パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

koh

kohの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

夫婦喧嘩中の車の事故で母を失い、父親(ラッセル・クロウ)は病気を抱えたまま、なんとか愛する娘ケイティを養おうとするパートと、25年後の、心の隙間が埋まらないままのケイティ(アマンダ・セイフライド)のパートで描かれる。

終盤までハッキリとは語られないが、心の隙間は父の死によるものであり、経済的に苦しくても、病を抱えていても、手放さず大きな愛を与え続けた父の死を受け止め、前を向けるのか。

いい映画なんだと思いつつ、響かなかった。わたしがきっと悪いんだな。
案の定ぼろ泣きした〜アイアムサムを思い出した〜〜切ない。
もっとパパの小説の中身知りたかった邦題に騙された感。
子役ケイティ死ぬほど可愛い。
ちか

ちかの感想・評価

3.0
なんか消化不良。
ハッピーエンドなんだけど、そこに至る経緯をもうちょっと欲しかったような。

ハッピーエンドじゃないことが救いになることもあるような気はします。
絵本を読んであげた天使が、
僕に夢を与えてくれた。


娘をただ直向きに愛する父親
ダメだ……俺こういうの弱いんだ……。

娘のために頑張るパパpartと
大人になり、ココロにぽっかり空いた穴をどうしたら埋められるか悩む娘partとが交互に描かれていきます。

様々なことが継承されたり、カタチを変えたり、失われたり。
そんな大きな時間の変化をアッサリと描くことによる残酷さというかなんというか。
胸が締め付けられますね。

何気ない普通の日々の愛おしさときたら……。
僕はきっと将来自分に子供ができて、自転車を補助輪なしで乗れるようになったりしたら号泣しちゃうんだろうな〜なんて何段階先の話だよっていう。

ラッセル・クロウに何度も泣かされました。
1番好きのは
「今日はパパ早く着いたんだ」
ってセリフのところ。
あの無理して笑う感じが本当に見てて辛くなっちゃう。

愛のないセックスをただ情報として描くのと対照的に、ここぞってところでとても愛おしく美しく描いているのも秀逸ですね。

エンドロールのときは「close to you」じゃねーんだって思ったけど、このエンディングソングがこれまた名曲ですね。

"絵本を読んであげた天使が、僕に夢を与えてくれた"

グッときますよ。


ラッセル苦労
アリサ

アリサの感想・評価

3.7
事故で奥さんを亡くした小説家が自身も病気と闘いながら幼いひとり娘を育てるおはなしなのだけど、邦題からパパも死んじゃうことが予想できるので、少しびびりながら観てた。
幼きケイティがほんとに可愛くて愛らしくて成長したらアマンダ・セイフライドになるのがぴったり。
ケイティの抱えていた自分でもわからない何かが共感できた。全然ことばにできないあの感じがとてもよかった。
歌が沁みた。
テラ

テラの感想・評価

3.5
カーペンターズの名曲「close to you」と共に物語は進む。
流れる度に心が動かされる。

不器用ながらもとても良い父で、その愛を娘は感じていたが、志半ばで亡くなる。
ラッセルクロウは不器用な役が多い、いい味出してる。

やはり両親の愛を知らずに育つと、寂しさが原因で何か問題をもつ可能性が高いと思う。
自分は子供に愛を伝え続けようと思う内容でした。
mppo

mppoの感想・評価

3.4
もうひと超え、父と娘の感動が欲しかった。

育った家庭環境は、価値観・生き方に大きく影響する。
愛する人を失う悲しみは、人を愛することが恐怖に感じさせてしまう。
ただ、ハッピーエンドで良かったけれども。
小説家のパパを亡くした娘の回想録。
思ってたよりディープな内容にびっくりしたけど感動した。

挿入歌カーペンターズのclose to youがいい味出してる。
これは泣くだろうなと思って観始めたけど案の定何回も泣いた!ケイティがまだ小さい時のパパとの日常がほんとに微笑ましかった。ラッセルクロウのお父さんすごく素敵だった〜 ここ最近アマンダの出演作ばかり観てる気がする
眠い

眠いの感想・評価

3.0
親権争いで体力とお金減らされるのほんと迷惑!!!!父親が良いって言ってんじゃん!!!