ナチュラルウーマンの作品情報・感想・評価

ナチュラルウーマン2017年製作の映画)

Una Mujer Fantástica/A Fantastic Woman

上映日:2018年02月24日

製作国:

上映時間:104分

3.7

あらすじ

チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

「ナチュラルウーマン」に投稿された感想・評価

トランスジェンダーとしての苦難についての主張と問いかけ自体は上手く描かれており、一作品としてそれだけ(決して軽視しているわけではない)で立ち止まってしまう映画が多い中、キャラクター達の心情に深入りする脚本は優れていた様に感じる。
YF

YFの感想・評価

3.5
シェイプオブウォーターと二本立て。
トランスジェンダーというだけで、愛する人への最後の別れも告げさせてもらえないもどかしさとか辛さとか苛立ちが前面に伝わってくる。多様性が大事とかいうけれど、そう簡単には上手くいかないよな、、
女は二度決断するという本命が不在だったのを好機とアカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、という印象ではあったものの確かに多様な性の時代を象徴する映画にはなっていた。

まず何故邦題が普通にファンタスティックウーマンじゃなかったのかと疑問に思ったが(アレサ・フランクリンの曲と同じにしたのかもしれないがやはり紛らわしい)、言われないとトランスジェンダーなんてわからない主役の姿は生きたいであろう女性そのもので、そんな人間をトランスジェンダーというだけで冷遇する馬鹿らしいとは確かに思えた。(だから結構見ていて胸糞は悪くなった)

特段個性的な演出は目立たなかったけど、性に対する表現が繊細かつ丁寧で(例えば主人公がしっかり女性トイレに篭ったり)、とにかく性についての主張したかったのは伝わって好感を持てた。

クラブの幻想的なダンスシーンや歪んだ鏡のシーンも良かったしラストのombra mai fuも美しい歌声で、思った以上に満足度の高い作品だった。
な

なの感想・評価

3.7
モヤァっとしたものが残る作品。

主演の方のインタビューにもあった「メッセージを伝えるための映画ではない。観た人が己に問うだろう(意訳)」という言葉通り、モヤァっとしたものが自分に対しての問いかけであったり意識無意識関係なく持つ差別意識だったりするのかな、と。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
突然亡くなった最愛の人に別れを告げる...ただそれだけが望みなのに、相手がトランスジェンダーというだけの理由で拒絶し差別し見下し偏見に満ちた振る舞いで突き放す。あの兄弟やら警官やら全員呼んで1か月ほど逆さ吊りしたいほどに嫌悪感がとめどなく襲い正視に耐え難い時間が続くが、どれだけ向かい風が強くても周囲に悪態をつかず、自分を失わず自分である事を捨てずに理解させて行こうと立ち上がるマリーナの姿が凛々しく感じられる。何で皆そんなに上から目線で他人を語れるのかね?自分にマリーナほどの自信がないからそうする?
彼女に向けられた、
彼の家族からの明らかな悪意

それだけでも十分、
不快には思うのだけれど

本当に怖いのは
女性警官や街の人からの
恐らく無意識的な
彼女に対する意識ではないか

無意識って怖くないだろうか

気をつけたい
意識的に
気をつけられることではないにしても。
Kana

Kanaの感想・評価

3.0
トランスジェンダーの差別を描いた映画

人の死に際は、理性も配慮もなくなって露骨な言葉を浴びせられるのかなと思った。女優さんは、おかまと言われてたけど女性に見えた。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.3
宗教観とか法律以外のものが関わる欧米諸国は、日本よりも根深い問題だと思う。
偏見とか正しいとか正しくないという以前に、人をいじめない人間でありたいと改めて思った。
女優魂見せていただきました。あと、お歌上手ね。
Kazuho

Kazuhoの感想・評価

2.5
LGBTのTの物語 みたいなレビューしてる人ことごとくいやだな
というかLGBTという言葉が好きじゃないかも 使っていれば知った気になれるけどね
偏見は当人にその自覚が無いからこその偏見。LGBTへの関心が日に日に高まっている今観られるべき作品。
>|