O嬢の物語の作品情報・感想・評価

「O嬢の物語」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

2.8
2018.5.15(Tue)
文学の勉強してるときにタイトル目にした気がしたので観てみた。
登場人物みんな画一的に美しいけど心の動きはほとんど理解できなくて、エロというかもはやファンタジーだった。男尊女卑的で儀式的で、全編アイズワイドシャットの仮面パーティーのシーンみたいな感じ。あっちは物語の一部を形成するものだったからこその価値もあったけど、こっちはそれ自体が物語だから見終わったあとにあんまり残るものがなかった。
げざん

げざんの感想・評価

1.5
最近ハマってるフランス映画。
フランス映画って官能的な表現に長けすぎててほんと好き。
今回のはよくわからなかった。
MK

MKの感想・評価

-
淑女の赤裸々妄想
女性があられもない姿で調教されるこの過激なSM映画の原作者は、非常に聡明で慎み深い才女だった。その事実こそがまるで物語のようですが、本当の話です。どんな淑女だって淫らな妄想を抱いており、それは男性が考えるよりずっと過激というのは、古今東西変わりはないもの。
ソフトフォーカスのソフトコアポルノで、雰囲気モノ大好きな身としては申し分ない!と言いたいところだけれど、せっかくのウド・キアがあまりにもボヤけすぎていてちょっと残念。しかしながらコリンヌ・クレリーはやっぱりイイし、美しいものお洒落なモノには罪はなし。ピエール・パシュレの音楽は最高。でも局部のボカシ、絶対ダメ!

このレビューはネタバレを含みます

ずっと言おうと思ってたけどGyaoエロ映画放映しすぎでしょ。良い加減にして?
観たことのない映画を消化できるのは嬉しいが、電車内とかで観づらい。
これはまた徹底したエロ映画。きっとこれはエロ映画の代表作とも言われてるんじゃない?観てるだけでそう分かるぐらいのエロ。というか8割全裸。
スタイルが抜群なだけではなく、顔が本当に綺麗な人ばっかり揃えていたことに驚き。美人。
主人公の名前を“O”にしたのが良い。
あいこ

あいこの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

彼氏の趣味でガッツリ変態になるO嬢の話。
おっぱいと濡れ場のパレードです。
いろんなおっぱいが見れます。ただ出しすぎて価値ないですが。出てりゃいいってもんじゃないよな…。
何かと儀式めいてるけど、意味わかりません。
一番の謎は変態なのに自慰はできないO嬢。
とにかく股間のボカシは邪魔だよっっ
TB12

TB12の感想・評価

2.8
文芸ポルノ映画?
エマニエル夫人をちゃんと観た事がないからこの監督の特色とかは分からないがこの雰囲気自体は好きかな
こういうジャンルの作品はやっぱりフランスが上手いよね
とにかくヒロインが綺麗
内容の感想としては世の中色んな性的趣向の人が居るんだなあと
otom

otomの感想・評価

3.5
ウド•キアが観たくて。しかしなんだな、この監督は実に退屈な映画を作るのが上手いね。とは云うものの、ひたすら繰り返す謎のプログレサントラとほわーっとした処理で見せるお耽美とモダンの組み合わせは嫌いではなかったりする。まずまず。
Sari

Sariの感想・評価

3.1

たまたま深夜放送でフランス映画だから観始めたら何とSMポルノ。
でも衣装や家具などの小道具が芸術性高めで女性でも楽しめる。主役のコリンヌ・クレリーが美しかった。後に007に出演した女優さんだとは知らなかった。
秘密クラブ?に連れていかれ、SM快楽のいけにえに。
(自分のものだから他人に与える事が出来るらしい・・・)

愛する者の為に調教を受け入れる女。

調教を望んだ男は愛の為に苦しむ。
>|