アゲイン 28年目の甲子園のネタバレレビュー・内容・結末

アゲイン 28年目の甲子園2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校…

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は父親の遺品の中に、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年出さずにいたのか知りたいと願っていた。元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。サビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由は別にあった。28年前のある事件。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘と向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」を越えて今、夢の続きが始まる。

「アゲイン 28年目の甲子園」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ミキプルーンは送りバントの後も全力疾走

門脇麦はどうして
甲子園に来る気になったのか

ラストシーン、
一球人魂のグローブを
波瑠ちゃんじゃなくて、
中井貴一がしているのは何故か

色々と都合がよくて羨ましい
映画だし、そういうもんなんだろうけど
マスターズ甲子園。テレビで知ってはいたけど、夢があっていいなー(o^^o)
ストーリー的には展開読みやすいけど、面白かったし涙しました

ただ1つ…
OB達の前で中絶した過去を打ち明けさせといて(もちろん裕子の意志もあるだろうけど)、それに対して坂町が言ってくれればよかったのに的な発言があって……言えるわけねーよ!って思いました( ;∀;)月日が経って、今勇気を出してやっと告白してんのに…こんな年代もバラバラの男達の前で言わせておいてこの返事は…完全なる男目線だな…_(:3」z)_もっと気ィ使え!笑

リアリティには欠けるけど、エンドロールまでおじさん達の甲子園をエンジョイしてる姿を見るとこっちまで楽しくなっちゃう映画です
M甲子園ルールなどお勉強になりましたが…
柳葉ちゃん投球術はまぁー許せる範囲だが、中井貴一と西岡徳馬は野球所作がなく棒…w

母校の現監督と柳葉の若い頃を演じた俳優の投球モーションと野球所作は経験者の動きで完璧で素晴らしかった。あとはマスターズ甲子園での草野球を見せられただけ

娘が一球入魂(いっきゅうひとだま)と読んだり、赤カップグローブや角盈男のカメオwなどは楽しめるが…

どうして決勝辞退しなければならなかったのか?という映画の推進力の結末は、ジャーマネと元カレと部員の喧嘩🤛によるものであり、和久井映見の元ジャーマネ中絶28年目のカミングアウトだった顛末には残念

高野連に事情を話してもジャーマネは甲子園のベンチには入れなかっただろうし

大切な人とキャッチボールとしてラストを締めたのは良し

メタボ中年の
いまはコントロールよりコレステロール…という台詞に草
一つの暴力事件で甲子園への夢を断たれたOBのおっさん達が再結成してマスターズ甲子園目指す話です。
中井貴一髪型変わらなすぎ問題。

かつて暴力事件を起こしたノリは震災で亡くなり娘がマスターズ甲子園の運営委員の一員となり父親のチームメイト集めようとするんですけど父のせいで責められて可哀想すぎるし西岡徳馬キレすぎわろた。
スポ根ドラマ観たかったけどずっと思い出語るばっかりで期待していたものと趣旨が違いました。重松清らしさはあるけど正直パッとしない画が続きます。初戦も盛り上がる前にすぐ終わってましたし。
序盤の太ったキャッチャーと息子のところは好きです。
グローブに一球人魂書かれてたとこはいいシーンなんでしょうけど音楽邪魔すぎて「なんという雑さ!」と思いました。
工藤阿須加かっこいいのと波瑠がクソ可愛いです。

世代とか部活入ってた人とかそれぞれで観る感想変わってくる映画だと思います。
BSでやってたからなんとなく見てて、全く期待してなかったけど普通に王道のおじさん青春もので面白かった。
娘なんで急に許したん?というもやもやはあるけど、最近湿っぽくて後味悪い邦画ばかり見てたせいか、何とかハッピーエンドになっちゃうご都合主義でも心穏やかな観賞感なので良かった。
中井貴一が良かった。
なんか 台詞や場面や感情が唐突過ぎてついていけない事が多く、引きぎみでみてしまった。
甲子園で負ける最後のシーンとか表情とかそういった必要なシーンも合ったんじゃないかと思う。それと、皆物わかり良すぎて予選決勝のシーンは絶対勝とうと行った時に、反論する人がいてもいいと思った。
“負ける時にはちゃんと負けろ。負けて次に進め。”

無言でただキャッチボールをするシーンがいい
想いは伝わる

中井貴一さんの演技に泣いた
(グローブにちゃんと書いてるよ)

一球人魂!
 甲子園あと一歩のところまできてたのに、部員の暴力問題で辞退して甲子園の夢破れたかつての高校球児たちがおじさんになって、それぞれ家庭問題を抱えながら甲子園にまた挑む話。

 中年になって娘との不和や家族と上手くいっていないおじさんになった主人公たちの現在と28年前の高校時代の回想が挟まれて、主人公たちの問題を描いて解決していく構成。
 主人公は奥さんとの関係を娘に勘違いされて許してもらえない。かつてのエースは今は無職でこれまた奥さんや娘と上手くいっていない。

 120分の映画だけど甲子園マスターズ目指すまでが長くて、やっと出場したと思ったら簡単に地方大会を突破していくので野球映画としての面白さがあまり感じられないのが痛かったです。なぜ勝てるのか? どうやって勝ったのか? というロジックをしっかりと描かないと盛り上がれないと思いました。
 それでいて、登場人物たちの問題が一体どうして解決したのかわからなかったです。主人公の娘さんはお父さんを絶対許さない感じだったのに、なぜ甲子園まで観戦しにきて感動的にキャッチボールしているのかわからなかったです。エースの無職の問題も一体どこ行っちゃったんだろう。
 会話シーンでカメラがふらふら揺れるのも何でこんな緊迫感ある撮り方なんだろうかと話に集中できなかったです。
 かつて暴行事件を起こした仲間。それの秘密なんかも引っ張った割にマネージャーの告白であっさりみんな心の変化。

 中井貴一さんをはじめとする役者さんたちのユニフォーム姿が様になっていてカッコいい映画でしたが、個人的には少年野球をやってる監督さんのシークエンスとか果たしているのかな? とエピソードがいっぱいあってどれもがあっさりしている感じの映画でした。
誤解されてまで守らなければならなかったのだろうか。どうもそこがピンとこず。大賀くんは良かった。あと柳葉ちゃんもらしくって良かった。野球のシーンが意外にも強くなさそうなのが印象的。
中井貴一
離婚
レイプ 勘違い
入魂 人魂
大事な人とキャッチボール

勘違いは解決しようと努力すること
>|