レバノンの作品情報・感想・評価

「レバノン」に投稿された感想・評価

観ました。

戦車の照準器からの景色、動く音がとても不気味であり、戦車の中にいる人物がおかしくなっていく様がわかる。
静寂になったとき、結末がやってくる。
戦車外からのショットがほぼなく、現在の状況や居場所すらも鑑賞者は分からない、という一見駄目な演出が、しかし不明瞭な戦争の実態をこの上なく表現している。ドンパチやらないのは構わないが、いわゆる密室劇的な面白味も弱いのは残念。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.3
レバノン内戦は勉強不足で歴史的背景をいまいち理解しきれてなかったから自分の無知さに気づかせてくれたのと、
戦車の中からの視点が良かった。
凄い映画だった。戦車という密室の中だけの恐怖、葛藤、焦燥、緊迫感がはんぱじゃなかった。
これは監督が同じ経験をしたらしいと聞いていたので本当にそうだろうなぁと思った戦車の中の事をこれだけ克明に描いた映画は初めて見た。
ザン

ザンの感想・評価

3.3
あらゆる物をなぎ倒し破壊する無敵の戦車なのだろうが、その内側の操縦席には、惨状を目前にして恐怖に打ち震える若い兵士がいる訳で、それはまるで虚栄心ばかりで強がっている人間の内面を描いているようでリアル。
目新しい戦争映画かも✨

レバノン戦争という戦争に焦点を当てた作品。

物語は4人の戦車兵
戦車の中からスコープ越しに見た景色+戦車内で展開される。

分かりやすく言うと潜水艦の戦車版?💥


マイナーな配給会社でそこまで良いCGではないから映像的にはアメリカの戦争映画に劣るけど

このワンシチュエーションスリラーのような設定を取り込んだ戦争映画はリアルかつ斬新😍

″フューリー″に似てるけど
″フューリー″はエンタメ、こっちは地味目って感じ…

もしフューリーくらい金儲けてればもっと有名な傑作になってたかも😲


色んな戦争映画を見てきた人なら見る価値は十分あると思う👌
突然戦闘終了、
のラストシーンは好き。

でも、何故だか全編スタイリッシュに思える。

カメラにあざとさを感じてしまうからなのかな。

もっと正直そうに撮った方が…。


正直そうな脚本も、同様のあざとさの産物だとしたらどうしよう?
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞受賞作。レバノン内戦を舞台にして、ある兵士たちの様子を乗り込んだ戦車から一歩も出ない視点で描いていく。突っ込んでいく戦車の絶望感と視野の狭さがもたらす恐怖感が写実的なドンパチよりも効果的に伝わってきて、自分が映画で観ている戦争はあくまで「理想的」なものであることが良く判る。デシーカの作品を思わせるひまわり畑が冒頭に出てきてむむ?と思ったが最後まで見れば納得。前半の進軍時に比べて後半やや弛緩した印象はあるものの、カメラが外に出ないという壮大な映像実験としては成功していると感じる。
abekoh

abekohの感想・評価

3.3
息が詰まりそうな画角が延々続くので、閉所恐怖症の人にはオススメできない。
スコープ越しの戦争。
その一言に尽きる。それ以上でもそれ以下でもない。
>|