パパが遺した物語(2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イタリア
  • / 上映時間:116分
    監督
    ガブリエレ・ムッチーノ
    キャスト
    ラッセル・クロウ
    アマンダ・セイフライド
    アーロン・ポール
    クヮヴェンジャネ・ウォレス
    ダイアン・クルーガー
    ジェーン・フォンダ
    ライアン・エッゴールド
    カイリー・ロジャーズ
    オクタヴィア・スペンサー
    ブルース・グリーンウッド
    ジャネット・マクティア
    ヘイリー・ベネット
    あらすじ
    小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

    「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

    エンドロールで流れる曲が良くてすぐにApple Musicでとった…

    レビューにケイティがクズすぎるみたいな意見があって悲しすぎる、大切な人を亡くしたことがないんだろうか
    泣ける感じぢゃないのが意外!
    みんな共感出来たけれど、父親より彼氏が良かった✨
    素敵すぎ!
    パパパートをもう少し抑えて
    娘パートを深く多くしたら
    もっとよかったと思いました。
    なんだか惜しい作品。
    ラッセルの笑顔はいいね〜好き。
    ラッセルクロウにアマンダに、え、ブレイキンバッドでヤク中を演じたアーロンポールが素敵彼氏役で出てる〜!笑

    親子の愛や人を許すこと、優しい気持ちがたくさん詰まった映画だと思います。

    Carpentersのclose to youが劇中で本当に素敵な使われ方をしていて涙が…
    ファザコンって言ってしまえばそれまでだけど、愛が足りない女性にぴったりの映画。なんの愛がほしいのか。愛ってなんなのか。
    普通に見たら、大人になったケイティのすさんだ姿に呆れて、冷めた目で見てしまったかもしれないが、前日に「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を見たばかりだったので、愛する家族を不慮の事故で亡くした人の心に受ける傷の深さやトラウマの恐ろしさを感じ、神妙に見てしまって、涙が出た。

    邦題は、勝手に説明を加えてしまっていて、これまた、残念だ。原題は、「Fathers and Daughters」で、このタイトルは、今作において重要なタイトルなのであるから、これは、このまま残して欲しかった。
    お父さんに会いたくなります。アマンダ・セイフライドがかわいい作品なんですが、なんでそうなってしまったのかという描写がわかりづらい。過去と未来の場面が交互に展開されますが、過去の話はいい話です。家族を大切にしようと思いました。