パパが遺した物語の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パパが遺した物語2015年製作の映画)

Fathers & Daughters

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、…

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。25年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、悲しい経験から人を愛することができなくなっていた。そんな時、父が自分と娘のことを綴った遺作を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。 ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするのだが──。

「パパが遺した物語」に投稿された感想・評価

Topaaaaz

Topaaaazの感想・評価

4.5
ラッセル・クロウとケイティ役の女の子
親子の愛が溢れてた
2人ならんで カーペンターズの close to you を口ずさむところが とてもよかった

成長して 幼かった頃の彼女はどこにもなくて 大切な人だけじゃなくて自分自身も傷つけたり…どうしてそんな風にしか生きられなくなっちゃったんだろ…てこっちまで苦しくなった

そんな時 ジュークボックスから流れてきた曲…
現実の自分、幼かった頃のパパとの思い出
彼女の口から出た言葉に 涙が止まらなかった

彼女のこれからの幸せを見守りたくなった。
sommer

sommerの感想・評価

3.8
共感、感情移入しすぎて観終わった後もずっと号泣してた。
人からの愛を信じることができない、信じることが怖い。心の空虚感や穴を埋まらないのに、埋めたくて傷付ける。
愛していても、失ってしまうのが怖いから。
chan

chanの感想・評価

4.0
号泣した。

こんなにあったかい父娘の愛ってあるかなあ。愛しか感じられなかった。

幼い頃の経験って忘れててもその人の人格の深いところを築いてるから、ケイティは辛くてもそこに愛があったことに気付けたから乗り越えられたんだろうなあ。

あとキャメロンみたいな人好き。どこかブルックリンのトニーに雰囲気似てる感じ。
親子の絆の物語なのか
ケイティの心の傷の物語なのか
中途半端なのが残念だった
Mika

Mikaの感想・評価

4.0
親子の愛って本当に特別だね。何事もなくこれまで家族と生きてこれたことに幸せを感じた😢
たーに

たーにの感想・評価

3.5
こういう雰囲気の作品が好きです!

ケイティが心の隙間を埋めようと色んな男と寝てしまう姿と、お父さんと過ごした楽しかった時間の映像が交互に映し出されて、切なくなります。
最後にお父さんが残してくれたのは、生涯最高の本とその売り上げではなく、娘に対する本当の愛だったという事にケイティが気付けてよかった。
ケイ

ケイの感想・評価

3.4
ラッセルクロウの演じる父親に本当に泣ける。アマンダの演じる娘役もかなり切ない。
いい映画だった。
ラッセルクロウもケイティ役の二人も良かったけど、ルーシー役の女の子がとても良かったな。
aya

ayaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いい映画だし泣いたけど、最後は恋愛でまとめないでお父さんのこともっと取り上げて欲しかった。
ポテトチップって響きめっちゃいいし愛情感じる〜〜
okkkkkyyyy

okkkkkyyyyの感想・評価

3.4
幼い頃のケイティがただただ可愛い。

ラッセルクロウ演じるパパまじやばい。みてて胸が締め付けられるシーン沢山。現在と回想を行ったり来たりしながら物語が進んでいく。ストーリー的にはよくあるやつ。こーゆー映画はセリフが大事だと思う。