ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅2016年製作の映画)

Fantastic Beasts and Where to Find Them

上映日:2016年11月23日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込…

本作は、ハリー・ポッターと同じあの魔法世界の新しい物語を綴る。今度の主人公は、彼らが通っていたホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法使いニュート・スキャマンダー。誰よりも優秀だが、おっちょこちょいな魔法動物をこよなく愛する変わり者で、世界中の魔法動物を収集するために、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで出会う仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートの新しい冒険が始まる!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に投稿された感想・評価

すわん

すわんの感想・評価

3.3
ハリポタファンじゃないけど純粋に楽しめた!
瞬間移動の時のシュッて音が毎回いちいちびびる。

ハリーポッターに比べると世界観が浅いし、波がなくて、へぇ〜でおわる
ハリポタを毛嫌いしてたのでこういうの観なかったんだけど、とてもよかったあ
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

4.0
評判通り、とっても楽しめた!

友人各方面からなぜかこの数日間でファンタビのタイトルが話題に上がった。
私がみようとしている矢先に悪役の役者さんをネタバレされて、
いざ見始めてみるとネタバレされてしまったことが悔しい……!笑
それでも、展開は読めなかったしちゃんと楽しめた。

忘れるということは、時としてとても幸せなことだったりするのかな、なんて思ったり。


「ウォルト・ディズニーの約束」を観たばかりだったので、コリン・ファレルのあたたかなお父さんからの、何かを企んでいるのか裏のありそうな男。雰囲気が真逆で、改めてこの役者さんスゲーってなった。

エディ・レッドメイン!
キャラクターの作り込みが良い!
歩き方とかよく見ると特徴的。
彼のいろんな演技をみてみたくなっちゃう。

エズラ・ミラーを「ウォールフラワー」で見ていたので彼の美しさに注目することもできた。
繊細さをむき出しにしてる。
ゾクゾクする。
原作読んでたけど映画も楽しかった!
最後の雨のシーンは涙だわ。
おかゆ

おかゆの感想・評価

2.9
どこからどう見ても可愛くないキャラクター(マンドラゴラだったかな?)を愛らしく見せる手腕にはびっくりしました。本当に可愛くてしょうがなかった!
大好きなエズラ・ミラーがイジリー岡田みたいな髪型にされてとても悲しかった。あんなイケメンでもイジリー岡田ヘアスタイルになるとあんなんになるのか…
atsumi

atsumiの感想・評価

4.3
エディレッドメインが本当にカッコよかったです(^^)ハリーポッター見返したいと思います!
①2016/11/27 (日)
②2016/12/29 (木)
ユ

ユの感想・評価

4.5
映画館行けばよかったな〜
動物がとにかく可愛い大好き
あのパン焼きたくなった

ストーリーは重かったなぁ。
人に抑圧され続けて、扱いきれない黒い感情が生み出されてしまう。そして本人が悪いはずないのに、責められる、。
殺されてしまった人はまあ悪いことしてた人たちだったけど、死因ってどうなるんだろうと思った。

抑圧や迫害によって生み出されるものは、私たちの目には見えないけれど、ああいう形をしてるのかもしれない。

デヴィッドがあのパンを作れたのはきっと心で動物を理解してくれたからだろうな。「頭は簡単に変えられるが、心はそうはいかない」的なことをアナ雪のトロールも言ってたもんね!(笑)
goma

gomaの感想・評価

3.6
何度目かわからないくらい観てますが、今日時間があったので再度観てみました。ジェイコブ役のダン・フォグラーの演技が愛らしく、いつ見ても楽しい。

個性豊かで愉快な魔法動物たちが多くいる一方で、人間界や魔法使い同士のやりとりは全体的に暗め。

ハリーポッター1作目のようなファンタジー溢れる魔法映画ではないのが、少し残念だったりします。