シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの作品情報・感想・評価

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年製作の映画)

Captain America: Civil War

上映日:2016年04月29日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に投稿された感想・評価

☆アベンジャーズシリーズ13作品目☆
«フェイズ3/パート1»

▪️感想▫️
今作は、キャプテンアメリカの3作品目×アベンジャーズって感じの作品です。
『アベンジャーズ エイジ オブ ウルトロン』と密接な関係性がある作品のため、後編的な感じてみた方が面白いですw
エイジ オブ ウルトロンから3人もの新ヒーローを迎え入れ、ヒーロー同士での大乱闘を繰り広げますw
ワンダ・マキシモフと、キャプテンアメリカの新たなガールフレンド?w
がやはり僕はすごく好きで、とても癒されましたw

◎先に見ておいた方が良い作品◎
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー以外の歴代アベンジャーズ作品
びーる

びーるの感想・評価

4.2
アベジャーズの関係が崩壊する危機を描いたMCU作品。「シビルウォー キャプテン・アメリカ」
キャプテンアメリカ作品ですがアベンジャーズのヒーローに視点をあてMCU作品の中でもかなり重厚な作品であります!

エイジ・オブ・ウルトロンにおいて被害を受けたソコヴィア…ここで考えるのは、犠牲者を多数出すか、未来に地球を崩壊させられるかという選択です。犠牲者にも必ずや家族がいて、その分妬みや嫉みも孕んで来ます。人権問題にも触れており今後のヒーロー映画の味方を変える…そんな作品でした。

さすがMARVELヒーロー!超人的な能力は本当に見応えがあります。私の好きなシーンは、トンネルの中をヒーローが、車を追い越しながら走るシーンです。人間にとって基本的な「走る」という行為ですが、ヒーロー達はとんでもなく速い!!身近な動きでヒーローたらしめるシーンには大きな感動を覚えました!

世界を守るアベンジャーズ解散の危機ということもあり、切ない箇所も沢山ありました。avenge(復讐)がきっかけでヒーローの思惑も、それぞれの関係も大きく傾いてしまうという皮肉を見せつけられます。

この作品から「インフィニティ・ウォー」に繋がる訳ですから、アベンジャーズにいち早くまとまって欲しいと、強く願うばかりです。
3io

3ioの感想・評価

4.1
To catch up Avengers: Infinity War.
One of MCU movies.

In the present day, approximately one year after Ultron's defeat in the nation of Sokovia at the hands of the Avengers. There was a mission to complete but they failed because some innocent people were died because of the power that Avengers have.
The powers they have are helpful, useful and of course powerful which means that if they use them wrong it would be too dangerous.
So Avengers we’re going to be administered by UN.
Political involvement in the Avengers' activities causes a rift between Captain America and Iron Man.

This movie made me think a lot about what justice is. A great power with a great responsibility even they all knew it, there are always regrets come after.
My favorite point of this movie is a fighting scene Captain America against Iron Man. They fought as Avengers, as friends. They were supposed to have the same target. I can’t even imagine how painful they felt. I don’t really want them to be apart.

I wrote in the page of Captain America: the Winter Soldier that whether the Winter Solder is necessary but in this movie, yes he was a key person. Which means he is necessary to take a part of MCU character.

Spider Man and Black Panther joined. Look forward to seeing them in the next.
あよん

あよんの感想・評価

3.0
賛成派と反対派で別れるヒーロー

政府の管理下に置かれるという事は、色んなことが今までとは大きく変わってきます。その事で政府の取り決めに反対する者、賛成する者に分かれてしまいました。アイアンマンは数多くの人々の命を救ってきましたが、一般市民を危険にさらしてしまったという罪の意識を持っていました。アイアンマンことトニースタークマンはこの政府の意見に賛成しました。

が・・・自由を尊重するキャプテンアメリカことスティーブンロジャーズは、そんなトニーに失望しました。政府の管理下に置かれるという事は、政府の犬になるという事です。復讐にとらわれた2人の戦い!
セント

セントの感想・評価

3.9
(物語:0.8音楽:0.7映像:0.8演出:0.7配役:0.9)
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.5
いっぱい出てきて大興奮!
しかし、それぞれの大義名分、それぞれのメンツや正義を貫くために、関係ないお友達まで誘って巻き込んで、破壊力の凄いもん同士が戦って、無実の罪のない人達から色んなもん奪い取って暴れて破壊しまくってるから、怒りを買ってこの大惨事を招いているのに、大人ぶって対立している側も含めて誰1人として状況をわかっていないし反省もしていないもんだから、「そーれー!それがダメなのー!!」って何度も言いたくなるくらいイライラはします。
まぁ、そういう話なんだろうけど、そんな子供みたいな考えの人が武器持つから、戦争ってなくならないんだろうなーって思う。
nami

namiの感想・評価

4.2
ヒーローVSヒーローは新しい!キャスト陣は豪華だし、ストーリーもおもしろいのに、ドラマに映画にシリーズが多すぎてちょっとわけわかんなくなってくる…。

(字幕)
ASA

ASAの感想・評価

5.0
2016.5.31Tue : 鑑賞@劇場

これを見るために2週間の間にマイティ・ソーを始めそれぞれの作品と、アベンジャーズシリーズ、ついでにファンタスティック4ガーディアンズオブギャラクシーまで約20作品ほどを詰め込んでみた…いずれも新しいもの。結局本命を観るのはギリギリになってしまった。
18:15のズートピアと続けてみたかったのに、仕事が長引いて見れんかった。:'(

