アゲイン 28年目の甲子園のネタバレレビュー・内容・結末

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なんか 台詞や場面や感情が唐突過ぎてついていけない事が多く、引きぎみでみてしまった。
甲子園で負ける最後のシーンとか表情とかそういった必要なシーンも合ったんじゃないかと思う。それと、皆物わかり良すぎて予選決勝のシーンは絶対勝とうと行った時に、反論する人がいてもいいと思った。
“負ける時にはちゃんと負けろ。負けて次に進め。”

無言でただキャッチボールをするシーンがいい
想いは伝わる

中井貴一、太賀の演技に泣いた

一球人魂!
 甲子園あと一歩のところまできてたのに、部員の暴力問題で辞退して甲子園の夢破れたかつての高校球児たちがおじさんになって、それぞれ家庭問題を抱えながら甲子園にまた挑む話。

 中年になって娘との不和や家族と上手くいっていないおじさんになった主人公たちの現在と28年前の高校時代の回想が挟まれて、主人公たちの問題を描いて解決していく構成。
 主人公は奥さんとの関係を娘に勘違いされて許してもらえない。かつてのエースは今は無職でこれまた奥さんや娘と上手くいっていない。

 120分の映画だけど甲子園マスターズ目指すまでが長くて、やっと出場したと思ったら簡単に地方大会を突破していくので野球映画としての面白さがあまり感じられないのが痛かったです。なぜ勝てるのか? どうやって勝ったのか? というロジックをしっかりと描かないと盛り上がれないと思いました。
 それでいて、登場人物たちの問題が一体どうして解決したのかわからなかったです。主人公の娘さんはお父さんを絶対許さない感じだったのに、なぜ甲子園まで観戦しにきて感動的にキャッチボールしているのかわからなかったです。エースの無職の問題も一体どこ行っちゃったんだろう。
 会話シーンでカメラがふらふら揺れるのも何でこんな緊迫感ある撮り方なんだろうかと話に集中できなかったです。
 かつて暴行事件を起こした仲間。それの秘密なんかも引っ張った割にマネージャーの告白であっさりみんな心の変化。

 中井貴一さんをはじめとする役者さんたちのユニフォーム姿が様になっていてカッコいい映画でしたが、個人的には少年野球をやってる監督さんのシークエンスとか果たしているのかな? とエピソードがいっぱいあってどれもがあっさりしている感じの映画でした。
誤解されてまで守らなければならなかったのだろうか。どうもそこがピンとこず。大賀くんは良かった。あと柳葉ちゃんもらしくって良かった。野球のシーンが意外にも強くなさそうなのが印象的。
中井貴一
離婚
レイプ 勘違い
入魂 人魂
大事な人とキャッチボール

勘違いは解決しようと努力すること
高校生ではない、甲子園野球。にしても、ドキドキワクワクそしてウルっと。
以前同じ目標を掲げた人々をバラバラにした事件が28年という長い時間をかけてそれぞれ別の思いがその事件によって、今度は逆に団結させる。
感動的で面白かった。
■いいところ
・中年のおじさんたちメインの野球シーンはリアリティがある
・高校時代の野球シーンも上手く編集してあって違和感は無い
・中井喜一の演技はさすが
・全編とおしてそれっぽい雰囲気は漂っている
・山プーバット投げ異常にかっこいい

■悪いところ
・全体的に演技が大根
・登場人物の感情や行動原理がしっくりこない
・特に殴ってしまった部員を許す理由がいまいちしっくりこない
・ストーリー山場が無くメリハリが無い

悪いところも目立つが野球シーンの出来が良く、それだけでも野球映画としては及第点。

【“負け”ることすら出来ない人生なんて…】

95本目(映画100本観るぞ企画)は
中井貴一さん・波瑠さん・柳葉敏郎さん主演の
日本映画『アゲイン -28年目の甲子園- 』(2014年)

-------------------------
ある日
元高校球児の坂町晴彦(中井貴一)のもとを
かつてのチームメイトである松川典夫の娘
美枝(波瑠)が訪ねてくる

美枝は自分がボランティアをしている
『マスターズ甲子園』に挑戦しないかと持ちかける

美枝の父親こそ 暴力事件を起こし
坂町たちが県大会決勝を辞退せざるを得なくなった
原因を作り 高校を辞めて逃げ出した張本人だった

様々な想いをぶつけ合いながらも
当時のエース・高橋直之(柳葉敏郎)など
不器用な父親たちが
“夢のつづき”を追いかけることに…

夢を断たれたあの夏の事件
その真相の全てを知る
当時のマネージャー(和久井映見)も駆けつける

そして…
-------------------------

失業中で
様々なことから逃げていた高橋に 娘が叫ぶ

『昔 私に何て言ったか覚えてる?
 負け犬というのは負けた奴を言うんじゃない!
 負けたことから逃げた奴のことを言うんだ!』

マスターズ甲子園の県大会決勝で
相手の所沢工業から
『うちは去年も出場しているから
 今年は川越学院さんに譲りましょうか?』
と言われたキャプテン・坂町は言い返す

『あの年の夏
 我々は負けることすら出来ませんでした
 負けずに終わるのは 甲子園の優勝校だけです
 我々にとって あの夏はまだ終わっていないんです
 負けるなら ちゃんと負けて
 ケリをつけたいんです』

県大会を勝ち抜き 甲子園に行くことを
松川のお墓に報告にきた美枝と坂町
その美枝が坂町に言う

『坂町さん バントして1塁に走る時
 アウトになるの分かってても
 全力で走るじゃないですか…
 ちゃんと負けるって
 そういうことじゃないですか?』

随所に考えさせられる“負け”の意味

“負け”ることが出来るのは 挑んだ奴だけだ

ちゃんと“負け”ることが出来るのは
逃げずに
がむしゃらに戦った奴だけだ

だから“本物の負け”は
他人が嘲笑うことなんて出来ない

まして
自分が がむしゃらに挑んだことの無い奴に
他人を嘲笑う資格なんてない

“本物の負け”は必ず次の“勝ち”に繋がる
“偽物の負け”はその名の通り“負け犬”で終わる

沢山の“本物の負け”という勲章を胸に
最後の“勝ち”を奪いにいく

誰かに“勝つ”のではなく
逃げ出したくなる 弱い自分に“勝つ”

“負け”ることすら出来ない人生なんて
淋しすぎるから…

~【映画095】アゲイン -28年目の甲子園- ~

https://www.facebook.com/nobuyuki.suzuki.estrellita
明るいニュースがない昨今の野球界…
野球ファンとしては、今この時期に見れて良かったなと思える作品でした。

日本らしい日本映画。心の交流があって、あったかくて、最後は清々しく終わる…

ただ、個人的には、あんなに父親を拒絶していた娘が最後にあっさりキャッチボールして笑顔になっちゃうのは納得がいかなかったけど、親子のことは親子にしかわからないので、仕方ないですね。

マスターズ甲子園の存在を知れたことも良かった。ちゃんと負けて良かった。
ちゃんと負ける。というメッセージが刺さった。
中井貴一と門脇麦の絶望的な親子の距離感が良かっただけになぜキャッチボールをしたのか描写を入れてほしかった。
凡打も送りバントも全力疾走!を素直に受け入れられるのは自分の根っこは体育会系だからか。
>|