ボヤージュ・オブ・タイムの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ボヤージュ・オブ・タイム2016年製作の映画)

Voyage of Time

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

『天国の日々』、『シン・レッド・ライン』、『ツリー・オブ・ライフ』など発表する作品は常に高い評価を受け世間を賑わしてきた<映画界の偉才>テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。製作にはブラッド・ピットが名乗りを上げ、語りはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務める。かつてない映像世界に飛び込み、本能で<生命>を体感する90分。

「ボヤージュ・オブ・タイム」に投稿された感想・評価

LUKESIS

LUKESISの感想・評価

3.5
こういうの大好きだからよかったけど、映画としてはけっこー物足りなかった。
それでも映像は美しく心に響くものがある。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

2.5
地球上の自然を写して行くのは、「ネイチャー」など他にもあったけれど、本作は生命の起源に着目して、生命誕生の過去にまで遡って、実写、CG織り交ぜられての不思議な映像作品に仕上がっています。
決して綺麗なだけではない、火山の噴火、隕石の落下からの爆発など、恐ろしいような瞬間も映されています。

ナレーターが、所々で「母よ」となにかの存在に呼びかけていって、話は進んで行きます。
要約すると「生命の生みの母よ、なぜ、最近は存在を示さないのですか?」ということらしいですが、「母=神」でしょうか?
神と表現すると、宗教っぽくなるから、「母」と表現したのかな?
自然は美しいが、醜悪な人間の出現で、生命が壊れて行っている。なぜ、隕石等落下させて、浄化しないのか?と、言っているように聞こえたナレーションでした。
この解釈が間違っていないのなら、しかし、「醜悪な人間」を表す時に、身体障害者や、有色人種の野蛮な祭り等を、意図的にザラザラした映像で見せるのは、どうなんだと思った。

綺麗なところの映像は気に入りました。
Reo

Reoの感想・評価

4.5
映像もナレーションも含めて全体の雰囲気がかなり好み
やっぱり映画館で観るべき作品だったな…それだけは残念
KozueSaito

KozueSaitoの感想・評価

2.4
妙な映像と音楽で最後まで観られなかった。

BBCとかの普通のドキュメンタリーの方がずっとおもしろいと思う。
Sat

Satの感想・評価

5.0
神、愛、生、死、時、音楽…

ここから何を捉えるかは、人によって全く異なるのだろうけど、
人生や、世界や、芸術や生活や…何でも、何かについて考えることがある人なら誰でも、この作品から得られるものは大きいと思います。

90分と、映画としては少し短めの作品ですが、とても濃く長い時間が流れます。(3時間は観ていたような感覚になりました)

筋書きやストーリー、明確な作為や意図が見える映画ではないので、
映画を観て、わかる、わからないとか語ったり、物語や筋書きが「面白いかどうか」や「退屈しないかどうか」といった基準だけで映画を捉える人、
映画をただ自分が「消費する」コンテンツとしか捉えていない人には、最後まで見通すことは難しいかもしれません。

ですが、映画に限らず作品に触れたとき、"作品と共に" あるいは "作品を媒介に" 感じたり、考えたり、共働する人にとっては、この映画は観る度にとても濃密な映画体験を与えてくれるだろうと思います。

この人の、(数多あるだろう撮りためた中から選ばれた)映像の見せ方、並べ方には、ハッとする瞬間が多くあり、魅きこまれます。
文化や、芸術、音楽でも例えば写真(構図や額縁、見せる順番等)でも、何かを自分なりに(他の評価や価値観によってでなく自ずから)見出したことがある人なら、きっととても面白く観れる映像の数々と思います。

ひとつだけ個人的に抵抗を感じたというか、引っかかったのは、
天にいる「神」と地にいる「私」を一つの線で結んだような
そんな感覚での語り(「母よ」等の、世界や時や摂理を誰か意思のある主体のように捉えた語り口)
に、キリスト教的、というか西洋文明的な捉え方を感じた一点なのですが、
それは監督の持つ文化背景によるもので、それを媒介にしなければ作り出せなかった視点であり作品であると思います。

