大統領の料理人の作品情報・感想・評価・動画配信

「大統領の料理人」に投稿された感想・評価

謳

謳の感想・評価

3.4
2021年 82作目

現在と過去が意味もなく行ったり来たりするのがよくわからなかったけど、料理がとにかくおしゃれ!フレンチ食べたくなった〜
大福母

大福母の感想・評価

3.5
あっさりしたフランス映画。
実話を元にした作品で、淡々と物語が進む。
料理がとにかく美味しそうなのでお腹が空いている時に観ない方がいい。オルタンス(主人公)の服装やアクセサリーがお洒落で素敵。
ニコル推し。
伝記もの。原題は「Les Saveurs du Palais」(宮殿の味)。淡々と物語が進行し驚きや考えさせられるものがない。南極の場面と交互に描く理由も不明。
miwasansan

miwasansanの感想・評価

3.0
ストーリーとしては特段の面白さなし
ただ主人公の楽しそうに料理する姿とか真剣なスタンスは見応えある。
料理の味も想像でけへんけどなんか美味しそう。笑

おばあちゃんの味
みたいに温かい気持ちで
信頼関係築けたら
どんな辛辣な環境でも楽しく生きられそうやなーと。
らぐ

らぐの感想・評価

3.1
小刻みよく進んでゆくが、ある意味では、
取っ掛りのないストーリーと言えるかも?

食材や作業を歌うように口に出しながら手際良く料理する主人公を見るのは気持ち良く、日本には(私には)馴染みの少ないフランス料理は華やかでした。

ただ、やはり!私は和食派です!
あろわ

あろわの感想・評価

3.6
全体的に起伏の少ない物語。
大きなトラブルをみんなで乗り越えたり、敵対視してた人と共通の経験を通して分かち合ったりなんかはしない。
でも、食材や作業の説明をしながら手際良く料理していく様は気持ちが良いし、美味しそうで楽しい。
南国基地との対比で描かれる環境や人間関係も面白い。
大統領がトリュフを見に厨房(?)に降りてきたときのシーンも良かったな〜。
ヤシ

ヤシの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

料理を作る過程がとても面白く美味しそうで良かった!大統領にトリュフのパン振る舞うところが特に好き。
だけどだんだんイキイキした空気が失われていくのが切なかった。あのシェフにギャフンと言わせて欲しかった。
南極でのエピソードとの関連は何だったんだろう…?彼女は負けたわけじゃなく新しい夢のために退いたってこと?
そこのところあまりピンと来なかった。

全編にわたって彼女の歌うような台詞が好きだった。
大統領官邸内にある厨房の舞台裏や、男社会の厨房で初の女性料理人として奮闘するオルタンスの姿や、出てくる料理がどれも日本ではあまり馴染みがないもののどれも華やかで美味しそうなところは、よーく描かれていたので、見ているだけで楽しく幸せな気分になれた。

ただ、オルタンスのプライベートや目指してるのかがよくわからないし、人生哲学にもほぼ触れてないから、あんまり感情移入できなかったというのが正直なところ。
それに加えて、物語は終始オルタンスの目線で描かれているので、主厨房のプロのシェフのことや、オルタンスの去った後がどうなったのかばっさりと省略されているから物語に厚みがあまりない。

題材としてはいいと思うんだけど、描き方をもう少し丁寧にした方がよかったかもしれない。もったいない作品だと思う。
yuco

yucoの感想・評価

-
男女差別が散りばめられてる…そしてそこに関しては無解決…(まあそういう映画じゃないからね。。)

ただ、料理が美味しそうで休日は時間かけて頑張って作ろう〜って思いました。
Nakao

Nakaoの感想・評価

3.3
1980年代に大統領専属料理人を務めたダニエル・デルプシュの活躍を描いた一作。

冒頭は南極料理人?と思ってしまうが、エリゼ宮時代とクローゼー諸島での賄い料理人時代を交互に描き彼女の胸の内を描く。

兎に角、美味しそうな料理がたくさん出てきて堪らない。ロワールワインのフコー兄弟を知れただけでも見た価値はあった。メメクリームのサントノレはNHK「グレーテルのかまど」でも再現してたなぁと懐かしい。色々と再現したいなぁ、料理したいなぁとも思うけど、そんなスキルは無いし、食堂付き社員寮住みなのでそもそもキッチンが無い!無念..切腹。
>|