ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価・動画配信

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

RAMRIDER

RAMRIDERの感想・評価

5.0
3時間の映画をつくっていいのはマーティン・スコセッシだけ。
ずっと観てられる。マースコ最高傑作。
ディカプリオおっさんになってどんどん好きになってきた。
RISA

RISAの感想・評価

3.7
alcohol, drug, sexな映画
主演はレオナルド・ディカプリオ、そして助演はドラッグ、カネ、セックスにFワード。そんな映画。

ドラッグをやったことはないが、この映画を観ている間の自分のことを「ラリってる」と言うのかも知れない。とにかく頭からエンドロールまで爽快で飽きない。

最近では「ハスラーズ」なんかでも描かれていたけど、やっぱり株だなんだと目に見えないものを、それも億単位にまで膨れ上がるものを扱っていればこれくらいおかしくなる気持ちもわからないではない。人間が自分たちで作ったシステムなのに、使いこなすには薬や性的快楽に頼らなきゃいけないくらい肥大化したんだなあ、とおかしくも悲しくも思えてくる。
この映画の"ペンを俺に売ってみろ"とインセプションの"ゾウのことは考えるな"は多分定期的不定期に思い出す。内容や人がクソにしろなんにしろディカプリオ出てる映画は好きだな〜
G

Gの感想・評価

3.5
金融企業の新卒採用説明会で是非放映してほしい
yukachan

yukachanの感想・評価

3.0
ひたすら下品。だけど「このペンを私に売ってください」、これがこの映画からの学び。
まさにゲスの極み


金、ドラッグ、女とやりたい放題のあっという間の3時間
これぞジェットコースターのような目まぐるしさ

ディカプリオのラリった演技が凄まじい
ぶんた

ぶんたの感想・評価

3.3
金に狂わされた人生。『人生はいい時も悪い時もあるが金はあった方が良い』何故かのセリフが印象に残った。多額の金を動かすことは重圧で、不安などに打ち勝つために薬、酒に手を出したんだろう。金があれば、人生は激変する。しかし、人格まで変わってしまっては幸せと言えるのか。考えさせられた。
アメリカのマネーゲーマーのキチガイ達を描いた映画。こいつらがオーバードーズで死のうと、捕まろうと一切同情できない。

2番目の奥さんは、そういう奴と分かって一緒になったんだからしょうがないけど、最初の奥さんがただただかわいそう。
もちろん慰謝料はたんまりもらったんだろうけど。
>|