キャタピラーの作品情報・感想・評価・動画配信

「キャタピラー」に投稿された感想・評価

jun

junの感想・評価

3.1
日本の歴史の中の一つであろう出来事。全国で何かしら映画に似た出来事はあったであろうと思う。寺島さんの演技に感服。目を背けてはいけないと思いつつ最後までキツかった。何どもは観れない。
芋虫×天罰×戦争

ちょいちょい挿入される実際の映像は現実を見せつけられるが映画は微妙。
r

rの感想・評価

-
ハード
何かと欲に左右されていい事はないなと改めて感じます。
江戸川乱歩「芋虫」
手足を失って軍神って崇められるってどうかしてるな。
ただ何をメッセージとしてるかはいまいちわからなかった。
戦争は悲しみしかない
あんな身体になって
勲章3つ?
戦時中に自分の罪悪感に
気がおかしくなる
日本人である私が戦争を語る術もないのが情け無い。反戦映画なのか、夫婦の物語なのか、、
とにかく興味本位で見ない方がいい。
現実に想像できないくらい悍ましい話だか寺島しのぶのアップの演技が多くまさかの感情移入できた。
凄かった。とにかく凄かった。圧巻。

このレビューはネタバレを含みます

『ジョニーは戦場へ行った』と江戸川乱歩の『芋虫』をモチーフにして作られたという映画。
少しずつ正気を失っていく夫婦の姿に、戦争の愚かさを見た。

それにしても久蔵さん、あなた戦地に赴く前から好青年の皮を被りながら、なかなかいい性格してたんじゃありませんか。
子供が産めないからと毎晩妻を殴り、罵り、性交を強要する。
戦地に行っても、そこで強姦、虐殺。
果てには芋虫になって戻ってきて(これは久蔵さんが悪い訳ではないけど)、妻を蝕み続ける。
芋虫に成り果てた夫を前に、段々とサディスティックに開花していくシゲ子さんが、哀しいほどに魅力的だった。

今で言うところのPTSDに苛まれ、土間でのたうち回る久蔵さんを見つめながら「いーもーむーしーごーろごろー」と笑い、歌い始めるシゲ子さん。
戦争って本当に、なんの幸せもないなと思った。

1945年 終戦。
まだ100年も経っていない。
四肢を失った男が軍神と祭り上げられる、戦争英雄の虚像の上で描かれる夫婦の物語とその顛末が、反戦をテーマにしていることはあからさまだけど、つまり何が言いたかったんだろうと考えても、正直良く分からない。

物語のベースとなるこの男は後半、自らの戦場でのある不道徳な行為に苛まれるんだけど、その行為は男が元々持っていた猟奇性が顕在化した(そして四肢を失ったのはその結果)のであって、戦争というものが男を変えた描写もなく「戦争って恐ろしいものなんだよ」っていう思考に繋がらないんだよな。戦争で人格が変わってしまった、というなら分かるんだけど。
そういう人間を英雄扱いして利用しようとする、日本の戦時中の国策への批判もあるんだろうけど、その割にはフォーカスが夫婦の生活に終始してるのでオマケ程度にしか感じられない。
なのに最後の最後に戦時のアーカイヴ映像流してみたり戦争で何万人が犠牲になりましたとか出してみたり、急に「戦争」反対みたいなメッセージをハッキリと出してくるので、薄っぺらさは否めない。
第2次世界大戦で両手両足を失い日本に帰還した軍人の男とその妻の姿を描く人間ドラマ。