この興奮をひとりで消化するのは難しい!まさか泣くとは思わんかった!なんでこんなにもアベンジャーズはかっこいいんやろう。エイジオブ〜から思ってたけど、なんかどこかホークアイが好き。あの顔?
ブラック・ウィドウの美しさたるや!あそこであの判断しちゃうところもたまらん!かっこよすぎる、けど女性らしくてすごい。
アントマンの憎めなさ、一般人ぽさが残ってて、登場の仕方もなんかすごくいいし、あんな秘技があったとは。スパイダーマンだけ、地上波とかで見るくらいで見た気になって、よく見てなかったけど、さらにわけわからんくなった。笑 (⚠︎戦闘中は喋らない。)
ヴィジョンも相変わらずツボ。なんであんなシュールなんやろう、、。ワンダの幼さの残る不安定さに自分に似てる気もするからか、すごい胸を締め付けられる。
ファルコンの華麗な飛行もかっこよすぎやし、アイアンマンの戦闘中に突っ込んでくるジョークはわたしのツボの1番きもちいいところをついてくる!

スタークさんの自己中なところ、前々からわたしは好きじゃなかった…キャプテンアメリカの素直さ正義感真っ直ぐさ、つぶらな瞳とむきむきまっちょ。ソーとハルクのいない寂しさはどこかあるけど、それ以上にこんなにもアベンジャーズで切なくなるとは思わんかった、胸が苦しいのなんの!もう胸中ぐちゃぐちゃすぎてどうすればいいのか、にやにやしたり、涙流したり笑ったり大変。007以来の興奮。(そんな映画館行ってないけど)誰かと分かち合いたい!
あとちょいちょいみんなが挟むジョークがたまらなくすき。(二回め)
今回のブラックパンサーと悪役←は、個人的に思い入れのある人でさらに楽しめた。

marvel作品は映画館で観たらすごいやろなぁと思ってたから、やっと映画館で観れてすごくうれしかった。
台詞ひとつ言うたび、攻撃するたび、いちいち胸をときめかせられた。

誰がすきって決められん!みんないい。みんなかっこよすぎてどこを見ればいいんかわからんくなるくらい!
また劇場で見たい。あぁもう眠気の限界…ねる…。
<103>
HIRO

HIROの感想・評価

4.2
キャプテン・アメリカ VS アイアンマン!
不器用だけど熱い気持ちを武器に動く感情論寄りのスティーブ(キャプテン・アメリカ)についたチームと、目に見える証拠や問題解決の効率性などを重視する合理的な考え方を持つトニー(アイアンマン)側についたチームが争うアベンジャーズ同士の戦争はとにかく大迫力!
結論にたどり着くプロセスはそれぞれ違えど、自分が信じる「正解」に覚悟を持って向かうヒーロー達はカッコ良い。
超人と呼ばれるアベンジャーズと言えど、やはり1人の人間であるという事を感じる事が出来る大切なエピソードでした。
大好きなアベンジャーシリーズ。
今回はタイトルロールのキャプテン・アメリカが主軸の作品。
といえど、ぼくはアイアンマンの思想に強い憧れがあるので、断然スターク支持者だが、、、この映画をみて、益々その思いは強くなり、憧れを抱くようになってしまった。。。

今までにない政治の絡んだ内容で、正義とは何か?を問いたテーマになっている。

ヒーローが人助けをするからって何もかも許されるものなのか?という疑問を抱かれたことによって、ヒーローチーム・アベンジャーズの組織を国連の管理下に置くべき置かざるべきかという意見が分かれ、大富豪のアイアンマンと老舗国民的ヒーローのキャプテン・アメリカが対立するという〝内戦〟物語。

やっぱり、主役級のキャラクターが大集合すると、おもしろい!もうとにかく豪華すぎるから観てても飽きないし、ヒーローというものに改めて憧れさせてもらえる!
アイアンマンが仲間集めのために、ネットで話題のヒーローのお宅へスカウトするところなんか、みてて超面白いし、なんといっても飛行場でのチームアイアンVSチームキャプテンの戦いは最高に熱い!(本気を出さないまでも、お互いプライドを保った戦いの駆け引きが素晴らしい!)

とにかく観てるだけて、贅沢な気分にさせてくれる。そんな作品だ!!

P.S.人助け中のヒーローが街を壊してしまい、一般人を巻き込み、憎しみを抱かれるって映画。最近もあったけど、流行ってるのだろうか??
>|