雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

4.8
ジェイクがぶっ壊れてた。


いつもの通勤風景。
頼んだのに水漏れしてる冷蔵庫の修理まだ?と話していたら横から車が突っ込んで来た!

交通事故で妻が死んだ。
妻が死んでも悲しくない。
涙も出ない。
何故?
彼女のことを何も知らない。
愛していなかったから。
興味もなかったから。

病院にあったm&mの自販機にお金を入れたのに商品が挟まって出てこなかった。
ジェイク演じるデイヴィスは管理会社に苦情の手紙を書く。
そこに何故か死んだ妻の事も書いて。

ある日の真夜中デイヴィスは妻が死ぬ前に冷蔵庫の水漏れを直してと頼まれていた事を思い出し修理のつもりが全てバラバラにしてしまう。
そこへ電話がかかってくる。
苦情を書いて送った会社の苦情係(ナオミ・ワッツ)からだった。
妻が死んだが涙が出ないとか愛してなかったという所が気になってなのか彼女と何度か苦情係を超えて電話や手紙のやりとりを始めとうとうひょんな事から彼女の家へ行く事になり彼女の恋人に会ってしまい疑われたり微妙なお年頃の息子にも会う事になる。
彼女とその息子との交流でデイヴィスは無関心だった自分から少しずつエキセントリックな方法だが自分を取り戻していく。


破壊と再生の物語。


「永い言い訳」を思い出した。
長い結婚生活においてこのやろ!と思う事は多々あっても死んだら別だと思うんだけど。
そんな目に合ってないけど私ならやっぱり悲しくて泣くと思う。
普段映画を観てるだけで簡単に感情移入出来るし涙はすぐに溢れ出すし止まらなくなる。
「永い言い訳」の衣笠幸男もそうだけど男って泣けないものなのかな?
悲しくないのかな?
ちょっとそう思って悲しくなった。
もしかしたらこれは自覚してなかっただけで愛していた妻の突然の死を受け入れられなかっただけなのか。

でもこの映画の凄いのはそれだけではない事だった。
ある母息子との出会いと結婚生活を破壊する事で再生を図るのだ。


この息子くんが凄くいい!
どなたかのレビューにあったけどかつてのエドワード・ファーロングを彷彿とさせる美少年!(*^^*)
15歳で見た目は12歳、頭の中は21歳って母親役のナオミ・ワッツが言ってたっけ。笑
この子も思春期真っ盛りの男の子で女親では寄り添えない複雑な問題を抱えていてその答えを求めていたから恋人がいるのにも関わらず母親が連れて来た変な男を警戒していたがこいつ意外と話せると分かった時に二人は自然と時には友達の様に時には父親の様に寄り添って行く。
ファックを連発する少年にジェイクが叱るでもなくアドバイスするのだがこれは父親だったらこんな風には言えない。
これが案外少年の心を捉えたのだと思う。
ドラムも叩けるし踊りも上手かった!
そこからのジェイクがヘッドホンをして街中を踊るとこはサイコーだった!ヽ(´▽`)/
ここでかかるMr BigのFREEに痺れて(あとエンディングでかかってた曲もいい!)サントラ探しに行ったけど売ってなく…仕方なしにYouTubeで調べて聞いています。
やばい!はまった!
私も踊り出すかも⁈


でもあの素敵な家をぶっ壊さなくても再生出来ませんか?
これが私の疑問。
壊さなかったら原題を全く無視してしまう事になるのだけど。
死んだ妻の親がお金持ちという設定だからあんなに派手に壊しても生活は出来るし困らなさそうでそこがちょっと庶民とはかけ離れていて感情移入できなかった。
生活に余裕ないですよね?庶民は。
ぶっ壊したら終わりです。
なので普通はぶっ壊しません。
そこに共感できずリアリティに欠けた。

義父フィルを演じたクリス・クーパー。
よく脇役で悪役や軍の上層部の役などで見かける役者さん。
今作では娘婿に敵意むき出しでいい演技をしていた。笑
娘はやっぱり幾つになっても宝物でそれを奪い死に至らしめたちょっと変人で腹の中では何を考えてるかわからない婿を憎んでいる。
お前が代わりに死ねば良かった!とデイヴィスに言い放つ。
でもラストのフィルとデイヴィスのシーンは素晴らしかった!
初めて二人の心が寄り添い琴線に触れたシーン。
ここは良かった。
心が震えた。
涙が溢れた。


