ダニエル・ラドクリフの マイ・ボーイ・ジャックの作品情報・感想・評価

「ダニエル・ラドクリフの マイ・ボーイ・ジャック」に投稿された感想・評価

もち

もちの感想・評価

4.0
第一次世界大戦時のイギリス、視力が悪く入隊検査で落とされ続けていた息子を戦時プロパガンダに携わっていた父親がコネで入隊させる。
将校として現地へ向かった息子だったが、ある日の突撃の後、忽然と姿を消してしまうのであった...

ダニエルラドクリフ主演、まだハリポタやってた頃なので若い😳
この話、あの「ジャングル・ブック」の作者が戦争で行方不明になった息子に向け書いた詩が原作です
「若者は皆戦場へ行き祖国を守れ!」と言っていた彼でしたが、その犠牲が大切な人に及んだ際の焦燥と葛藤が生々しく伝わる映画でした
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.1
第一次世界大戦時のイギリスの軍力が脆弱過ぎて切なくなってくる。

この当時の父親のマインドって今の我々には全く理解が出来ない。
作家ラドヤード・キップリングが戦地で行方不明になった息子に捧げた詩「My Boy Jack」の舞台を映画化したものらしい。

ダニエル・ラドクリフとキャリー・マリガンが姉弟役で共演してた。
お母さん役はSATCのキム・キャトラル。イメージ違いすぎて気づかなかった。

厳しい父の下に育ったジャック少年は軍隊に入りたいが視力が悪すぎて落とされる。それならそれで家で過ごせばいいじゃないのと思うが、ジャック少年はこの堅苦しい家から出たかったのだ。

自ら志願した息子を誇らしく思っていたであろう父と、視力が悪くて危険だと大反対する母娘。

これは嫌な予感しかしなかった。
メガネがヤワすぎるからすぐに落としてしまうだろう。

行かせてしまった、止められなかった、後悔してもしきれない家族の悲しみがつらい。最後まで一緒だった兵士もつらい。彼は一生あの時を忘れられず生きていくだろう。
犬

犬の感想・評価

3.4
眼鏡

第一次大戦下
キプリングは息子ジャックを戦場に送り出すため、あらゆる手を尽くす
そしてついに、ジャックは少尉として西部戦線に出征するのだが……

何があったのか

悲惨な戦場
アクションもあります

家族
悲しいドラマ

なんとも言えません
 派手さの無い戦争映画。
 国のために戦地に行きたいと願う息子。家族のために残るという選択肢はこれっぽっちも無かったのかな。
 残された家族の、息子の安否が気になって仕方がない姿が、見ていてつらかった。
ラドクリフ主演なのに何故かレビュー数が少ない。それにあまり知られてないのかなぁ。
これは戦争映画でしたが、評価程悪くはなかったように思います。(レビュー数少ないためあまり評価宛てにならないですが)
戦場に送り出した父親と、戦場に行った息子(ラドクリフ)のドラマ。
戦争のシーンがかなり少ないので銃撃戦とかを楽しむのには物足りなさは感じます。グロいシーンとかもありません。
90分の尺なので、短く感じます。
一応、お涙ちょうだい系です。
戦争ドラマ。

近眼のせいで合格しないのだが親のコネで入隊。

自宅で帰宅を待つ家族。

しかし行方不明となり・・・。
がく

がくの感想・評価

2.5
戦地に赴きたい気持ち
戦地に行かせたくない気持ち
戦地で名誉ある戦いに赴かせたい気持ち
家族それぞれの気持ちの交錯。

戦時中に我が息子の安否確認のためにあらゆるコネを使い情報を収集する家族の執念を見ることになる。
manami

manamiの感想・評価

-
必死に息子の情報を手に入れようとする母親が、とにかく痛々しい。「それが名誉の死だなんて、絶対に思わない」
暗い戦地と、緑豊かな故郷、対比が辛い。
魔法を使わないダニエルラドクリフ、初めて見た。
marumame

marumameの感想・評価

3.0
ジャングルブックなどで有名な作家ラドヤード・キップリングが戦地で行方不明となった息子へ捧げた詩『My Boy Jack』を元に戦争へ行った息子と家族の想いを描いたストーリー。
砲弾飛び交う戦場で死に向かっていく息子と、戦地にはなっていないのでおだやかにいつもと変わらないわが家で息子の安否で眠れない不安に包まれている家族の対比に胸がくるしくなりました。
国の為に死ぬのが名誉なことなのか…。
ラストの詩に父親の想いが詰まっていて、なんとも悲しかったです。
>|

あなたにおすすめの記事