パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    普通に見たら、大人になったケイティのすさんだ姿に呆れて、冷めた目で見てしまったかもしれないが、前日に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を見たばかりだったので、愛する家族を不慮の事故で亡くした人の心に受ける傷の深さやトラウマの恐ろしさを感じ、神妙に見てしまって、涙が出た。

    邦題は、勝手に説明を加えてしまっていて、これまた、残念だ。原題は、「Fathers and Daughters」で、このタイトルは、今作において重要なタイトルなのであるから、これは、このまま残して欲しかった。
    お父さんに会いたくなります。アマンダ・セイフライドがかわいい作品なんですが、なんでそうなってしまったのかという描写がわかりづらい。過去と未来の場面が交互に展開されますが、過去の話はいい話です。家族を大切にしようと思いました。
    父に会いたくなる映画。

    To katie.
    My potato chip,who I love more than the last number.

    "Men can survive without love. But not does women."

    「パパのことは ものすごく愛してたの」

    「毎晩 徹夜で書いてた」
    「それが最後の本よ」
    「私についての話」

    「本当は決して 娘を手放さなかった 父親の話よ」
    「どれだけ私を愛したか そして別れていくかを 語りかけてる」
    「そういう本だったの」

    号泣した記憶…音楽も良い…
    ただ一つ言えるのは邦題がクソ…

    エンディングの曲の歌詞が良すぎた。。

    "もし星をつかめるならば
    1つ残らず盗んであげる
    君が生きていくなかで
    たくさんの夢が叶うように
    でも いくら計画を練っても
    思いどおりにいかないね

    もし約束を守れなくても
    いつか君は分かってくれる
    試練があっても 君は強くなれる
    君の心のなかに 僕が住んでるから
    水面の月光のように
    大空の陽光のように
    父と娘に“さよなら”はない"
    パパの愛情を知っていながら、、何故?と思わずにはいられない、主人公のクズさ(笑)
    とっても心暖まる親子愛だった。
    彼女のトラウマを優しく包んでくれた彼も心優しく、人間の心の温かさを改めて感じ取ることが出来る作品。
    美しい親子愛を見たって感じです。そして、父を失っても尚、娘の中に父が居続けているように思いました。
    ケイティの幼少期はほんとに可愛らしかったです。ジェイクがお迎えに遅れてしまって拗ねるところも可愛かったですね。
    観ると両親を大切にしようと思える作品です。
    現在の話と過去の話が同時平行で進みますが、過去の話の方がいいですね。ラッセル・クロウが上手。女の子も上手でかわいい。アマンダ・セイフライドが荒れた理由が徐々に分かってくるんだけど、結果的には深くは分からない。もう少し、現在と過去がリンクしてればよかったかも。

    ダイアン・クルーガーがもう少し出番があるとよかった。ブルース・グリーンウッドと2人で1役みたいになった分出番が少なくなってしまった。残念。

    あの黒人の子は『パピー』の子ですね。大きくなったなぁ。

    3.ラッセル・クロウ➡
    『パパが遺した物語』
    4.アマンダ・セイフライド➡?
    『Close to you』が流れてケイティを正気に戻すシーンが素敵
    お父さんが引き止めた!って思った

    娘の為に頑張るお父さんの姿はなんとも言えない(ラッセル・クロウの演技が凄い)
    あと、キャメロンがどことなくお父さんに似ている

    王道なストーリーと言われればそうかもしれないけど、こういう話は何回見ても感動する
    2017/6/9
    こういう役はラッセル・クロウはまり役
    ケイティの子役がめっちゃ愛らしい。現代のケイティが荒んでたけど、あんなに愛されていたのに、それが深い過去のトラウマに繋がる事にそこまで共感できなかった。