セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

mofumofu51

mofumofu51の感想・評価

4.0
おもしろい
音楽モノは俳優が実際努力して弾くより、吹替ならぬ、そのシーンに合う音入れた方がいいんではと思う今日この頃
オシャレスポ根。
一つの事に強い憧れと執着、妄信できれば、それは才能になる。
映画の醍醐味が詰まった作品だと思いました。

色んな感情が渦巻く展開から
最後9分の圧巻のパフォーマンス。

見終わった後の充実感は並みの映画では
味わえないものかと!

多分見る人を選ぶ作品ではあるけど、
個人的にはオススメと叫びたい作品!
pooyuzu

pooyuzuの感想・評価

4.0
映画館での上映中に気になっていたが見れずにいた作品。予告編から怒号のシーンといい見入るものがあったが、実際その通りであった。ウィップラッシュの入りが特に好きで時々サウンドトラックで聞いてしまう。
紙

紙の感想・評価

4.2
本気で音楽やってる人はこんな感じなのかな、どこか狂ってないとやっていけないのだろう。
とにかく観るときに体にすごい力が入った作品でした。教授や主役へのヘイトがガンガンたまってひたすら疲れるので、軽い気持ちで観るのはオススメしません。ただ、諦めずラストシーンまで観た方がいい。セリフのいらないラストのひきこまれかたは本当に凄い。
もんGoro

もんGoroの感想・評価

4.2
強烈に残る映画。

表現に関わる人間の個人的な感情と
表現そのものへの愛情と。

全てはラストのために。
koya

koyaの感想・評価

5.0
J.Kシモンズの演技に度肝を抜かれた。
速さだけを追い求めればいいわけじゃないなどjazzの評論家の意見も気にならないくらいストーリーも演技も良い。ラストシーンとそのあとのエンドロールへの切り替わりの潔さが素晴らしい。
イスト

イストの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キチガイVSキチガイ
悪の権化のようにしか見えない鬼教官フレッチャーとドラムス専攻の一年生。
前半は如何にしてフレッチャーが学生の心を掴み、バンドを掌握、洗脳していくかに引き込まれる。
絶対的な恐怖と緊張が奏者の技術を高め、次の音楽的ステージに引き揚げる部分は確かにあるだろうなあ。
後半は、鬼教官の絶対的な支配の影響で精神的に追い詰められた主人公が、狂っていく様を見せつけられる。
学生が離れたら優しい言葉を掛け、戻ってきたら姑息な手で晒し者にするところで、やはりこのフレッチャーに愛はないのだと確認する。理解していたが改めて確認する。ただのキチガイなのだ。
最後のニーマンによる仕返しを見て、ステージでは指揮者など飾りでしかなく、ドラムスが絶対的な権力者なのだ、ということを思う。誰も逆らえない。その場の空気を作る。
ニーマンの勢いに思わずノッてしまうベーシスト。他のプレイヤーも曲が始まってしまうと音を出さずにはいられないのだ。

曲が終わった後の完全ドラムソロで呆然と立ち尽くすベーシストがおもしろい。

フレッチャーがアメリカが産んだ最悪の2つの単語はgood jobだと話すのだが、あらゆる種類のパフォーマンスで歴史に残る何かを生み出すには、そういう側面は必要不可欠なんだろうなと思った。
msk

mskの感想・評価

4.4
時間があっという間にすぎた。1人の青少年と鬼教師の話。今の日本でこんな教師いたら即刻パワハラでクビだろってレベルの鬼教師で、青少年を応援したくなる作品。自分でも経験したことあるような、集団での扱われ方や立ち位置などが表現されていて、とても引き込まれる。中でもラストシーンはカットがほとんど入っていないので、あの空気、緊張感に吸い込まれた。ドラムもジャズも興味ねえよ!って人にも是非見てほしい作品
ねね

ねねの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

観ている間ずっと、
ここまでする必要あるのか…でも本気で上を目指すならこれくらい当然なのか…いやでもさすがにやりすぎ…
とぐるぐる考え続けたけど、
ラストシーンで、知るかおらああああ俺のドラムを聴けえええと爆発しました。
>|