パパが遺した物語の作品情報・感想・評価

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

やまち

やまちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルからして感動作。
原題の方が好きだけど、邦題も悪くない。

事故で身体が不自由かつ貧乏な父親が、それでも娘を愛した話。


ポテトチップが幼少の時、2人でClose to you を歌うシーンには涙。

自分を見失いそうになった時、父親との思い出の曲が流れた時、自分の愚かさに気づいてよかった。

”Like moonlight on the water, and sunlight in the sky
Fathers and daughters never say goodbye”

父親と娘に”サヨナラ”は無い。
てり

てりの感想・評価

4.5
パパが全ての愛を娘の為に捧げた。
娘と二人で歌いながらのシーンは最高に幸せな時間だった。
パパの人生は幸せだっただろうか。娘の成長をみとどけたかっただろう、毎日愛してると言いたかっただろう。
無我夢中に戦ったパパ。
実在しないけれど、出来上がった小説は絶対読みたいと思った。
幼い頃に世界で一番愛してる人を
失くしたケイティ。

その愛の溝は大人になっても
埋まらない。

失くした辛さがわかるから
ちゃんと愛せない

もう失いたくないから

気持ちがすごーくわかった。

映画の間
5回くらい泣いた。(笑)
何回観ても泣いてまうやつ。逢いたい人に逢えない苦しさみたいなのとか、本気になるのが怖かったりとか、愛したくても分からなかったりとか、みんな分からんから泣ける映画なんかな。
ラッセル・クロウってとこがまたいいんだよなぁ。
aokoh

aokohの感想・評価

3.7
ラスト。Michael Bolton - Fathers and Daughters 。良かった。ラッセルクロウ。相変わらずすごい。8歳の娘への愛が深くなる。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
自らが運転した交通事故で妻を亡くした作家ラッセル・クロウの話と、娘の性依存症のアマンダ・セイフライドの話があまりリンクしないので、平行線のまま終わった感じ。
バカラックの名曲『Close to You』も、あまり効果的に使われているとは思えない。
事故の後遺症に苦しむラッセル・クロウの演技は素晴らしく、彼の芝居を観るだけで合格点。
YR

YRの感想・評価

3.4
記録
かすこ

かすこの感想・評価

3.5
家で!
お父さんは娘を手放さなかったけど、それが最善だったかはわかんないなー。
自分を愛してくれる人がみんないなくなって、恋人の思いも本当か確かめちゃう所が共感できた。最後はぽろっと泣いてしまった。