クロアチアのおすすめ映画 60作品

クロアチアのおすすめ映画。クロアチア映画には、サリー・ポッター監督のジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界や、ラビナ・ミテフスカが出演するペトルーニャに祝福を、サラエボの花などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

夢はかなわない。恋はいつか終わる。戦争は眠ってるうちに起こる。昨日と同じような今日は突然二度と来なくなる。あなたとわた…

>>続きを読む

10代の頃、自分の理想の世界を思い描いた事はないだろうか? 人々は笑顔に満ち、幸せに仲良く生活する世界。 そして親よ…

>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を

上映日:

2021年05月22日

製作国:

上映時間:

100分

ジャンル:

3.2

あらすじ

北マケドニアの小さな街、シュティプを舞台に、女人禁制の伝統儀式に思いがけず参加してしまった一人の女性が巻き込まれる騒動を描く物語。32歳のペトルーニャは、美人でもなく、体型は太め、恋人もい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

@試写  繁栄というものを知らないままにすっかりサビれてしまったような地方都市で仁王立ちをしているヒロインの姿が忘れら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サラエボに住むシングルマザーのエスマと12歳の娘のサラ。ボスニア紛争の傷跡が残る街で、自分たちの過去と真実に向き合う親…

>>続きを読む

中年の母、エスマは集団セラピーで瞑想しながら、自分が妊娠した時のことを、はらはらと涙を流しながら語りだす。 「妊娠し…

>>続きを読む

鉄道運転士の花束

上映日:

2019年08月17日

製作国:

上映時間:

85分
3.7

あらすじ

60 歳のイリヤは定年間近の鉄道運転士。現役中に28人を殺してしまったという不名誉な記録を持っている。 イリヤが養子として迎えた 19 歳になる息子シーマは、家業である義父の仕事の後を継…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ミロシュ・ラドヴィッチ監督、脚本、ラザル・リストフスキー主演によるセルビア、クロアチア製作のドラマ。 定年間近の鉄道運…

>>続きを読む

線路は幸せを運んでくる…ごくたまに。 気難しく頑固な老運転士イリアと線路上で出会った少年シーマ。とても奇抜な切り口…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

会話聞いても何語かわからない映画好きです。 本作はスロベニア語中心でたまに英語。 スロベニアの首都リュブリャナと郊外…

>>続きを読む

“Slovenian Girl”という名前でコールガールの仕事をしている女子大生のサーシャはためたお金でマンションの一…

>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽

上映日:

2016年11月19日

製作国:

上映時間:

123分
3.6

あらすじ

バルカン半島の隣り合う村を舞台に展開する3つの愛の物語。1991年のクロアチア紛争の時代を皮切りに、2001年、2011年と10年おきに設定を変え、地域に根深く染み付いた民族間の憎しみの感…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[『ビフォア・ザ・レイン』の後、ユーゴスラビアはどうなったのか] 90点 想い出記録。「ビフォア・ザ・レイン」はマケ…

>>続きを読む

クロアチア映画。国旗がくそカッコいい国だ。ミルコ・クロコップの出身国でもある。本作が描くのは、ミルコが少年~青年時代を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「のうのうと 裏で手を組み 知らん顔」 予告が気になって観てみました。φ(..) サラエボの虐殺現場のレポ…

>>続きを読む

あることが原因で、花形戦場リポーターから落ち目になった リチャード・ギア演じるサイモンと、かつて名コンビだった 戦場カ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

内戦も終わり、街は復興しつつあるサラエボ。そこに航空会社のCA職員として働く女性と空港の管制官として働く男性のカップル…

>>続きを読む

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボ。激烈な紛争も終結から10余年が経てば復興が進み、戦乱の傷痕は街角から消えてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リム監督が、以前大学の授業で講演されていて監督自身すごく面白く興味深い人だったので、やっと作品を見れた、という思いがま…

>>続きを読む

放浪映画人・林家威リム・カーワイのバルカン半島譚2本目。ユーロライブの先行上映会でいち早く。今回はミス・マカオの女優を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ちょっと怖かった映画。 テラスハウス系の番組「HOUSED」があった。この番組は最初は裏番組で負けることもあったが、…

>>続きを読む

 6組の夫婦が180日間、外にでることなく一つの家で過ごすリアリティ番組「ハウスト」が始まった。しかし、その直後から世…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

煽った邦題とR-15指定のわりに、絡みワンシーンだしそれもテレがある雰囲気エッチ描写でまったく萌えないし、ぼかしが入る…

>>続きを読む

作品のできばえとしては、低評価が多いのには納得。1本の映画としては僕も1.5-2.0ぐらいの評価にしたい。ただ終盤の流…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

父権をかざし高圧的な父、抑圧にただ従うだけの無知な母、そんな両親と同様のでっぷりと太った体を持て余す障害者の兄とともに…

>>続きを読む

病院で働き家族と暮らす24歳のマリヤナ。 強権的な父が倒れ、介護に加えて口汚い母や障害を抱えた兄を養うはめに。 マリヤ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「昔から あったならば 今はどう?」 予告が気になって観てみました。_φ(゚Д゚ ) 1951年、ナチス占…

>>続きを読む

フィンランド/デンマーク/クロアチア合作劇場未公開。WOWOW放送時の邦題「偽りの守護天使」。催眠術と犯罪と言えば何故…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クリスティ・プイウ監督作。 ルーマニア映画。 今作も今年のカンヌでパルムドール作品以上に評論家の間で話題になったので鑑…

>>続きを読む

丁度長尺のものを観たら無理やりよかったところを探すって話してたからズバッと言うけど、早くご飯食べろよ!!!!!!! …

>>続きを読む

フル・コンタクト

製作国:

上映時間:

105分
3.2

あらすじ

砂漠の中、兵士が小屋で画面に向かい、ドローンを操作して標的を爆撃する。遠隔殺戮のトラウマが蓄積した男がたどる精神の旅を、迫力の映像と想像力に満ちた展開で描く驚愕のドラマ。

おすすめの感想・評価

2015.10.25 @ 28th TIFF 帰り道にタイトルのフル・コンタクトが意味することを何度も何度も考えた。…

>>続きを読む

戦争映画ではなく、人間がトラウマを乗り越えるまでの精神世界を表現した映画。 監督の説明の通り、三つのパートに別れていて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

絵画的に整ってる。俳優たちのお顔も、近景も遠景も。 戦争を間接的に。そういうストーリーのテリングが、ここではポップじゃ…

>>続きを読む

アブハジア紛争に巻き込まれて家を失い、前の住人の痕跡が生々しく残る家に越してきた一家。 人々が入れ替わり立ち替わりその…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

画家の父の仕事、二人の息子ニコラとブラツォ、ニコラの妻アナマリア、ブラツォの妻マルタ、そうしてニコラの愛人で子供までい…

>>続きを読む

クロアチア映画、初鑑賞。 『愛人のいる生活』って笑 邦題が内容そのまますぎて粋じゃないなー。 原題が「neka os…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

母親が再婚相手とアフリカ放浪(たぶん)に出ることになり、アイスランドの田舎町に住む父親と暮らすことになった少年の物語。…

>>続きを読む

正直北欧の透明度の高い空気を吸って生きてきた少年をスクリーンで観られるってだけで大満足だよね。 透徹な少年が自分になる…

>>続きを読む
>|