セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「セッション」に投稿された感想・評価

ストーリーの緩急でドッキンドッキン
良い師を持つってすごく大切な事だと思う
ロング

ロングの感想・評価

4.0
ライティングやシックな色調がシンプルに決まっていて、生々しい血と汗を体感できて、好きだった。意志のぶつかり合いに引き込まれた。
Aaaaa

Aaaaaの感想・評価

3.7
先生狂気すぎて期待してたほど響かんかった
洋画やからいいけど事故っても演奏しにこいとか昭和やん
ただドラムはかっこいい


忘れた頃にもう1回ちゃんと1日で集中してみよ
紫煙

紫煙の感想・評価

-
大きな声で話す人が、どうにも苦手で… 早口で話す人も、嫌い。いい大人になったからいい大人を演じて、微笑むようにしているけれど。

大きな声の裏にある空虚さ、早口に隠した嘘とか、ずいぶんハッキリと見えてるんだよ、あなた… 漫画だったら、私の吹き出しにはそう書いてある。

デミアン・チャゼルという人からも、似たような印象を受ける。

狂気と狂気のコール&レスポンス。

苛烈なシゴキとは裏腹に、どこか思わせぶりな鬼教官。けれど深意などなく、陰湿で卑しい情念にことごとく裏切られていく展開に、ある種のビート感覚は宿っている。

ラストのカタルシスも、引っ張って引っ張っての…がある。けれど、それがどうしたMr.チャゼル。

それがあなたの身につけたサバイバル術なのか? それがあなたの語りたいことなのか? その狂気は、本当にあなたのものなのか?

嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘という、正確な16ビートが今でも脳裏に刻まれている。
ゼロ

ゼロの感想・評価

4.0
アカデミー賞が飛び付いた才能と狂気。

この作品は、物語としては至ってシンプルです。主人公のアンドリュー・ニーマンは、19歳のジャズ・ドラマー。シェイファー音楽学校へ進学し、テレンス・フレッチャーの指導の下、ドラムに打ち込む日々が続きます。紆余曲折ありながらも、ラストにライブを行い、フレッチャーを見返すというもの。

音楽を題材にした作品は増え、楽しさを前面に押し出しているものが多い中、本作品は現実を描いている。フレッチャーの暴力、暴言が酷く、この教室は軍隊なのか!?と錯覚するほどに絶対服従を求められている。人間性の前面否定をされながらも、ニーマンはドラムを叩くことをやめない。

人間の狂気と才能を持つ人間の努力。馬鹿と天才は紙一重というが、正に体現していると思います。

何よりも音楽に対する演出が凄まじい。ニーマンのドラムの本気さを映像に上手く落とし込んでいるし、前半のボロクソに言われた挫折があったからこそ、ラストの演奏シーンにカタルシスを感じることができる。

綺麗事を抜きにした、究極の師弟関係が描かれていました。
RT

RTの感想・評価

3.2
最後は確かに鳥肌モノ。ただ全体的に重めで感情の発散どころがあまりなく、一筋縄にはいかない感じ。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

セッション感想
ドラマーのニーマンが鬼教師のフレッチャーの理不尽すぎるスパルタ教育と戦う話。
フレッチャーやっべえと思ったのはニーマンにやると言った曲と別の曲をやり始めてニーマンがなんもできなかった時。その後、ニーマンが勝手に叩き始めて無理矢理できる曲に持ってったところは衝撃。
ジャズの特徴って感情のほど走りだと思うんだけど、ニーマンの闘志が前面に出た演奏は圧巻だった。
ラスト、そこで終わりなの?とはなったけどね、フレッチャーとニーマンの後日談欲しかったな〜
gushijiro

gushijiroの感想・評価

4.5
ラストのカタルシスがたまらん。

サナギから蝶への羽化を見たときと同じ感動を味わえた。

そこに至るまでの凄い圧力が(文字通り)痛すぎるからこそ。

今思い出しても、あのビンタは怖い。
LICHT1648

LICHT1648の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ひたすらに罵倒がきつくて中身が入ってこず辛いとしか思えなかった…
最後のシーンも結局何なのか、一度見ただけでは消化しきれない。でももう一度観たいとも思えない……
ゆげ

ゆげの感想・評価

-
こんなに意地になってものめり込める事とがある事、その気持ちをどこまでも突き上げてくれる人がいる事、その人に出会える事、全てが幸運だと思うしどこかで心待ちにしている自分がいる。
家族も始めた理由もどうでもいい。
人間臭くてかっこいい。
>|