パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

miyuki

miyukiの感想・評価

4.2
アマンダが好きすぎる。
カーペンターズの歌も良い。
やっぱり私はこういう系統の映画好きなんだな。1人で見るのにはとてもよい。
みかん

みかんの感想・評価

3.5
My potato chip.
早くに交通事故で母親を亡くし、父子家庭で暮らすケイティ。父親はなけなしのお金でケイティを立派に育てるため毎日徹夜で小説を書き続けます。でも幼いケイティにはその思いが伝わらず、不満は増幅していくばかり… とうとう愛情を知らない娘に育ってしまいました。が、そんなケイティの前に1人の男性が…
RikaA

RikaAの感想・評価

-
ラッセルクロウ…苦しいなあ。
こんな父親がよかったわ。
私もポティトチップ!とか呼ばれたい人生だったわ。
もうclose to you聞く度に二人を思い出します。
Riko

Rikoの感想・評価

3.2
父親と娘でclose to you歌うシーンが好き。
音楽とか設定は好きだったけど、
感動はしなかった。
スーパー父っ子なわたしにはグッとくるシーンもあり
とてもよかったです!
でももっとパパとのやり取りの深いところを
見たかったなぁというかんじもあり…
物語ももっと詳しく見たかったなー(´・ω・`)
soso

sosoの感想・評価

4.6
対等に争える法律はアメリカにはないのかな?
ちょっと伯母さんうざすぎ
MikiSato

MikiSatoの感想・評価

5.0
そこにいてくれてありがとう!という感じ。

愛されている、という感覚が、どれほど人を救うか。
たったひとり、心の隙間に愛を注いでくれる人がいるだけで、人は満たされる。

愛されたいと思う。
でも、まずは愛することから始めようと思う。
ラッセルクロウっていいなー。
野生的なんだけどとっても理性的な感じがする。
物語もなんか静かでさらりとしていていい。
簡単なハッピーエンドじゃない感じがいいな。いろいろあるけどそれでも生きていくみたいな。稚拙な言葉だけれど。
人は今現在を過去と共に生きているのかなと感じた。
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.2
びみょす……
感情高ぶりぃ〜⤴︎ぃ〜⤵︎っていう感じで最後まで大きな感動はなかったです。
バーのところのclose to you、子役の可愛さ、ポテトチップっていうあだ名、事故の後遺症の葛藤、なんか好きなところは好きだったけど感動しきれず……
うーむうむ、、でした
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

1.5
ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライド主演の映画。交通事故で妻・母を亡くした天才作家と娘の絆の話。娘持ちの友達におすすめしようと思ったが、あんまり感動的でもないし、結末も先読みも出来るし、演技が上手くても見る価値がみつからないので、結構退屈な作品。