舞妓はレディの作品情報・感想・評価

舞妓はレディ2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:135分

3.4

あらすじ

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!…

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!しかし、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、慣れない言葉遣いに戸惑い、ついに春子は声が出なくなってしまう……。はたして彼女は一人前の舞妓になることはできるのか?

「舞妓はレディ」に投稿された感想・評価

ハナ

ハナの感想・評価

3.1
方言がキツイ女の子が、一人前の舞妓になるための成長映画であれば面白くみれたのですが‥‥ミュージカルの必要性が感じられないというかなんというか。無理に歌って踊らなくても‥‥。でも、頑張る女の子はみてて応援したくなりますし、ハッピーで終わったのがよかったです。
マイフェアレディのパロディーというかオマージュというか。。。?

最初は、えっ?歌うの?ここで歌うの?
って思うシーンも多めでしたがΣ(-᷅_-᷄๑)
後半になるにつれてがんばれーって
春子を応援している自分がいた!!

劇中歌が面白さに一役買っていて、
何回も笑ってしまった笑

上白石萌音さんの歌がとっても素敵だった!!
しばこ

しばこの感想・評価

3.0
ボロ泣きしました。京言葉が話せないだけで夢を断たれかけた女の子ってひどくないですか。どうしようもないのにすごく嫌な気持ちになって辛かったです。
フィクションとして楽しめたのはすごく終盤になってからでした
uk

ukの感想・評価

3.2
上白石萌音ちゃん可愛すぎる!特に、お店出しで舞妓デビューしてから本当に神がかって可愛い。京言葉もすっかり上手になったねぇ…って親目線でしんみり。「人は、舞妓の一生懸命の若さで人生の春を見る」っていい言葉。舞妓必須三単語、おおきに、すんまへん、よろしゅうおたのもうします、これは舞妓じゃなくても必須やな。京都好きやで癒やされました。ただ、ちょっと長くて中だるみします。(笑)
AM

AMの感想・評価

3.5
上白石萌音がいなければ成立しえないような映画だった。朴訥さと演技力、何より歌唱力。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2018/09/19

面白かった〜〜
サクッと観られていいですね。ミュージカル的演出も合っていたしアイデア勝ちみたいなとこもあるかも。
それにしても主役の子うたうまい〜〜ずっと聴いてたくなる不思議な魅力があった。

Amazonプライム
みき

みきの感想・評価

3.1
起伏がゆるやかで落ち着いて見られました。
知らない職業についての話は興味深いです。
舞妓さん大勢でのミュージカルの振り付けがかわいらしい。
ひとつひとつのエピソードが、舞妓さん・芸妓さんの日常の説明のためなのかなとかミュージカルいれるためなのかなとか、物語進行に若干だるみを感じてしまいました。
でも、京ことばの響きや舞踊、お着物の美しさを感じることに重きを置いて見れば、これはこれでいいかなというかんじ。
上白石萌音さんが舞妓として踊るところ、とてもよかったです、この映画の良さ!というシーンと思います。
実際のこの世界はもっともっと厳しそうなイメージだけど、どうなんだろ(°ω°)
655321

655321の感想・評価

3.3
ミュージカル映画って歌に乗せてガツンと観客の心を揺さぶってくる作品が多い中、『舞妓はレディ』は飄々として間が抜けている雰囲気。
周防監督を大好きな自分も最初はこのゆるさに腰砕けになってしまったけど、馴染んでくるとクセになる。
小津安二郎的でもあり、ウェス・アンダーソン的でもある。
なんというか良い意味で平面的で、紙芝居っぽさがある。
探せばどっかに笠智衆がいそうな雰囲気。

『グレイテスト・ショーマン』みたいに歌の力だけで引っ張っていける映画じゃないよなーと思っていたのに、気付いたら歌っていた。
「舞〜妓〜はレディ〜♪」
ららら

らららの感想・評価

3.5
まーいこーはレディー♪

上白石萌香ちゃん素晴らしかった。
まわりのキャストはかなり豪華。長谷川さんはちょっと変な役が似合いすぎる。

舞妓になりたい!の思いがいまいち伝わってこなかった気がするけど、絶妙ななまりのひどさと絶妙な踊りの下手さがうますぎて、稽古に奮闘してる姿は応援したくなる。
エンディングもかわいい◎
ゆき

ゆきの感想・評価

-
鑑賞メーター終了ということで、大好きなやつ備忘録
見終わった後、下八軒を探しちゃいましたが、実際は北野天満宮そばの上七軒ですね。交差点から一本入ると突然石畳が始まり、情緒があります。

主演の上白石さんが、初心で一生懸命で、笑顔も可愛くて歌も上手くて本当によかったです!着物や登場する女性の仕草が綺麗で眼福。ミュージカル部分は毎回唐突でちょっとびっくりしましたがどの部分も楽しかったです。すごく愉しい映画!
>|