もし気になっているけど迷っている方がいたら、一度観ることを強くお勧めします。
(眠かったら途中で止めればいいんです笑)

自分の言葉でこの作品について多くを語ることができず申し訳ないのですが、
ひとつだけ、昨日たまたまSNSで見かけた言葉が、とてもタイムリーかつ相応しいと感じたのでここに引用させて頂きます。
(※この作品についてのものではありません)

「生命体は、折々に転用と変容とを繰り返しながら複雑な構造をえてきたが、この精巧さに驚嘆した人々は『デザイナーが関与しているに違いない』と、創造主なるものを幻視した。これは古代や中世の話ではない。『デザイナーなきデザイン』や『アートマネジメントなきアート』を信じない人々は今日もいる。」
中島 智 (Twitter @nakashima001 )
Yu

Yuの感想・評価

-
繰り返される「Mother」ということば。
皆の母はひとつなのに、こんなにも多様な分岐を遂げた生命たちは奇跡としか言いようがないもの。
食物連鎖以外の枠組みで闘うことは、人間独特のものと言っても良いのだろう。原始の時代まで遡っても、人は闘うことを選んでしまっていた。

なんて考えることも出来たし、純粋に映像の美しさを楽しめる作品でもある。ぼーっと美味しい飲み物でも飲みながら眺めていたくなる。
Marin

Marinの感想・評価

4.5
何度も繰り返される
Mother...
という語りかけは
EarthかUniverseか
それともTimeに向けられているのか、、、
どれも違うかもしれないし、全部そうかもしれないし
yukari

yukariの感想・評価

3.5
ツリー・オブ・ライフを観てからテレンス・マリック作品に衝撃を受けてから興味を持ち、それから上映作品はだいたい映画館に足を運んでいるけれど、今作品はタイミングが合わずDVDでの鑑賞。


哲学的な事は理解が難しいけれど、生命の誕生と進化、未来や宇宙へと、スケールがハンパなく壮大で、映像美が素晴らしい!
まるで、ナショナルジオグラフィックを見ているよう。


あー、映画館で観ればよかったと後悔。
クラゲの漂うシーンや大きな滝がキレイで印象に残る
みーる

みーるの感想・評価

3.0
ストーリー云々は全くないけど、美しいの一言。
大きなスクリーンで観たかった。
母なる大地、母なる星という言葉の意味がよく分かるなぁと。
ケイト・ブランシェットの包み込むようなナレーションも良かった。
えーこ

えーこの感想・評価

3.0
「世の中は 何にたとえん 水鳥の嘴(はし)振る露に 宿る月影」
本編の前に、公開国ごとにテレンス自らが選んだという"本作の入口となる言葉"が挿入されている。
日本にはこの道元禅師の和歌、
"この世は儚く無常の世界"と詠っている。

『ツリー・オブ・ライフ』の冒頭部分を映画にしたような、、
テレンス・マリック版『シーズンズ 2万年の地球旅行』 て感じ??
ビッグバンから宇宙が始まり、
地球の誕生、生命の誕生、
時空を超えて描かれる森羅万象。
教会音楽?やクラシックをBGMに、
ケイト・ブランシェットのナレーションが眠気を誘うzzz…

私たちの旅は子宮の中から始まる。
まるで羊水に漂いながら見ている夢のような神秘の世界。
卵の中、ヒナの視点から殻を破り、
天高くそびえる木々を見上げ、
自然の荘厳さに畏怖する。

神より与えられし生命の尊さと儚さ。
それは必ずしも美しい存在ばかりではない。
主よ、あなたはなぜ私たちをおつくりになったのですか。
"おお生命よ、おお母よ"
これは母なる大地、すべての母なるものへの讃歌(…かな?)