フィフス・ウェイブの作品情報・感想・評価・動画配信

「フィフス・ウェイブ」に投稿された感想・評価

パラス

パラスの感想・評価

2.5
過去鑑賞作品
地球外生命体の侵略により人類がほぼ死滅した世界の中、弟を探す少女。しかしながら侵略者達の攻撃第5波が迫ろうとしていた…というお話。
序盤はスケールの大きな物語でおおっと思わせてくれましたが、特撮物の侵略者によくある謎に回りくどい侵略方法にシフトしていき、それと共に話のスケールもどんどん削ぎ落とされていきました。人類殆ど壊滅してるのに回りくどい…
壮大な設定を背景にアメリカの片田舎でこじんまりとした物語が進行し、そのまま煮え切らないエンドとモヤモヤしたまま終わってしまいました。
リック・ヤンシーの同名ベストセラーYA小説を、
クロエ・グレース・モレッツ主演で映画化したSF青春サスペンス。

謎の異星人の襲撃を受け人類滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、
最愛の弟を守るために奔走するヒロインの過酷なサバイバルの行方を描く。

原作は未読。
“フィフス・ウェイブ”とは、
波が5回きっと来る~みたいな感じ。
第1波は世界中の電波がシャットアウト。
第2波では大地震と津波を引き起こし、
第3波ではウイルス感染を蔓延させ、
第4波では生存者への寄生を開始する。
段々とショボくなっていく波なんだが、
第5波はいったい何?
不気味なエイリアンとか登場するかと思いきや、
人間に寄生しているので全く登場せず。
巨大な宇宙船も最初に登場しただけ。
“アザーズ”は地球を侵略するために、
電源をシャットアウトしたり、
津波を起こしたり、
ウイルス感染を蔓延させる。
5波に分けて回りくどい侵略していくんだが、
ここまでの展開は非常にダイジェスト並に描かれる。
地球外生命体“アザーズ”との壮絶な戦いはなく、
クロエ・グレース・モレッツ演じるキャシーが、
イケメン男子“エヴァン”と出会って森でイチャイチャするだけ。
地球滅亡な状況とは到底思えない。
“アザーズ”たちも、
思っていたよりもアホな侵略をする。
ツッコミどころ満載の侵略映画である。
“メイズ・ランナー”や“ハンガー・ゲーム”同様に子供向けの作品だった。
KNY

KNYの感想・評価

2.8
クロエさんを拝みに、観ました。切れ切れのアクションに興奮するシークエンスあり。

ディザスターよりも市井の方にフォーカスされた作品なので
そういう視点は面白くて好きだが途中で終わった感じがどうしてもある
落とし所に使うネタが弱過ぎて、この後どうせ全員死ぬんだろ?みたいな気分にしかならない

脚本を途中で放棄したとしか思えないラストに感じた。
Stoddard

Stoddardの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

クロエみたくて鑑賞。
はじめは "マザー/アンドロイド" に雰囲気似すぎてるように思いながらみてたけど、まあ全然ちがうくて。

続きは気になる。
みりお

みりおの感想・評価

3.3
久々に再鑑賞🌟
レンタル開始されたときに観た記憶があるな…

小説家リック・ヤンシーによる同名ヤングアダルト小説を基にした本作✨
『ハンガーゲーム』や『ダイバージェント』『メイズ・ランナー』に並ぶ作品になってもおかしくないテーマ&規模&キャストなんだけど、なんか惜しい🥹!

まずこんな面白そうなテーマ、もっといくらでもやりようがあったし、風呂敷広げすぎて終盤全く回収できてないのもひどい😂💦
きっと続編作りたかったんだろうなぁ〜
だからとりあえず本作では5波までのわちゃわちゃを描いて、レジスタンスとなったキャシーたちに、次作でアザーズとのバトルをさせたかったんだろうなぁ😖

ただ、かなり酷評されてるけど、やっぱ私は好きなんだよな〜これ💓笑
念願の第5波の意外性も十分だし、なによりキャストが最高😍
クロエちゃんが強い女の子っていうのも好きだし、ニック・ロビンソンとアレックス・ローの2人に愛されちゃうってのも最高の並び❣️
あと反抗的だけど仲間想いなリンガーに、マイカ・モンローってのも最高かよ❤️
あとインド系のダンボの子って、スパイディのフラッシュくんだよね👀?
この豪華キャストなら、『メイズ・ランナー』くらいのクオリティでいいから、ちゃんと三部作作り切ってほしかった😭💓


【ストーリー】

高い知能を誇る生命体アザーズが、地球を4度にわたって攻撃し、あっという間に世界人口の99パーセントが死滅。
そんな荒廃した世界で、女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は離れ離れになった弟の行方を追っていた。
弟が連れ去られた可能性のある基地に二人で向かうが、アザーズによる第5の攻撃が始まろうとしていた。


