アゲイン 28年目の甲子園の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿された感想・評価

Hanako

Hanakoの感想・評価

-
重松清さんが原作ってことに惹かれて観た
野球は全然詳しくないけど、本とか映画で取り上げられてるのは好き
メインの話は野球じゃなくて野球球児たちの過去の事件
何かを失っている元部員たちが、彼らの子どもたちとの関わりの中で悩みながらも甲子園という舞台をまた目指す
おじさん世代が失っていた青春を取り戻す
一筋縄では行かない、綺麗事ばっかりじゃないリアルな展開が面白かった
門脇麦のやさぐれ感もたまらない
無

無の感想・評価

2.5
記録し忘れ作品。
「バンクーバーの朝日」と同時期に観たと記憶。
連投ばかりで本当にすみません…!
まだ記録出来てない映画が数多く出てきそう…
門脇麦とのシーンが少ないのに最後にキャッチボールされてもなぁ。
「感動」を押しつけてくる感じが強いため、
あまり素直な気持ちで見る事ができなかった。

見始めてすぐに終わり方を予想できる内容なのに
いろんな出来事の解決がいまいちすっきりしないため
見ていて納得しないうちに物語が進んでしまう。

野球のシーンが添え物になっているのもどうなのか。
人間ドラマがメインということは分かるけれど
手に汗握ることはなくて少し物足りなかった。
父親の青春の苦い思い出と娘への愛の物語。
父親にとって娘への愛は特別ですですね。
中井貴一の娘役の門脇麦目的で再鑑賞したのですが、波瑠が若くて初々しくてとても印象的でした。
追伸:もと巨人の角投手が出ててビックリです。
つよ

つよの感想・評価

4.8
マスターズ甲子園を目指す話。
感動。

キャストもとても良かった。
えみこ

えみこの感想・評価

3.5
おじさま方の体力と体のしなやかさにびっくり←

そして中井貴一さんは表情がとてもいいよね
波瑠さんも門脇麦さんもすごく可愛い
ほんわかした気持ちになりました

負ける時はちゃんと負けよう
janvier

janvierの感想・評価

-
マスターズ甲子園があるとは知らなかった
かつての球児がまた試合を始めても、腰痛に苦しむなどの描写がなく、体力に感嘆
話の流れが上手く、なぜだかわからないけど静かに涙している場面があった
裕子さんが一瞬 風吹ジュンさんに見えたけど和久井映美さんだった
83roh

83rohの感想・評価

3.0
松川の人柄もっと描くべきでは?

娘が甲子園に来た理由、一緒にキャチボールした理由も描いて欲しかった。
makki

makkiの感想・評価

3.4
キャッチボールって深いなぁ。

キャッチボールしながら話して気持ちを伝え合う人もいれば、黙ってただキャッチボールしながら気持ちを伝え合う人もいて、ただボールを投げ合うだけじゃないんだなぁと思った作品でした。

負けるならちゃんと負けるっていうのもなるほど!!でした。いい言葉✨
>|