プリズナーズのネタバレレビュー・内容・結末

プリズナーズ2013年製作の映画)

Prisoners

上映日:2014年05月03日

製作国:

上映時間:153分

3.9

あらすじ

「プリズナーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

信仰心はほどほどにネと思ったけど、今回のような辛い事件が起きた時に縋るものがあるって大事なのかもしれない。これが「信じる者は救われる」ということなのだろうか。

正当化された暴力怖かった。。。
お父さんが感情的になって1人で行動するたびに、ソワソワ落ち着がない気分になった。
話が進んでいくにつれ今まで明るみになっていなかった事件?がどんどん発覚していくストーリーだったので、飽きることなくむしろ引き込まれるように観ていた。

解説を読んでも犯人の目的が分からなかった。目的とかはもはや無いのかな?

あと最後穴の中に笛が落ちてたのはよくできてるなと思った。最後はきっと見つかったんだよね?
途中のジョイの発言に「??」となり、そこからストーリーに置いていかれてしまった。拷問シーンが酷い。
娘を必死に探す懸命なダディ。
ダディの監禁は無駄ではなかった。
ホイッスルが伏線になっていた。

以前見た事のあった映画だったが、内容はほとんど覚えておらず、
終始ハラハラしながら見ることが出来た。

登場人物が少なく、伏線がわかりやすい。そしてヴィルヌーブ監督の作品だけあって、救いはある。

教訓
子供から目を離してはいけない


以下メモ

・ジェイクギレンホールが珍しくまとも(?)な役(ただし今回も色々破壊します)
・雨と雪降りすぎ…あれは凍死するぞ
・ヒュー・ジャックマンがあの人を拉致監禁しなければ娘二人は早々に死んでいた可能性も高いし犯人は捕まらなかっただろうから…やりきれない
・拷問のやり方は素人だと思いました(私なら痕が残らないやり方にする)
・仲良し夫婦二組はもう元の関係には戻れないだろう。黒人夫婦はヒュー・ジャックマンが帰ってこないことを願っているだろうし…
・アレックス(仮)の言動が都合よく賢いのはちょっとご都合主義かな
・ラストはみんな音量マックスにしたんじゃない?
ドゥニ監督過去作ディグ。
キリスト教の教えの暗喩っぽいらしい。
片田舎のさむさむ地域でおこる子供の失踪と解決に至るお話。
ゾディアックでもおなじみ何かと謎に迫りがちおじさんことジェイクギレンホール。
警察としてはやらかしが多すぎて頼りない。銃もみ合いの末に取られて自殺されるとか。
というかここの警察の予算が…的な消極的捜査でいろいろ逸してる感否めない。
子供思いが行きすぎた信心深い親父ヒュー・ジャックマンの行動も警察の頼りなさから?しかし暴走と言っても限度がある。

私刑以外の何ものでもない。
よくもまあこんなに周りに出自のようわからん怪しい人物がゴロゴロしとるわな。

何人か容疑者が出るたび、こいつが怪しいあっちはこうだと二転三転。ラスト30分で大きなどんでん返し。

元を辿るとアレックスの叔母がマジモンのやばい殺人鬼で、自分の子供の死後敬虔なクリスチャンから神に叛くように、子供を誘拐し殺したと。
イカれ容疑者たちはみんな誘拐の被害者であり生存者だと。

幕引きも救いがあったのかなかったのか。恐らく助けられたんだろうが、直接は描かれない。

おもろいがさらに楽しむには教養がいる。
宗教は学問としては面白い。信仰はしないけど。
暗いよね〜…

犯人が割と複雑だった(私的に)。
でもジェイク・ギレンホールが出てる時点で、大どんでん返しでヤツが犯人だって7割終わるあたりまで疑ってた笑
名前もロキだし笑
警察やっててもなんか気味悪いのは、申し訳ないけど仕方ない笑

ガッツリ宗教観を反映させた作品らしくて、ネタバレ的なの読むと、ふ〜…んって感じです。

最後、ケラーが掘り出されなかったのは、中途半端な美的感覚??

また罪のない人がひどい暴行を受けてた…
父が踏み越えた一線って、ストーリーの中ではそんなに重要じゃなくされてるよね。
要素の一つではあるけど、特筆する程ではない。
なにかっちゃそういうキャッチコピー付けたがるのがなんとなく気に食わない笑
ネタバレ結論から
言うとアレックスの
叔母が犯人ですね!

