聖杯たちの騎士の作品情報・感想・評価・動画配信

聖杯たちの騎士2015年製作の映画)

Knight of Cups

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.0

あらすじ

「聖杯たちの騎士」に投稿された感想・評価

三畳

三畳の感想・評価

2.5
あれ…!テレンスマリック…合わないかも…

天国の日々 4.2
地獄の逃避行 4.4
名もなき生涯 4.9
ボヤージュ・オブ・タイム 3.0
聖杯たちの騎士 2.5

割れます!
シ

シの感想・評価

1.0
鑑賞記録。
初めて途中で見るのを辞めた。なんか芸術作品みたいな感じでただただ綺麗に映像が流れていくだけ。ナタリーポートマンは可愛い。
Q

Qの感想・評価

4.5
久しぶりに鑑賞、毎度思うけど映像はわたしには都会的で小綺麗すぎる、しかしそれを超えて言葉が好きだ 
mtorakichi

mtorakichiの感想・評価

3.1
クリスチャン・ベイルが大好きだから耐えられたけど、かなり厳しかったです。
あってないようなストーリーは小説ではいいけど(セリーヌの「夜の果てへの旅」とか)映画では辛い…と思いながら見てたらいつのまにか終わってました。
クリスチャンのプールのある高台のロス自宅と思われる家、プールのヘリからすぐ下が崖ですごく怖かった! 

ここまでが初めて見た感想
初めてみてすぐ、クリスチャンベイルの記事を見つけて、テレンスマリックと取りあえず脚本なしで一週間撮ってみようってことになって、テレサパーマーと撮ったけど、彼女のこと俳優と知らなくて、役のままダンサーだと思ってたって…あとで宣伝のポスターかなんかで俳優だって知ったとかって。

驚愕…こんな映画の作り方あるのか…脚本ないんだからストーリーあるわけないわな。それで、あの人達は普通の人達じゃないんだなぁとしみじみ思いました。
でも後からジワジワきます、嫌いじゃないです。
neige

neigeの感想・評価

2.5
開始30分で「もうやめて」って感じ
退屈だけどキャストが好きで耐えた

監督の自伝でタロットカードがテーマって知ってればある程度納得できるけど体ムズムズするくらいキツい

でもやっぱ映像はめちゃくちゃキレイ
ルベツキが撮った写真集あれば買う
徘徊

同じ穴に何度も落ちるから、出来事を関連付け因果を生み出すが、そこからの解脱に向かう過程しか描いていないにも関わらず、画面演出以外の全てがミニマムで、キャラクターに寄り添っていない。
なのに、セリフだけは真理ばかり突くものだから、秀作なのに歪に感じる。
walnut

walnutの感想・評価

2.1
監督のオナヌー映画かなって🥺

カットとか綺麗なんだけどInstagramっぽい綺麗さというか。映像詩。
fm

fmの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ

巨大アメ、

タロットカード → 月 吊るされた男 隠者 審判 塔 女教皇 死 自由

6人の女との出会い →
デラ
ナンシー
ヘレン=フリーダ・ピントー
カレン=テリーサ・パーマー
エリザベス=ナタリー・ポートマン
イザベル=イザベル・ルーカス
『ニュー・ワールド』では陶酔させられたのに、つぎに観た『トゥ・ザ・ワンダー』で愕然とさせられたテレンス・マリック監督作。どちらに出るだろうと思い期待と不安半々で観たが、結果はダメだった。

そもそもストーリーがなんだかわからないのだ。半ばドキュメント風で、着飾っていないLAの街が出てくるところは興味を惹かれたが、それだけである。後半はただただ眠かった。

演出の映画なので、監督の術中にハマってしまえれば楽しめるのだろうとは思うのだが。実際はまるっきり集中できなかった次第である。
美しいですよ、画像。でも内容が、全く入って来ない。私も美しい映画好きなんだけど、これは、どうもただ美しいだけ。ケイト·ブランシェットなんて息を飲む程、美しく撮れてました。マジで、残念過ぎる。もう少し、万人に解る内容にしてくれ。あっ、写真を撮りたくなった。海と夕日とか木を下から撮すとか、やってみたくなった。写真展みたいな作品だった。
>|

あなたにおすすめの記事