天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

1.8
家族に受け入れられていないと思った天才少年が家出し「アカデミー」みたいなところを目指して旅する。最後はお父さんお母さんに抱きしめてもらうありきたり映画で、特にいいとは思わなかった。
fumika

fumikaの感想・評価

3.9
科学と自然。想像力が科学を発展させる。そしてその発想の源は科学とは一見相容れない存在である水滴の流れのような自然現象や自然の美しさだったりする。

家族の話にフォーカスされていて、お互いの不思議な関係がよかった。
アメリカを縦断するときの風景が美しいし、演出が繊細で可愛くて楽しい。
hnk

hnkの感想・評価

4.5
ジュネ監督はちょっと世の中で生きづらい人たちの心理描写が本当に見事。アメリも然り。
mommy

mommyの感想・評価

3.9
この映画から、
家族としてのありかたを
教えてもらえるなんて思ってなかったのでとても良かった!

家族のカタチは
その家庭ごとに様々でOK。
というのを教えてもらえた。

たとえ、普通の家族じゃない。
と言われるとしても。
その家族のそれぞれが
幸せなこと、幸せにすごせること

それが一番。


男の子の冒険も、ドキドキした!
Franco

Francoの感想・評価

5.0
「天才スピヴェット」
アメリ、ミックマックなどの個性的な映画を撮り続ける監督ジャンピエールジュネ❗
モンタナ州の土田舎の牧場に住む主人公の少年、周りからは変わってると煙たがられていますが10才にして、発明や科学において、ずば抜けた天才でした。
彼には双子の弟がいるのですが性格は真逆でカウボーイのような性格、ですが不慮の事故で双子の弟を亡くしてしまいます。
そんなある日自分の発明を遠く離れたワシントンの学術の祭典へ年齢を偽って応募した所なんと大賞を受賞‼
彼は授賞式へと参加するため一人でワシントンへと旅に出るのです‼
ワシントンへと到着し、年齢を偽って応募した嘘を告白したのですが天才少年誕生に喜び盛り上がる大人達、テレビに出してお金儲けを考える大人達。
そんな中、いざ授賞式へ!
大衆、博士達の前でスピーチをする主人公自分の思いを伝えます‼
天才と言われても大人達から囃し立てられても、やはり子供として見て貰いたい‼
そんな彼がスピーチで伝えたかった事とは、、、
天才少年から見える空想とロマンに満ちた世界の形、欲に満ちた大人達の内面をコミカルに描いた映画‼
天才少年役のカイルキャトレット君、プライベートでも6カ国語を話せ、武術の7才以下の大会で3連覇と本物の天才だったようです笑
凄い(--;)
久々に観たジュネ監督作品。全篇アメリカ舞台のフランス映画。快活で家族に愛されていた双子の弟の死を機に家族内に居場所無く感じ思い悩む主人公の天才少年T・S・スピヴェット10歳。モンタナからワシントン、スミソニアン博物館での発明賞受賞式出席へ貨物列車で逃避行的一人旅。最後家族の愛にたどり着く、へんてこ家族もの&ロードムービー。若干辛気臭いがユーモア溢れる小ネタが効いたいい脚本。ジュネ監督らしい映像ギミックもちょこちょこと。貨物列車に積まれた展示品のキャンピングカーでの旅が快適そうでちょっと憧れる。最近いろんな子役を観てるが男児が可愛く見えるのは7歳くらいまでな気がする。本作の主人公は天才という役柄もあり、可愛らしさが足りずあまり愛せないのがちょっと残念。
Riena

Rienaの感想・評価

4.1
周りの大人の頼りなさがスピヴェットのしっかりさを際立てている。
ちはる

ちはるの感想・評価

3.6
幼い子供の心の中に
ひっかかっていたものが
取れた時に泣けます。

天才が何かやらかす
コメディかと思ったら、
そうでもなかった

面白く最後まで観れました。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画好きなんだよねえ
なにやら主役の子がカンフーの達人で6ヶ国語喋れるリアルでも天才らしい…すごい…
カウボーイのお父さんかっこ良かった。
ヘレナボナムカーター良かった。
後半もう少し頑張ってくれたら涙も流れたのに
ちょっと電車が長かったかな
TAROU

TAROUの感想・評価

4.5
どうやっても裏切らないジャン・ピエール。


最後に丸く収まる。
道中もまた面白い、観てて楽しくないわけない。
どうやったらこんな画がつくれるんな。

列車でパネルの夫婦に混ざるスピヴェットが最高。
テレビ出演を途中で帰る母親とスピヴェットを観て、ソファから崩れ落ちるお姉さんの画が好き。
ニーヴ・ウィルソン、ソウのシリーズに出てるらしいけどアレ痛いから観ない。