キャンピングカーの持ち主
アレックスが疑われ
証拠が無く釈放された。

そんなアレックスを
子供の父親ケラーが
監禁&拷問
するんですよね!

顔パンパンで
生き地獄です!
悪く無いのにね!

途中
自宅周辺に姿を見せた
不審な男テイラーが
疑われ逮捕されるが
警官の銃を奪い自殺するんですね!

元々アレックスの祖母で
祖母の旦那であった男が
昔に子供達を連続誘拐
してたんです。

そしてテイラーは子供の頃
この犯人に
誘拐されてたんですね!

テイラーはFBIが
書いた本を参考に
自分を誘拐した犯人の
真似をしてたんです!

多数の誘拐をしている
真似っこで
子供のマネキンを
土に埋めたり

子供用の下着を購入したり
ケラーや黒人の子の
家にも子供の下着を
盗みに来てたんです!

犯人の迷路のくだりも
真似っこしてたんですね!
あと犯人が好きだった
蛇まで持っていましたね!

ただのアホで
ただの泥棒です!

そうのこうのしてる内に
黒人の子が戻ってきて
病室で「おじさんが来た」と
ケラーに言ったんです!

ピンと来たケラーは
大急ぎでアレックスの
叔母のとこに行き
叔母が招待を表し
地下に閉じ込められたんです!

叔母は元々誘拐していた
旦那を受け継いでた

そして動機は

子供をさらうのは
神に対する戦い

子供は信仰心を失わせて
ケラーのような悪魔を
作り出すんだそうです!

アレックスは子供達と
ドライブしただけで
関与してないんですね!

ずっと言ってましたよね
「僕のいるときは、泣かなかった」
「遊びたかった、それだけ」と
あと
僕はアレックスじゃないとも
言ってましたね!

アレックスも被害者で
幼少期に叔母の旦那に
誘拐されたまま
現在に至るんですね!

失敗と成功を繰り返す
刑事さんは最後
ケラーを助け出す事が
出来るのでしょうか…
初めてジェイクギレンホールを知り、速攻推しになった作品。何回も何回も見てますが、また見ました。なんだか癖になるのです。わたしの狂気サスペンス好きがこの作品から始まったように思います。
最初は本当にシンプルに騙されました。全くトリックに気がつかず…。謎の人物達に翻弄されました。数回見ていくと、所々にヒントでは無いですが、あの車の写り込みがあったりしてドキドキしました。
最初はもうヒュージャックマンの父親に、可哀想だなぁと同情してしまって。ヒュージャックマン目線で見ていたことに気が付きました。数回目でようやく、初っ端からクレイジーなヒュージャックマンに気がつくのです。明らかにクレイジー(笑)アンガーマネジメントをすべきだなぁと。
この映画の見どころは、グロさや犯人のヤバさでは無いと個人的に思います。個人的な見どころポイントは、ずっと平等に均等に冷静に物事を見ようとしていたジェイクが、ぶっ壊れるシーンです!尋問中に感情的になってしまい、結果的に殺してしまうところ。人間ってやっぱり人間なんだなと思うシーンです。どんなに理性でコントロールしようとも、こんな状況になったら出来ないのです。刑事には到底向いてないくらい、実は優しい心の持ち主だなぁと思いました。こんなんでは、刑事やっていけないのでは…(笑)
出てくる登場人物達はみんなクレイジーです。普通の人は1人もおらず。とても感情的。まぁそりゃそうか、自分の子供が誘拐されたら。犯人を捕まえたい、苦しめたい、どんな手でもいいから子供を助けたい。それだけで動かされたそれぞれの人たちの狂気がとても面白いです。
少し宗教っぽいところが出てきます。神父、蛇…。蛇ってなんだろうな。わかりませんでしたが。
終盤の保護された子供の一言で、めちゃめちゃ鳥肌が立ちます。凍ります。(笑)それだけでも見応えあります。ラストシーンの胸糞さは半端ないので、個人的胸糞映画シリーズに収めたいと思います。そして何故か何度も見たくなるわたしも狂気なのでした。
うまいなあ…。すんでの所で暗黒にならないのもいいです。それにしても無力な感じの女が一番しぶとくて怖い、みたいなの、ドゥニ・ヴィルヌーヴの映画でまた見た気がする。
>|

あなたにおすすめの記事