「永い言い訳」は正直感動しなかった。
子役や竹原ピストルさんが素晴らしかったが本木さんに感情移入できず原作のラストで号泣したにも関わらず感動できなかった。
今作は「永い言い訳」を上回ったのは何故だろう。
ジェイクのダンスかな。笑
笑いも涙も感動もあのダンスから感じた。
この映画の全て。
壊れ欠けたあの母息子の設定は良かった。
一緒にどん底から這い上がって行く様が良かった。
惹かれあっても男女の関係にはならずでも心からお互いを理解し支え合っていた友達として描かれていて良かった。
浜辺の二人のシーン良かったな。
あとはやっぱりジェイクの演技かな。
ていうかダンス。笑
サイコーだった。\( ˆoˆ )/

ジェイク・ギレンホール。
前評判で今作は心配だったのだがこんなどっちに転ぶか分からない作品を引き寄せ感動させてくれた。
壊れたらまた一から壊して始めればいい。
あの微笑み顔はやはり憎めない。
私を惹きつけて止まないあの微笑みをまた次の作品に探したい。



4/5. 2度目の鑑賞

久しぶりに映画館で上映中に2度目を観たいと思った映画だった。
今度はタイトルの「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の付箋の所をしっかり見つけた。
クリスと家の破壊の後車に乗った時に車の日よけを下ろしてその時に付箋を取って下に捨ててしまったんだな。
2回目はサントラをバッチリ聞き込んでいたので音楽にも乗れたし3回も泣いてしまいラストのデイヴィスのやっと泣いた所から義父のフィルとの会話の所は嗚咽が漏れそうだった程入り込んでしまった。
デイヴィスは死んだ妻を確実に愛していたと思った。
結婚生活に有りがちな空気のような存在になっていた妻を愛してると日常において再確認する事は私にとってもなかなか難しい事だし突然死んで隣にいないと理解し消化するまでは時間がかかるかもしれない。
2度目に観て少しデイヴィスの気持ちを汲み取れるようになった。
これを書いていてまた泣きそう。
本当にいい映画だ。
後からじわじわくる。
ちょっと疲れているのかも。
疲れた私の心に沁みて本日のハシゴの「David Bowie Is」まで気持ち切り替えられるかしら?
今年ベスト級の今作!
DVD欲しいです!\( ˆoˆ )/
Techno9012

Techno9012の感想・評価

3.8
フランス映画的
#時間のある時記録
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

2.9
えっ、こんなん嫌だ!俺には難し過ぎたんか?もっとハッキリさせても良かったんちゃう??最後の終わりまでの展開について行けかった。終わった後、嫌やーってなってしもうたやん…
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.0
なんだか、いい映画な気もするけど
いまいちよくわからない映画だった。
破壊シーンはすごく気持ちがスッキリしたけど
途中結構飽きてしまった。
しお

しおの感想・評価

3.2
最後のワンシーンのための映画ということで
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
劇場で見逃しBD買って鑑賞したが何故こんな邦題になったのか疑問だったが本編を観たら解決した。テーマの発想が風変わりで今までに無いドラマ性が有り破壊で感情を出し自分を見つめ葛藤し現状を変えようとする男の描き方にユーモアがあって魅力ある作品だ
trueyou

trueyouの感想・評価

2.8
最後は良かったけど、中盤は全く共感できない。というかあれで何が伝えたいのか理解出来ない。
ジェイクギレンホールはこんな役ばっか。
妻が死ぬ系なら"永い言い訳"の圧勝
ファック‼︎

このレビューはネタバレを含みます

題名と表紙に惹かれて鑑賞。
主人公が家を破壊するシーンはもはや美しかったです。
何はともあれ、交通事故には注意やで⚠️
Hissan

Hissanの感想・評価

4.3
不謹慎だけど私は家族が亡くなったらこうなりそう、分かりがある 好き。
>|