パパが遺した物語の作品情報・感想・評価

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

かすこ

かすこの感想・評価

3.5
家で!
お父さんは娘を手放さなかったけど、それが最善だったかはわかんないなー。
自分を愛してくれる人がみんないなくなって、恋人の思いも本当か確かめちゃう所が共感できた。最後はぽろっと泣いてしまった。
Sei

Seiの感想・評価

3.9
今後カーペンターズのClose To You聴くと多分、親子で歌ってるシーンと大人になった娘がヤケになって酒飲んでまた自分の空虚感を埋めるためにしょうもない男に持って帰られようとしてる時にバーでかかってて泣きながら”パパに会いたい”って言うシーン思い出すなー

事故の後遺症で躁鬱病?になってしまったのに身内も責めて(攻めて)くるし、誰もサポートしてくれない中、娘を育てる為に一生懸命になるラッセルクロウのパパ役めちゃくちゃよかったです。最期あっけなかったけど、、、。パパの最期の傑作、Father & Daughter、読んだら泣けそう。(笑)

最後キャメロン?普通に戻ってくるのは個人的には謎。
まだ観てないが、ラッセルクロウと聞いては観ないわけには行かない(笑)

カーペンターズなのね、良い曲♬

レビューは後ほど…(๑>◡<๑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鑑賞終了

父と娘の幼き日の思い出と25年経ってなお苦しみながら生きてるケイティの物語。

時間軸が現在と小さい子供👶のケイティと行ったり来たりで、なるほどなぁっと。

ようは、ジェイクが車の事故🚗起こして妻を亡くし、障害を持ち、頑張ったけど治らない。金も底をつき、小説もうまく行かず、それでも娘と暮らしたいがために懸命に奔走する、、、はたから見れば、破産もしたしとんだクズな親父ですが、ケイティにとってはかけがえのない良き思い出。

25年経って、ケイティは若干セックス依存に陥り、でも運命の彼氏に出会って、真面目に生きていこうとするが、セックス依存症はなかなか治らない。一度は別れるけど、一人で考えてBarで呑むケイティ、、、またゆきずり感覚で男?と店を出ていこうとした瞬間、幼き頃に聴いたカーペンターズの曲、、、そこではじめてケイティは本心を吐露する。『パパ、逢いたいよ・・・グスッ』わかるよ、ケイティ😭
なんだかんだで元サヤに収まってハッピーエンド。良かったんじゃな〜い(笑)

総括としては、ラッセルクロウもうおじいさんになっとる:(;゙゚'ω゚'):
だが、相変わらず障害者の演技うまいなぁ

あれーっ、、、

思ってたのと違ったなぁ。
パパの愛がいい

愛無くして人生は語れまい
さと

さとの感想・評価

3.4
お父さんとケイティとの日常とか、お父さんが一生懸命ケイティを愛する様子に感動した。
途中までいちいち泣けて感動したけど、ラストの方が急で終わり方がちょっと残念。
お父さんが亡くなってからケイティがどんな育ち方したのかがほとんど描かれてなくて、トラウマの説明が足りなかったと思う。
それから恋人が戻ってきた理由もよくわからなかった。

全体的には感動したし、ラッセルクロウの演技がすごくよかった。
カズ

カズの感想・評価

3.8
母親を失った父と娘。それぞれが抱える孤独と苦しみ。父は決して娘を義理兄に預けず男手一つで育てようと奮闘する。苦しみや悩みが物語を書き上げる力となり、有名になる。事故で傷ついた身体をと戦いながらも、娘に愛情を注ぐ。娘は母親を失った悲しみ、父を失った悲しみから、男に抱かれることでそれを忘れそうとする。また孤独な女児をケアすることで自分と同じようにはなって欲しくない思いから、寄り添い助ける。自らは本当の愛に怖がりながらも、最後は本心を放ち、受け止めてくれる男性に出会う。愛の育ち方、愛の大切さを考える、決して思うようにはいかない人生の中で大切な人に対して自分が何ができるのかまた考えさせられる。エンディングテーマジンときた。
a

aの感想・評価

3.1
記録
Yuu

Yuuの感想・評価

2.0
キロク