ピカソ-天才の秘密/ミステリアス・ピカソの作品情報・感想・評価

ピカソ-天才の秘密/ミステリアス・ピカソ1956年製作の映画)

LE MYSTERE PICASSO

製作国:

上映時間:78分

3.9

「ピカソ-天才の秘密/ミステリアス・ピカソ」に投稿された感想・評価

これは映画の音量を消し、好きな音楽をかけ、誰かと酒飲みながら、流しておきたいやつですね。
イシ

イシの感想・評価

-
『ブルーピリオド』(マンガの)八虎君みたいに、絵に「ばこぉぉぉーーん!」って(精神的に)殴られたことがある人には興味深いドキュメントかなぁ。映画としてはどうだろ。音楽が大仰でめんどいし、クルーゾーの映画だからな~ってことで無理してみなくてもいい気がする。

ていうかさー、ピカソの絵の裏側だけじゃなくて表から見せてよ~そっちのほうが絶対カッコいいし。

ぜってー今やめといたほうが良い絵やろ~~って思うところでもやめないで描きなおすのみてて、失敗を恐れません!! トライしてみるほうが大事~また描いたらいいし~~、っていう姿勢なんだなーって思った。
最後の絵の、夜のとこ好きだったけどなー。

絵やってるヤツでピカソが最大の巨匠で最高の絵描きだと思ってる人は少ないと思う。
でもやっぱ彼がすごい理由の一つはとにかく描きまくってるってことで、うまいのは当然うまいから、みんなが納得するキメ絵なんかすぐ描けるんだと思う。キメ絵にできるところで完成と決めないで、「あ゛ー!!」って全部消しちゃうのは、キまってる以上の絵、カッコいい絵のその先を描いてみたいからなのかなーとか、今回みなおして考えた。
昔、母は私にこう言った。お前が軍人になれば、将軍になることでしょう。修道士になれば、法王になることでしょう。そして私は画家となり、ピカソとなった。
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.0
あのパブロ・ピカソが絵を描くさまを時系列を追って体験できるというとっても貴重なドキュメンタリー映画。普通芸術家という方々の作られた完成品を見ることはできても、その作成過程を1から見れることはないのでとっても面白かった。映画を見てるとピカソはものの5分ぐらいで絵を描き上げてるように見えるものの、実際は5時間とか数時間をかけてるそうで、これは書いてる方だけじゃなくて撮ってる方もガチの真剣勝負だったんだろうなと伺わせる。何層も何層も何層も書き直し塗りなおしてピカソの作品が完成されていく様は感動すら覚える。書かれてる人物の顔というか表情がどんどん変わっていくのがとっても面白い。
日継

日継の感想・評価

4.5
なかなか面白い
クリアな映像を通してピカソのオカルト現場に立ち会うことができる。貴重。

〜45:30
dude

dudeの感想・評価

4.0
ひたすらにピカソの筆致を追うドキュメンタリー。長かったような短かったような、よく分からない奇妙な体験だった。どんな脳みそしてたらあんなもん描けるのか。
とはいえクルーゾーはカメラというフィルターの存在を強調していて、それはフィルム交換に間に合うかどうかのスリル演出や画面サイズの変化、作業時間を5時間から10分に短縮してしまうような編集であったりするわけだが、しれっと一番大きい仕掛けは絵を裏から写しているために左右が反転していることではなかろうか。最初に「画家の思考過程を知るには描く手の動きをたどれば十分なのだ」とか言ってるくせに全然理解させる気がないという...。まあ簡単に理解できるもんではないって話なんだろう。
ピカソブランド、と思っていたけれどやっぱ天才なのかもしれない。
あちゃ

あちゃの感想・評価

4.2
ピカソマジ絵うめぇ。なんかめに見えてサスペンスの演出盛り込んでてわかりやすすぎ笑

激クソつまらんファイヤー。

だから、寝るしかない。

なのに、音がでけぇ。

黙れ黙れ。 寝れないだろうが。
椿

椿の感想・評価

-
リアルだなぁと思った。画家が1枚の絵を描き上げるまでの過程って普通見えないじゃないですか、完成した絵しか見ないしそれじゃ過程なんか分からないじゃないですか。この映画はその過程がリアルな時間の中で描かれていてへぇ〜と思うことは多かった。ひたすらピカソの絵の過程が音楽と共に流れているだけだから気合入れて観ないと寝ちゃうけど。それも制作側の意図なんだろうな。伝わる人には伝わると思うし、ドキュメンタリー的な要素はとても強くて、余計なものは一切なくした感じ。何を伝えたいのかは端的にあってそこにひたすら執着したんだな、監督もピカソも、と思った。
>|