主演の寺島しのぶが、第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞。

四肢を失った夫の旺盛な食欲と性欲に戸惑いながらも尽くす妻を演じた寺島しのぶ。とにかく、彼女の理屈を超えた気迫の体当たり演技が凄い。

反戦映画というより、かなり特異なエログロ作品。不快な描写が多くて二度と観たくないが、寺島しのぶの存在感には圧倒された。
deenity

deenityの感想・評価

3.5
職場の方に勧められた作品。まさにパッケージ通り、戦争により四肢を失い、それでも生きて還り「軍神」と崇められた男のヘビーな話。四肢どころか声も発せられないは耳は聞こえないはで、辛うじて生きて戻っただけという感じなんですよね。
いやまあこう表現するのは本当に不謹慎な気がしますが、原作の江戸川乱歩のタイトル通り、「芋虫」そのものなんですよね。実の弟ですら兄の見舞いに来ても直接顔を見ないシーンとかもありますが、まあ見てられないんでしょうね。それくらいに戦争の被害というのは恐ろしく、またそれでも尚恐れるのではなく、軍神として士気を高める的な発想になっていくのはまさに戦争の異常性が垣間見えていて、畑仕事しかできない人は人非人的な感覚も戦争映画として面白い作品だったと思います。

ところで、本作の主役は軍神の久蔵ではなく、間違いなくその妻を演じた寺島しのぶでしょう。軍神の妻として、食って寝て求めて、しかない日々を過ごしていくシゲ子。
その状況の辛さ、いらだち、悲しみを共感してくれるような人は時代柄誰一人としておらず、やり場のない苦悩を抱えながら介護し続ける毎日。
亭主を立てるのが当時の常識で、それにも関わらず嫌がらせしたり殴ったり、その行為自体がいかに彼女を追い詰めていたかがわかるし、この旦那は何の役に立つのかと言えばまあそれしかないですわな、というのもよくわかる。
でもやはり見ているだけでもしんどくなりますね。終盤の笑い声には恐怖すら覚えますし、濡れ場がある云々だけでなく、文字通り体を張った演技だと思います。

本作は間違いなく寺島しのぶの熱演で成り立っています。脚本自体に文句はないですし、妻に焦点を置くことで、また違った角度で戦争について向き合えたのよよかったと思います。
しかし、あのフラッシュバックは蛇足かなと。基本が妻の一人称視点なのだから、本作はそういう作品だということを貫けばよかったと思います。もうちょいその辺りを工夫してくれるといいんですけど、あれでは些かチープ過ぎて興ざめします。

このレビューはネタバレを含みます

起こってしまったこと、戦争の被害に遭われた方など、悲惨な出来事だと思いつつ、戦争をやった人間は馬鹿だ、戦争は馬鹿げているという考えなので、戦争映画は苦手。あと、この作品はめちゃくちゃ世界の賞レース意識してる感が強く出過ぎてて腹立った。日本の悲劇を映画にしましたドヤァみたいなのを感じすぎる。エンディングソングとかも好きじゃない。戦争の悲劇のおぞましさよりも「私たちが戦争の悲劇を世に残します!!!」という特に戦争に思い入れもなさそうな人間の浅ましさみたいなのが見える。

寺島しのぶが銀熊賞を取った作品だし、このしのぶはすごいと絶賛されていたのでめちゃくちゃ死ぬほど期待して観たら、別に死ぬほどすごい訳ではなくて拍子抜け。しのぶってあの顔の割に声が無駄に可愛らしいから凄みみたいのが出てなかった。肝心の濡れ場も中途半端だし、泣きのシーンは前半は「おおっ」って思ったものの、ありすぎて途中で飽きた。女の浅ましさが顔に出始めるシーンは好き。セックスの時明らかに面倒くさそうにしてるの声上げて笑ってしまった。

しのぶよりも、大西信満の方がすごく感じた。というか顔が良い。声も出せず、体でも表現出来ず、呻きと表情だけで演技をしなければいけない中で、戦争のおぞましさや恐ろしさを表現しすぎていたと思う。最初に四股がない状態で、出てくるシーンが1番の見どころ。個人的には赤目四十八滝コンビの2人を見れただけでも良しとする。

終始、うさんくさいなあと思いながら見てたし、別にいもむしの歌のくだりも大してすごいとも思わなかったし、生卵のシーンも物足りなさを感じたが、めちゃくちゃ軍神を殴った後、「食べて寝て食べて寝てそれでいいじゃない」の時の顔はさすがしのぶだった。

炎のエフェクトダサすぎて笑ってしまう。

ラストの川のシーンは好き。

期待しすぎた映画って期待を超えることがないのかもしれない。良すぎずだからといって悪いわけでもない映画。
>|