スター・ウォーズ/フォースの覚醒の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/フォースの覚醒2015年製作の映画)

Star Wars: The Force Awakens

上映日:2015年12月18日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

4.0

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に投稿された感想・評価

最高。スターウォーズへの期待がさらに高まった映画。

エンドアの戦いから30年後の話です。
なので是非旧三部作を見てからの視聴をオススメします。
今作では新たな敵、ファーストオーダーとの戦いを描いてます。

旧三部作が大好きだったので、スターウォーズという作品をぶち壊さないか心配してました。(ディズニー買収の件もありましたので。)
しかしやっぱりスターウォーズは最高でした。
ハリーポッターでもない、ロードオブザリングでもない、スターウォーズがやっぱり一番好きなシリーズでした。

良かった所をいくつか言います
・当たり前のように新キャラが出てくる訳ですがドロイド、ヒューマンともにキャラが濃かった。
レイはどことなくルークの面影があるし、(デイジーリドリーかわいいし)フィンとポーの関係性も興味深いし、BB8もルックスいいし。新キャラを好きになるのに時間はかかりませんでした。

・旧キャラクターの登場演出。
おこがましくなく、スラッと登場するのは文句のつけようがありませんでした。(ハンソロは最高です。)
ボロ船を使おう!と言ってファルコン号を写した時に流れる"いつもの"BGMも最高でした。
何度見ても泣いてしまいますw


・映像
エピソード3の時より、当たり前ですが、映像に違和感という物が全くなかった。エピソード2の時の冒頭の戦闘はCGに頼りすぎてて個人的にあまり好きではないのですが、今作ではCGと実物の区別がつかないくらいリアルでした。なので、迫力ある映像を見ることができます。

・カイロレンについて
自分の中での最高にして最強な敵、ダースベイダーに代わる敵となる訳ですが、カイロレンはすごく人間性あふれる敵でした。
これがすごい面白いなと思いました。ベイダーとは違い弱い所をエピソード7でめちゃくちゃ見せてくれるんですよ。割とすぐ仮面をとるし。
カイロレン成長も今後楽しんでいきたいですね!

・純粋にラストのレイのシーンは最高でした。

ネタバレ込みだったらもっと語れますが、こんくらいにしときます笑

スターウォーズ好きな方は見ることを心からオススメします。続きが気になりすぎて…笑
_________________________
[この映画のBest俳優]
デイジー・リドリー
[脚本面]☆☆☆
[映像面]☆☆☆☆☆
[ストーリー面]☆☆☆
オススメ度(スターウォーズ好きな人は)
☆☆☆☆☆
オススメ度(スターウォーズ知らない人は)
☆☆☆

ロッテントマト92%

[[[最も好きな映画シリーズ]]]
Souma

Soumaの感想・評価

3.7
『伝えろ。ミレニアム・ファルコンは、ハン・ソロが取り戻したとな。』

正直な感想を書くと
初観賞時は、オマージュばかりの内容が許せなかった。
これはリスペクトじゃない。
金をかけて作った、ただのファン映画だ!・・・とね。

文句を言いながら既に何回も観賞してるんだけど(笑)
3回目くらいから
懐古厨の悪癖をすべて捨て去ることで
やっと楽しんで観ることができるようになったので
改めて再レビューすることに。

(以下の内容は今更なにを当然のことをとか思うかもしれないけど
以前の僕と同じでフォースの覚醒を楽しめてない人向けかな)

この作品は
SW初心者でも存分に楽しめて
往年のSWファンは、歴代のキャラや乗り物、オマージュで楽しんでもらうために作った、世代を超えるためのSWなんじゃないだろうか。

いままでのシリーズと比べて政治的な要因はほぼ省略し
初心者や子供でも入りやすい単純な内容に
SWの魅力をできる限り詰め込んでる。

そして、この作品が新しいSWファンのために
捧げていると思う一番の要因は
主人公が女性になっている点だと思う。
(これは、配給がディズニーだから戦略的には当たり前なんだけど)
SWファンの割合は男性が多かったと思うんだけど
主人公をレイ(デイジー・リドリー)にすることで
女性にも興味を持ってもらい
BB-8という最高にかわいいマスコットで
心を鷲掴みにされたのは女性だけではないはずだし
その上で過去のSW作品にも興味を持ってもらうという
隙の生じぬ二段構えどころか三段構え。

やはりこれはいままでSWを観たことない人に
かなり配慮した作品であることには間違いないと思うし
内容自体も、過去のいいとこ取りしてるような作品なので
普通におもしろい。


ただ、一つだけ何回観ても納得行かないのが
ラストのレイvsカイロ・レン
いくら手負いとはいえカイロ・レンがあまりに弱くて…。
控えめに言っても雑魚。
SWの良さって、やっぱり悪役にもあるはずなんだよ。
今作で欠けているものは、悪役の魅力だと思う。
産業廃棄物
サケ

サケの感想・評価

4.0
記録。
あんまりやった、、、
BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

4.1
映画に観出してから、初めて劇場で観たスター・ウォーズ。
スクリーンにタイトルコールがかかった時の、みんなで共有するあの高揚感。
映画の喜びを改めて感じさせてくれた作品です。

ストーリーは正直どこかで見たような展開。
後輩が「とてもよく出来たファンムービー」と言ってましたが言い得て妙で、スター・ウォーズの鉄板要素を詰めこみました、という感じでした。
でも作品への愛は溢れんばかりに感じられて、ファンとしてはたまらない!
ハン・ソロとチューバッカが出てきたときには胸が震えましたね。

新たなるネタキャラ: カイロ・レンくんを初め、イカれた野郎がちょいと多すぎる気はしますが、遠い銀河の新しい歴史を楽しみに見届けたいです。
マー

マーの感想・評価

3.5
前作よりキャラが薄いが、映像技術の発達で迫力があった。
Jirafuji

Jirafujiの感想・評価

3.4
スターウォーズ初心者だけど十分楽しめた映画。色々なキャラクターの「覚悟」を感じるストーリーで迫力だけじゃなくて感動もある。
ハンソロ渋くて かっこよすぎ!
話もテンポが良くて飽きさせない!
映画館で5回見た後に家でもBlu-rayを買って何度も鑑賞
>|