フィフス・ウェイブの作品情報・感想・評価・動画配信

フィフス・ウェイブ2016年製作の映画)

The Fifth Wave/The 5th Wave

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:112分

2.8

あらすじ

「フィフス・ウェイブ」に投稿された感想・評価

Koperpot

Koperpotの感想・評価

3.0
もっとこう、クロエの良さを引き出してあげて欲しいなぁ

あーかわいい
やばい。おもんなさすぎ。。

設定がおもろそうやったけど、
緊迫感なさすぎ。
第4波までで人類の99%滅亡しているのに、第5波のしょぼさが意味不明すぎる。クロエさんは可愛いけれど、それ以外にいいところがない。
Eric

Ericの感想・評価

2.9
最初が一番ワクワクした。設定は何かと無理があった。行動の動機がハッキリしないので、全員疑ってしまう。
突然、宇宙船がやってきて第1波で、地球のエネルギーを使えなくさせ、第2波は、自然災害の大津波と大地震、第3波は、新種のウイルス、第四波は、映画の中ではエイリアン(アザース)は人間の中に紛れ込んでいるみたいな感じでした。ここまでは、アザースすごい力を持ってるんだなって思ったんですけど、第五波の内容を知って、え?なんで1から4の力持ってるのにそんなちっさいことする?笑みたいな感じで残念でした。最後もこれからどうなるんだろうってところで終わってしまったので、ショック🤯
なるほど、たしかに面白くない。お金かかってそうなのに全部がちゃっちく、展開は読めるし、謎の恋物語がある。なんといってもあんなに小さい子供を軍隊に入れて、戦場に出すというウェーブは滑稽だった。
NATSUMI

NATSUMIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

キャストが豪華で原作も有名で前評判は良いのに見たらこれは…の典型的な映画。
邦画だけどストレイヤーズクロニクルを見た時と同じ気持ちになった。

俳優さんは悪くないし設定も面白くてワクワクしたけど、ストーリー構成がはちゃめちゃ。
アザーズのイケメンがカミングアウトした辺りから深く考えないようにした。

3部作とかになってたら違ったのかな。
キャストと設定が良いだけに残念。
愛と希望を重んずる人類はいかなる困難にも立ち向かっていける稀有な知的生命体なのか。

地球を奪うために様々な冷酷な手段で攻撃を仕掛けてくるエイリアン達に立ち向かう子供たちの困難な闘いを力強く描くが、あまりにも薄っぺらい展開が残念。
撮影もカメラワークも魅力的なのに、ストーリーの底が浅すぎてがっかり。

このレビューはネタバレを含みます

いまは感染の話は全てコロナと被る。
家も土地も破壊され、水も電気も通らなくなってる割には対策が遅いし人々からの恐怖心が全くと言っていいほど感じられず不自然だった。ウイルスやその"侵略者"よりも、そのカオスを利用して暴れようとする人間の狂気が主に描かれていた。
deg

degの感想・評価

-
ティーン向けの映画なのだと思います。続編を匂わすラストでしたが、今のところない感じですかね。
>|