パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

れぼこ

れぼこの感想・評価

3.5
ラッセル・クロウもアマンダ・セイフライド共に大好きな役者です。病と闘いながら娘を守ろうと必死な父親、自分を大事に出来ず大人になっても父親を忘れられない娘、二人共演技は素晴らしかったです。内容としてはストーリー的に成長したケイティの病み加減が可哀想で、見ていて辛かった。ケイティを養女にしようとする二人の言い分は間違ってはいないにしても、やはり自分達のことを最優先に考えているようにしか見えず腹立たしいし。最後まで見て色々足らないかなと感じてしまうのは部分もありつつ、ケイティの幸せを願うに尽きました。
とろろ

とろろの感想・評価

3.3
父と娘の幸せな生活のシーン好きだったなぁ 愛を知ってるが故に喪失感に耐えられなかったんだね
masa

masaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

父と娘の深い絆を描いた涙必須の物語。

ラッセル・クロウ演じる娘を溺愛する父親っぷりが最高でした。

小説家の父親が、ある理由で亡くなってしまい、その亡くなる前に執筆した「父と娘」の小説の本当の意味を知った時に涙。

設定上、メッセージ性が高く素直に感動してしまった作品でした・・。

正直「父親が亡くなってしまった後」が面白かったです!

「父と娘」の小説が大好きなある人物が登場してから、たくさんのことが見えてきます。

娘のケイティの心情や言動の変化を感じるシーンが多数あります。

にしても、ラッセル・クロウは本当によかった(笑)
りぃ

りぃの感想・評価

3.6
事前に情報入れすぎて泣けなかった。
ただエンディングの曲めっちゃすき。
199782

199782の感想・評価

3.8
Father&Daughterの歌がしみる
まる

まるの感想・評価

3.3
「父と娘」の物語が永遠に手もとに存在しても、実在にはかなわず心の穴が埋まることのなかったケイティの成長後の姿に、父の愛の深さを思う。エピソードの繋がりがやや散漫な印象も受けたが、演技が皆自然で魅せられた。
泣ける映画かと思ったが、意外とそうでもなかった。
うっち

うっちの感想・評価

3.0
もう少しお父さんの物語に触れて欲しかった感。
Kanako

Kanakoの感想・評価

3.1
邦題とずれている、というより邦題がずれている

成長後のケイティにガッカリだし、まあそりゃそうなるよなという感じで、ここまで来るともはや病気なんじゃないかレベルで逆に可哀相に感じた
家庭環境の変化によってよくない成長の仕方をしたのは言うまでもないが、それにしてもこの設定はやりすぎ感があったしなぜそう結びつくのか分からなかった

少し非行して立ち直るならまだしも、エンディングまでケイティはやらかしっぱなしだし、最後だけ綺麗にまとめようとしても何一つ解決していない
総じて大半の成長後のケイティのシーンはいらなかった
の

のの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

愛娘をポテトチップスって呼んでるのが可愛らしくてたまりせんでした。お父さんが倒れて物音で目を覚ますシーンなど悲しくて泣きました