【キャスト・スタッフ】

*監督:J・ブレイクソン

イギリス出身🇬🇧
大学で映画製作と脚本について学んだ後、2005年頃からshortfilmの監督を始め、2009年に『アリス・クリードの失踪』で長編監督デビュー🌟
その後長編監督の機会には恵まれなかったものの、7年後に監督した本作で興行的にしっかり成功しました✨
その他の監督作は『パーフェクト・ケア』など。


*キャシー:クロエ・グレース・モレッツ

アメリカ出身🇺🇸
なんと4人のお兄ちゃんがいるそうで👀!
だからクロエちゃんってあんなに守ってあげたくなる可愛さがあるんだなぁと納得💓
そして真ん中のお兄ちゃんのトレバーも役者さんだそうです✨
2002年、5歳の頃からNYでモデルや広告出演を始め、2004年にはTVシリーズ『堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-』へのゲスト出演で演技の仕事も開始✨
そして2005年に『Heart of the Beholder』で映画デビュー🌟
同年のうちに『悪魔の棲む家』のリメイク作品で初めて大役を務めてヤングアーティスト賞を獲得しました😆
そしてみなさんご存じ、2010年の『キック・アス』で演じた“ヒット・ガール”役で一気に知名度を上げました🥰💖
あと声優としてもすごく活躍していて、『プーさんといっしょ』にレギュラーで出演したり、『ボルト』(2008)や『アダムス・ファミリー』(2019.2021)などにも出演してます(๑˃̵ᴗ˂̵)
そのほかの主な出演作は『早熟のアイオワ』『ヒューゴの不思議な発明』『サスペリア』『グレタ』など。


*ベン・パリッシュ=ゾンビ:ニック・ロビンソン

『ジュラシック・ワールド』でみりぺでぃあ記載済。
相変わらずの色気がやばい😍💖
ほんっとニックくん、正統派イケメンではないのに、このただならぬ色気は何🙈⁉️
本作出演時まだ21歳だよね…いや〜この年齢でこの色気…末恐ろしい子だわ😍笑


*リンガー:マイカ・モンロー

『ホット・サマー・ナイツ』でみりぺでぃあ記載済。
黒髪のマイカちゃん珍しすぎて最初気づかなかった👀!
性格もひねくれたキツめの役だったし、これまで観てきた役と似ても似つかなかったけど、こういうのも新鮮でいいな(*´꒳`*)
続編がちゃんと作られてたら、結構重要な役になっただろうなぁ🥰

このレビューはネタバレを含みます

2022年9月NETFLIX定額見放題で再視聴する。
この頃、ここでのキャシー役の主人公(クロエ・グレース・モレッツ)の映画をよく観ている気がします。
この映画はUFO以外はエイリアンの実態が人間と同じなので、少しややこしいですが、5回目の攻撃はエイリアン(アザーズ)が軍隊を支配下に置き、若者たちに偽情報を植え付け人間を殺していくといった展開でした。
いきなりアザーズから4回にわたる攻撃を受けて、避難キャンプに逃れたキャシーと父親、弟だったが、突然の軍の介入で子供たちは基地に護送され、残った大人は全員抹殺される。
何とか一人助かったキャシーが異常な事態に危機感を抱き、途中協力者も得て基地へ連れ去られた弟を奪還すべく奮闘する。
後半ではアザーズの第5の攻撃のからくりに気づいたキャシーたちは、アザーズと戦うことになるようだが、映画はここで終わってしまう。
gemagema

gemagemaの感想・評価

2.8
過去映画館で鑑賞。
面白そうなお話しなんだけど、いまいちパッとしなかった印象。
この手の内容ならもっと面白いの期待したんだけど...
JIN

JINの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤良かったけど、中盤あたりで予想した真相が100%当たっていて、しかもこれだと浅いか?と思ってたのが当たってしまった。
しかもエンディングで何も解決してなくてモヤモヤした。

クロエさんでなければ2.3
Sanka

Sankaの感想・評価

4.5
簡単に言うと、エイリアンvs人類。
低評価が目立つのは何故だろうか?
クロエ・グレース・モレッツが主演なだけで観る価値はあると思う。クロエたんかわゆす。
まりん

まりんの感想・評価

3.7
クロエ目当てで鑑賞。
胡散臭い雰囲気というのはこういうことを言うんだと思う。
評価は高くないし、有名な作品でもないけど、私は普通に楽しめた。
多分子役が出てるからだけど。
好きな女優さんが出てて、さらに子役が出てると甘い評価したくなる。
時間潰しに見るくらいがちょうど良さそうな映画。
>|

あなたにおすすめの記事