セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

もえち

もえちの感想・評価

2.9
迫力はあったけど、ストーリー性と美しさはあまり感じられなかったかな。
音大生でドラムをやっているアンドリューと、その大学でジャズチームの指揮監督をしているフレッチャーの物語。

フレッチャーは本当に激しく、妥協なく、学生に強い競争意識を持たせ戦わせる。アンドリューは手が血まみれになって、ドラムに血が吹き飛ぶほどの激しく、練習し続ける。

自分のパートを守るため狂気の域に達して、交通事故でぼろぼろになり、彼は引退する。

この映画をみてドラムってスポーツみたいだと思った。スポーツでも、狂気の域に達するほどの厳しい教育練習をしてこそ才能が花咲くのかもしれない。しかし、それによって多くの若者が倒れていくこともまた事実。ある人は精神的に追い込まれて、摂食障害やうつ病になったり、ある人は身体的障害を負ってしまったり。。。

何が正しいって一概には言えないけれども、若い才能に責任を持つ限り、それを最大限に引き出す努力をコーチはしなければならないのではないか?自分のためではなく一人一人と向き合う努力をするべきなのではっと思った。

少なくとも、フレッチャーはアンドリューの親の訴えが原因で大学の指揮をやめることとなっていた。そしてその腹いせに、アンドリューとの偶然の再開時に仕返しのため、もう二度とドラム界で顔を見せられないかもしれなくなるような嫌がらせをした。そんなのはなぁ。。


アンドリューの苦しそうで、でもどこか生き生きしていて、晴れやかなドラムを無心に叩く表情は、彼の強さと、反発と、憎しみと、人生の全てをかけた思いが詰まっているような気がする。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.0
評価高いのに自分は全く良さがわからなかった。主人公に魅力を感じられなかった。
Mako

Makoの感想・評価

4.5
結構好き。
ドラム弾いてるシーンが
ほとんどなのに
一瞬も飽きなかった。

主役の人ふざけたキャラしかイメージなかったけど、今回の映画でイメージ変わった。
さ

さの感想・評価

3.7
・総合3.7

・ストーリー3
・映像・音楽4
・俳優・演技3.5
・エンタメ2.8
・余韻4
・満足感4

*ストイック!5
論理の積み上げではなく、執念と狂気の行く着く先にしかない完璧な瞬間
これもオールタイムベスト!
こんなに熱い映画見たことない!
ノンストップのジェットコースター映画で、ラスト10分は本当に度肝抜かれる!
演技も演出も音楽も最高!
欠点が見つからん!!!
Yuki

Yukiの感想・評価

5.0
幼い頃エレクトーンでCowboy BebopのRushとか、似たようなジャンルの音楽やらされてたからすごく面白かった。ピアノが弾けたりギターが弾けること羨ましいとか言う人は是非この映画を観てレベル上げるためにはどれだけ時間と労力と精神力を使うか身に感じてほしい。

映画の撮り方がユニーク。パンで撮ったりカットアウェイが音楽に沿ってリピートされてたりとテクニカルな撮り方が多くて勉強になる。
引き込まれた。ラストの展開がよかった。
好きな映画を訊かれたらこれと答えることにします。
なにが正しいのか。
狂気というか
宗教的なものもあるのかも。

最後まで見て考えさせられる。
>|