セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

鯖

鯖の感想・評価

4.0
音楽映画ってゆうよりも、指揮者とドラマーとの戦いって感じだった。
最後ニーマンが指揮者をねじ伏せ、そこから最高の音楽を作り出していたのが爽快だった
今まで観た映画でダントツで面白い。吹奏楽経験者だから余計話に入り込みやすかった。最後は爽快に終わる。ジャズやりたくなった。
ジャズの知識が全く無い為か最後まで自分に合わなかった映画でした。
俳優の演技と最後のシーンは良かったと思います。
けつ

けつの感想・評価

4.6

始めに言います。見終わった後に今までに感じたことのないような感覚に陥る。

ドラムに対する思いが真っ直ぐな主人公に対し、それに目をつけた鬼のようなナンバー1音楽学校の教授。

自分は音楽の経験はほとんどないに等しいのだけど見てる最中はすごく冷や冷やして見てて、こう言う挫折は現実にもあるよな〜って感じで見てました。

この物語で及第点があるのですが、そこを越えたあとの展開が凄まじい。
文句があるなら音で言え、音で殴れ、セッションを通じて語れ。
最後の方何て変な笑いが出るくらい見入ってた。
まさかここで終わるの!?ってとこで終わるけどもう何ていうか完璧な終わり方に感じた。

音楽をやっていたらまた見方が変わるのかな〜何て思ったりもしたけど正直インパクトが凄すぎて言葉が出ません。笑
ただ極端に意見が分かれる映画だと思うので見る方は是非、言葉と音に注目して見て下さい。
藤井淳

藤井淳の感想・評価

4.1
才能努力音楽ドラムドラムドラム
まさにヒューマンセッション!

あっメリッサブノワ!
最初飛行機の中で見たときから好きだったけど、この間名画座でみたらもっと好きになった。
主人公が、ブラックスワン的にもっと闇堕ちしてもよかった。
ふつうに面白くて退屈しない。
最後まで、結局どういう話に行きつくんだろうと思ってたのが、最後の最後に、わおって感じで、年に3回くらい観たくなる。
面白かった。食い入るように見ちゃう。
部活で吹奏楽やってたときのことを思い出す。指揮者の先生は厳しい人だったけど、この人の頭の中には常に完璧な音楽が流れているんだ、と思って、自分の音がその完璧な音楽からどれくらい外れているのか、練習で少しでも近づけているのか、いつも冷や冷やしてて必死だった。
音楽ってほんとうに一瞬の集積。見てるだけでも胃が痛くなるような張り詰めた、でも興奮する演奏シーンだった。
ビンタで走ってるのか遅れてるのか教えるシーン、椅子やカウベルやフロアタムが吹っ飛ぶシーン、血まみれでステージに上がるシーン、私は笑った。
音楽を題材にした作品は、楽器経験がある方は、どうしても現実と比較して観てしまうでしょう。
私もそうなので、素直にストーリーに入り込めませんでした。

しかし、作品としてはとても素晴らしかった!
特にカメラワークと、J・K・シモンズの怪演っぷり!
一体どんな役作りをすればこんな迫力のあるキャラクターに仕上がるのだろう。
これは複数の賞をとるのも納得。

映画館とネットフリックスで何回か観ました。
とくにウィップラッシュの演奏シーンの演出はとても素晴らしく、そこだけ何回も再生しては興奮していました!
曲とマッチして、胸が高鳴るようなカメラワークに感動です。

今後楽器を練習する時に少しでもミスをすれば、頭の中でJ・K・シモンズに「ファッキンテンポ!」と怒鳴られることでしょう。
狂人になるためには人として大切なことをたくさん捨てなければならないけど、捨てることは人によって違うし、いろんな狂人のあり方はあるから、狂人を育てるのは難しい。狂人になりたい人間にとっても、そういうものを捨て去る決断をするのは難しい。彼らを肯定するのも否定するのも容易じゃないが、彼らのような存在に対し我々人間が興奮を覚えるのも事実。
スパルタが善か悪かは感情移入抜きで判断しなくちゃならないなと学びました。
現代社会に疑問を呈する映画。
国際社会として体罰が問題になっていることに驚いた。
>|