の映画ファンであったことを踏まえた上で、
ひとつ、映画ファン必ず通る一つの疑問のお話。

「スティーブン・キングって何なんだ?」

駆け出しの頃、よく聞くこの名前を疑問に思った方も多いはず。
俳優でもなく、監督でもなく、製作総指揮とかでもなく、
しかし、何故か映画を観れば出てくるこの名前。

けれど、「原作スティーブン・キング」というフレーズを記憶した後は、
「あぁ、スティーブン・キングね」ってしたり顔で語り出す。

が。

映画を見続けると、見続ければ見続けるほど、結局、疑問が湧く。

「・・・やっぱ、スティーブン・キングって・・・ほんと何なんだ?」

氾濫するスティーブン・キング!

あれもスティーブン・キング、これもスティーブン・キング。

ショーシャンク!グリーンマイル!すたーんど、ばい、みぃぃぃぃ!!!

名作が連なると思えば、「アイム!ダディッツ!」
「スティーブン・キングかよw」と失笑した上で、けど許す作品の方がむしろ多い。

数が多過ぎて、ほんとスティーブン・キングが書いてるのかと疑いたくなる。

スティーブン・キングは実在せず、ハリウッドが産んだ、
「とりあえず、スティーブン・キングって事にしようぜ」ってな都市伝説的な存在ではないかと。

それくらい、尋常じゃない数の作品が氾濫している。

が。

しかし、けれど、名を冠する作品を見れば、
「あぁ、スティーブン・キング作品やなぁ」と感じる事が出来る。

そのギャップ。ジレンマ。なんなんだコイツ。

映画ファンが陥る、スティーブン・キングへの疑心暗鬼。

■「スティーブン・キングは愛を語る悪魔」

本作のレビューになってないのは分かる。

が、本作のレビューを伝える上では、
スティーブン・キングが何たるかを伝えるほかない。

逆に言えば、それで全てを語るに等しい。

スティーブン・キングとは・・・。

考えた。

多分、こいつは悪魔なんじゃないかと。

奴の語りには、一貫して愛がある。

それは、ラブロマンスとかいう表面的な愛ではなく、
相する愛であり、愛ゆえの哀であり、なんやろな・・・愛なんだよ。

根底に。一貫して。

が。

その愛は、天使が語るような、未来ある、光り輝く象徴か。

No。

では、美しくなく、醜悪な、欲に塗れた愛か。

No。

スティーブン・キングは、愛を美化はする。
美しく、宝石のように描き、尊いものとして描く。
が、未来に対する希望とは描かない。
その道の先はに、光り輝く世界が広がっている保証はしない。

スティーブン・キングの描く愛は、非常に、
過去と今へのベクトル。未来じゃない。

過去に対しての、納得。
その結果の未来に対しての自業というか、受け入れ。

後を見れば、それは美しい。
が、未来を見れば、果たして・・・という疑問。

悪魔の口から愛を語る。

それが、スティーブン・キング。

個人的にはそう思ってる。

■「で?」

そういう映画w

まぁ、スティーブン・キングにしては希望寄りかな。
けれど、必ずしも、「全て美しい訳ではない」というスティーブン・キング。

スティーブン・キングとしか言いようがない。

けど、どの作品にも通ずるのは、
読ませる面白さがある。

これは、作家性やなと。

その読ませ方には一貫性があり、
スティーブン・キングは実在するんだなと、ゆー気もする。

が。

「実在しない、人が創り出した悪魔であった」

という方が、スティーブン・キングという存在として、しっくりくる。

何の話?よくわからない。

それが、スティーブン・キング。


スティーブン・キングという存在が先にあるのか、
スティーブン・キング作品が先にあるのか・・・。

謎。

ん。酒飲んで書いてます。
みーこ

みーこの感想・評価

3.0
スティーブン・キングの短編小説『スケルトン・クルー』の中の1つ『Gramma』の映像化作品。

介護が必要となった祖母の家に、母親と兄と3人で住む事になったジョージ。

祖母の事を“親友”と呼ぶほどに好いていたジョージだったが、過去にその家で起きた惨劇と祖母の秘密を知ることになるー。



『スペル』のお婆ちゃん程ではないが、なかなかインパクト大なお婆ちゃんが活躍?してましたよっ(b''3`*)

昔はとても知的で素敵なお婆ちゃんだったのに、まるで何かが取り憑いたように変わり果てた姿を見て心を傷めるジョージの可愛いこと!

ジョージ役は『ウォーキング・デッド』で活躍のチャンドラー・リッグス君らしいですがまだドラマ見てなくて存じ上げませんでした。

何とかお婆ちゃんを助けたくて1人で奮闘する姿が本当に健気で可愛くて、それだけでこの作品を見て良かった!と言えます(๑′ᴗ‵๑)

あとはディラン・マクダーモットがそこそこ脇役で出ていました。
安定の顔の濃さ、私は好きです♬

全体的にこれぞスティーブン・キング!なモダンな雰囲気でホラーな恐怖感はとても薄いですが、人間の恐ろしさ、弱い部分を見せ付けられるような切ないストーリーは面白かったです。
青二歳

青二歳の感想・評価

2.3
もひとつ老人×ホラーヽ(´∀`)ノこれまた笑えません。認知症か?悪魔憑きか?…ただでさえ精神的に滅入るのに、おばあちゃんが認知症になった時オカルト疑惑が出てくるとかどんな罰ゲームですか。
認知症になった祖母に会うため帰省した母と孫2人。おばあちゃんが…おかしい。次々に明らかになるおばあちゃんの不穏な過去…

兄弟がヘルメットかぶりながら"号泣の書"をめくるシーンがツボ。兄弟仲良いの〜。弟のイマージナルフレンドとか子供の世界を描くのかと思ったらオチと絡んで残念。ハイライトはおばあちゃんが弟をぶん投げる時とスプーンを噛み締めるところかな。勝てなそう。
バーベナ…うーん日本なら桃ですかね、桃を投げないと(^ ^)
スティーブン・キング原作ということもあって、ストーリーはなかなか面白かった。

が、詰めが甘い。
盛り上がって来た…!と思ったら、すでに終盤で、なぜ?どうして?のままエンディング。
ハッピーエンドだったらしい。ん?

チャンドラーくん目当てだったので、まぁこんなもんかな。
s70

s70の感想・評価

2.4
ギリギリ映像も綺麗で見れたけど愛で助かりました系でオイ!オチー!ってなる
原作は未読です

映画でスティーブンキングの作品は好きでいくつか見てるうちにどこか人間の辛いところを付いてくる、っていうのが必ず出てくる気がします。
今回は認知症のおばあちゃんがそのひとつ。老人ホームのシーン本当にこうだとつらいな…とか
悪魔についてはよくある筋の通った話でホラー要素は少ないように思いました。
タイトルの「血の儀式」は覚えておいた方が良いです。
>|