天才スピヴェットの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

天才スピヴェット2013年製作の映画)

The Young and Prodigious T.S. Spivet

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家…

天才ゆえひとりぽっち、12歳のT.Sスピヴェットは一本の電話を受ける。それは、スミソニアン学術協会から最も優れた発明家に贈られる〈ベアード賞〉受賞の知らせだった! 自分の世界をやっと見つけたと思い、モンタナの我が家からワシントンDCへと向かうと決心。夜明け前に家を飛び出すとそこは彼の想像を超えた世界が待っていた。数々の危険を乗り越え出会いと別れ、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは、大好きな家族だった―カウボーイのパパ、昆虫博士のママ、アイドルを夢見る姉、そして事故で亡くしてしまった弟。まだ少年のT.S.を目の当たりにし、ざわつく受賞式で彼のスピーチは人々の心を大きく揺さぶるのだった。

「天才スピヴェット」に投稿された感想・評価

派手な展開や演出がある訳ではなく、淡々と進んでいくようなイメージ。独特。

色彩も綺麗で見応えある。
sabo

saboの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

観賞日2018/06/12
2013年公開のフランス・カナダ合作映画。
監督は『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ。
モンタナの牧場で素朴な暮らしをする少年スピヴェット。
現代にあってまるで西部劇の世界に生きるような父、昆虫博士にしてトースター破壊の天才でもある母、アイドルを夢見る姉。主人公スピヴェットは幼少期より理論的に物事を考えることが出来、10歳にして無限運動の発明をするような神童。そして主人公とは対照的に運動能力に長けた双子の弟。
ある日双子の弟を銃による事故で失う。
弟の事故の原因が自分にあるという自責の念により、居場所をなくしたスピヴェット。
そんな時、スミソニアン学術協会からスピヴェットの無限運動の発明が認められ、ベアード賞を受賞したとうい報せを受ける。
自分の新たな居場所を求め一念発起し、ワシントンを目指し独り家を出る。

ジャン=ピエール・ジュネ監督の作品らしく、コミカルな映像表現がとても可愛いくてクスッと笑えます。
また登場人物の設定の細やかさ。
え?なにこの人?こんな人いるw?と思うのですが。
でも考えると人間誰しもちょっぴり他人をしてオカシイと思わせる変な癖や習慣や考え方があって当然なわけで。
そう考えるとスピヴェットと言い、アメリと言い、登場人物のチョイ役から主役クラスまで、リアル過ぎる設定だと思います。
すったもんだの挙げ句どうなるかと思ったら、あっさり両親といつもの生活に。
そりゃそうですね。(笑)
でもスピヴェットの勇気ある行動のお陰で、家族も弟の死を乗り越えてちょっぴり前に進めたのかなと。
相変わらず夫婦喧嘩をしながらも、ちゃっかりお母さんお腹が大きいとか現実より現実のような話だと。(笑)

ラストのスピヴェットの新たに改良された試作発明品がキュートでステキでした♪
とりお

とりおの感想・評価

3.2
落ち着いた雰囲気で
物語も激変よりかは
静かに変わっていく感じです。
家族の複雑さと愛情と
世間の容赦ない質問と剥き出しにされる感じが
マスメディアってこんな感じだなあと
客観的に見ちゃった
Toshimi

Toshimiの感想・評価

4.1
カウボーイの父,研究者の母,普通の姉と,銃が大好きな双子の弟
しかしある事件を機に家族の時間が止まってしまい、
科学的大発明を持って田舎の家から出て、大都会に旅に出る少年の物語

科学に精通した天才少年の純粋な心と、家族のあたたかさがとてもハッピーで、心があたたまる映画


自分も人類の夢の永久運動装置について、夢を抱き調べていた時期があって
難しいことをたくさん知って「結局でっかい会社の利益が損失するから社会的に開発されないんだ!!」とひねくれた考えをもち調べるのをやめたことを思い出した。笑
宇宙の法則に逆らった幸せな世界を死ぬまでに見てみたい
あーもう可愛い。アメリに雰囲気似てると思ったら、同じ監督なのね!なるほど!まさにフランス人監督が描くアメリカが舞台の映画って感じ。
モンタナの風景とか、小物とか、すべてのセンスが光ってた!おしゃれでかわいくて、それでいてちょっと毒っぽい。好き。

ストーリーも、軽い感じかと思いきや、至る所にヒントが散りばめてあって、作り込んでいる印象。見応えがあって楽しかった。
レイトンが死んじゃったこと、あまりにもあっさり描写されていて、え!?って思ってたけどそゆことね。誰も口に出せないくらい傷ついていたこと、ひしひしと伝わった。自分のせいだと思っていたスヴェットの気持ちを考えると切ない。でも、最後は良かったな。あの独特な不思議な家族の愛でほっこりでした。
A

Aの感想・評価

4.0
『ムーンライズ・キングダム』とBBCの『SHERLOCK』を家族愛でまとめ上げた感じ。カラフルな色使いで雄大な自然を映し、天才T.Sの頭の中を浮き出る文字やイラストで覗ける演出。可愛らしい。
特に気に入ったのは、弟レイトンとの会話と道中出会った人々と小洒落たセリフたち。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.8
ジャン・ピエール・ジュネ監督作品。
天才少年T.S.スピヴェットがワシントンへの一人旅する大冒険を描いた物語。

ジュネ監督と言えば、デリカデッセンとかアメリに代表される、何処かストレンジなブラックコメディのイメージが強いけど、
今作ではファミリーコメディに仕上がってる。どことなくウェス・アンダーソン監督風味。

スピヴェット少年の珍道中は、目が離せず、結構危ない事ばかりやってるので、ヒヤヒヤが止まらない。
ラストは感動的!と言いたいところだけど、両親が正直毒親気味で、スピヴェット少年の才能を潰さないか、そればかりが気になってしまった。笑
予備知識ゼロで見始めてなんとなく色合いというか、雰囲気の既視感があったのはアメリと同じ監督だったからなのか。。
長距離ドライバーのおじさんとかホットドッグ屋のおばちゃん、協会の受付のおばちゃんとかいい感じのサブキャラが多かった。
合間合間に出てくる図式とかのイラストがとても可愛い。
タピオカという名を犬につけるセンス!
おこげ

おこげの感想・評価

3.4
妹と一緒に。わりと普通の子で胸が温かくなったり、いじらしくなったり。
福之助

福之助の感想・評価

3.6
いかにもアメリを撮った監督作品ですね。おとぎ話の世界です。
主人公が天才の映画は大好きです。憧れます。
不思議な家族も見どころですが大人のいやーな部分も表現されていてそれを冷静に観察するTSが面白い。
お母さん存在感ありますね。(この女優さん大好きです)そんなこともあり観たかった作品。
映画全体の色づかいがおしゃれでした。