雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 268ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

-
原題はDemolition(破壊)ですが、邦題は結構違った雰囲気になっています。
この独特な邦題と、ポスターの雰囲気からなんとなく雰囲気系の静かなお洒落映画なのかなと思っていました。
とりあえず個人的に好きな俳優であるジェイクが弱い感じの普通な人間を演じてるところが観れるのか~なんて観に行ったら、相変わらずやっぱり変な奴で笑った(笑)
笑えるシーンがたくさんあって、劇場に人も結構入っていたのでみんなでケラケラクスクス笑って楽しかった。

劇中に出てくる「メタファー」という言葉がこの作品の大きなテーマになっており、彼の行動ひとつひとつがとても大切な「象徴」になっていました。
最初はこの主人公が本当に変なやつで、何を思ってそんなことするんだ?という感じでしたが、この「メタファー」というテーマが分かってくると凄く面白くて、いろんなものがつながる良い作品でした。

文書では伝えにくいけれど、凄く素敵な作品で、ラストはじんわりと涙が出るしスカッとするし、よく内容知らずに行って良い意味で裏切られたせいか大好きな作品でした。
口コミの評判はまぁまぁみたいですが、観るときの自分の気持ちの状態によって好きか嫌いか分かれる作品なのかなぁとも思います。

妻が目の前で死んだのに、泣けないし悲しみを表に出せない男の物語で泣いてしまったのは、自分が昔から所謂「感動するもの」「悲しいもの」を観てもそうだったからかもしれない。
そんな人に対する「答え」になるような映画でした。
まさに観ている自分に向けた物語だということを、エンドロールのある一文が教えてくれました。

これ撮影楽しかっただろうなぁ(笑)
yurih

yurihの感想・評価

3.5
大切な人が亡くなったとき案外冷静で、なんだか気を使われてて悪いなとか、客観的に周りが見えているようで、やっぱり正気じゃない感じ。でもどん底にいながらいつか立ち直れる予感はしてる感じ。を感じました。
自分的に響く事がなく見終わった後のモヤモヤ感。
無心の状態で観ていました。

まず最愛の妻の事をあまり知らないなんて、あり得ないでしょ(-_-;)
菩薩

菩薩の感想・評価

4.1
何を隠そう幼少期の自分はとにかく分解少年で、今となってはその対象が生き物に向かわなかったのがこれ幸いなわけだが、父親の工具箱から抜き出したドライバーセットをお供に身の回りのあらゆる物を分解し尽くしていた。中でも格好の餌食になったのは目覚まし時計、分解から再構築の過程において、なぜか部品が余る事、元の形状とは多少異なってしまう事もあったが、そんな事を繰り返しているうちに、事物には動作に必要不可欠なパーツとそうでないパーツがある事に気付いた。無くても動くパーツ、無くては動かないパーツ、彼にとって前者であったはずの「妻の死」が最終的に後者であった事を再発見し、それにより止まった時計が再び動き出す再生のお話。ハネケが『セブスコンチネント』で見せた死に向かう破壊とは明らかに対象的な生に対する破壊・分解行為、創造の前に破壊あり、破壊の後には再生あり、か。にしてもギレンホールのイカれっぷりと言ったらギレン・ザビのそれを遥かに上回る、まさに最高すぎて脳内で「ジーク・ジオン!」の連呼が止まらなかったし、ガルマが死んだのは坊やだからであるが、当然ガンダム的な要素は何1つ無い。後、「ファックはいい言葉だが、使いすぎると価値が下がる。」ってのがなかなか刺さった。前に進みたくてもぐるぐるその場を回るしか無い感覚に囚われた経験のある人は、何かを感じる作品だと思う。タイトルがこれまた憎いね。
KenOkabe

KenOkabeの感想・評価

3.3
●M&M's美味しいもんね
●ジュダルイスくんイケメンすぎ
●If it's rainy, You won't see me, If it's sunny, You'll Think of me.
kinoP

kinoPの感想・評価

4.0
ジェイク・ギレンホールが大好きだから高評価もやむを得ないよね。
ぺた

ぺたの感想・評価

4.0
個人的には好きな映画でした。

タイトルの意味がわかったときに、一気にジーンときました。
言葉にしないとすれ違うし、自分のことも相手のことも理解できないよなあ、と。理解という言葉を使うのが正しいかは疑問だけど。笑

泣くとかそういった感動ではなく、心に残る作品でした。音楽の使い方が好きだった!
Utopia

Utopiaの感想・評価

3.7
妻から夫へと残されたメッセージは何だったのか。突然の事故で亡くなった美しい妻の不在を悲しむ事が出来ない主人公のデイビッド。

残された彼の記憶の中から彼女の人柄を知る。裕福な家庭で生まれ育って、何不自由ない人生を送ったであろう彼女の片鱗を見てるよう。1番近くにいたはずの夫でさえ知らないのだ。

このSNS全盛期に前時代的なツールの手紙が用いられるあたり、どこか良い意味で時代錯誤的なニュアンスがあり、正直なところ突っ込みを入れてしまいたくなる気持ちもあるのだが、それを超越した何か、感動とは別の重い衝突がある。

妻のジュリアとの別れも唐突であれば、新たなキーパーソンとの出会いもいささか不自然さは残る。が、ジェイク・ギレンホールの破壊活動に勤しむ日々を通して、次第に人間らしさを取り戻す工程にこそ重要性があり、その他の要素はないがしろでも構わないのかもしれない。

序盤の葬式で参列時に無理して泣こうとしたデイビッドが、終盤の車に乗り込むシーンで、不意に嗚咽を漏らして涙する姿に込み上げるものがあった。
uyu

uyuの感想・評価

3.8
めちゃめちゃ泣くの前提を覚悟して1人映画してきたけどむしろ1人で良かったと思った。
想像以上に、いい意味で泣けるものではなくて見終わってスッキリした感覚を1人で味わってたい(よくわからない)映画。
2時間スクリーンを眺めてたとは思えないくらいすぐ終わった感じ
riku

rikuの感想・評価

4.5
破壊と再生で失ったものを探してく話だけど、壊してる時とか流れてくる音楽が気分を上げてくれるから、気分が落ち込むことなかったけど、小説読んだみたいで難しかったから、もう一回見たい!