舞妓はレディの作品情報・感想・評価

舞妓はレディ2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:135分

3.5

あらすじ

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!…

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!しかし、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、慣れない言葉遣いに戸惑い、ついに春子は声が出なくなってしまう……。はたして彼女は一人前の舞妓になることはできるのか?

「舞妓はレディ」に投稿された感想・評価

学校で観させられた。
主人公の演技良かった。
京都に行く前にみると楽しめた。
タケシ

タケシの感想・評価

3.4
舞妓さんになりたい方は
この映画を観るのがオススメ!

方言が多くて字幕付きでも
文の意味を理解できなかった所が
たくさんあったw

ミュージカル、歌を歌う部分が
多くてビックリ。

"おおきに"という言葉の使い方、
初めて知った。とても参考になります!
京都下八軒に突然現れた「舞妓になりたい」と夢見る鹿児島弁と津軽弁訛りの少女春子。偶然居合わせた言語学者の先生は少女春子の訛り言葉に興味を持ち、京言葉を教える。春子は憧れの舞妓に厳しい修行をする。三味線、踊り、しきたり覚える事がいっぱい。健気で一生懸命な春子の成長が観れた。
変わり者の言語学者の先生に長谷川さんが合っていた。春子と先生の歌が良い♪京言葉の勉強になった。和だけどポップでノスタルジー漂う舞妓ミュージカル作品だった。
舞妓が1人しかいない京都の花街下八軒に舞妓志望の少女がやってくる、京言葉や芸の稽古、しきたりに苦労しながらもひたむきに励む姿をユーモラスにあたたかく描くミュージカル映画

すごく良かったです、それまでの苦労が報われたみたいな幸せなラストが好き
強い訛りと内気な性格、要領の悪さなどから最初はどんくさく見えたけど、それでも真面目に一生懸命夢に向かって頑張る
それ故に舞妓になった姿は感動するし、すごく化粧映えして綺麗でした、性格にしてもまた声が出なくなったふりをしておどけて見せたりして明るくなって、はじける笑顔も印象的、あの舞妓姿をもっともっと見ていたかったくらい

舞妓の文化や京言葉なんかも優しく解説されていて勉強になるし、やっぱり京都って舞妓っていいなーと再認識した作品
良いですねー❣️
日本版マイフェア レディ
歌えや踊れ❗️

入院中!
最初はただ所々歌を入れてるだけだと思ったけど、段々とダンスも入ってミュージカルっぽくなってきた。
元々そんなに声出してなかったから、声出なくなってもそんなに変わらないのと、最後に声が出ないフリをするのは不謹慎だと思ったけど、
まぁ最後が楽しそうで何より。
zikei

zikeiの感想・評価

3.1
話はあんまり好みではなかったけど、舞妓さんの世界が少し覗けたみたいで良かったです。黒髪舞ってる芸妓さん美しかった…
でもミュージカル調にする意味がわからなかった。個人的にはいらない。
うぱ

うぱの感想・評価

3.5
上白石萌音ちゃん抜群に歌上手い。

大原櫻子ちゃんも歌上手いよな〜。

邦画でミュージカルものなかなか無いから新鮮!

でもストーリーに深みはない。
nemunine

nemunineの感想・評価

3.8
和風なミュージカルでしょうか😄
京都の小さな花街のお話。
訛のすごい女の子が舞妓になりたくて
やってきたけれど…。

長谷川博巳さんがカッコ良くて、あんな方に語学レッスンされたら惚れちゃうよ~!
もう少し恋愛ストーリーも見たかった気もしたけど、どんどん華やかに変身していく
上白石萌音さんが可愛かった!
歌も上手いし、舞妓さんデビューしてからの舞も素晴らしくて感動でした★
普段歌わなさそうな豪華な俳優陣が歌い踊る姿も楽しいし見て良かった!

こんなエンターテイメント性のある和風ミュージカルもっと見たいです😆✨
内容忘れたけど面白かった記憶。
ミュージカル的だけど、楽しめた。上白石萌音の歌が上手い。
>|