母と暮せばの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

くり

くりの感想・評価

3.4
いろいろな面から観て、すごく綺麗な作品だと思う。
でも私はどうしても結末というかラスト30分くらいがしっくりこない。

静かな、リアリズムのある演技が苦手な私タイプの人間にはすごく勉強になる。
この時代の学生を演じられる二宮和也という人間は見た目も演技力もどうなってんだこりゃっていう衝撃。
演出特に最後とか、あまり良いと思えない所もあるけど、これだけの監督、俳優を揃えて原爆をテーマにした映画を作るのはこれからも日本映画の使命だと思う。被害者としてではなく唯一の被爆国として。

「マチコがね」名ゼリフ
tantan

tantanの感想・評価

3.0
実際にこういう人たちっていたんだよなあ。いまの自分はどれだけ幸せだろかね。結婚できて。仕事ができて。親もいて。高望みしすぎだよね。愛って。
まりこ

まりこの感想・評価

3.2
最後、それで良かったと思った結末だった。

原発は防げたことなの、人間がおこした大変な悲劇なの。そう言われたら悔やまれるよね
防ぎようがなかったって思えば仕方ないと少しは思えたかもしれないけど防げたなら、、、って思えちゃうもんね

できたら僕より素敵な人といや、おらんとは思うよ?が面白かったのに切なかった。

生きてる人は幸せになってほしいこれが亡くなった人の願いか。

隣で母がポロポロ泣いていたからきっと私にはわからない感情があったんだろうな。まだ私は未熟なんだろうなって感じた。

母と暮せば見えたことは、愛する人に幸せになってもらいたいこと、僕の代わりにそして
みんなの代わりに幸せになってほしいと思えるようになったこと。母と共に前に進めたこと。
最初の原爆投下のシーン、演出が凄くてとても怖かった。原爆の恐ろしさや無慈悲さは、冒頭の数シーンで伝わりました。グロさとかはないんだけど、今まで見てきた原爆のシーンの中でも一番、、、

二宮の演技が素晴らしく、おちゃらけてお喋りなんだけど、泣くことも沢山あって、本当は殺されてすっごく悔しいってのが伝わる。
いろいろツッコどころもあったけど、最後のシーンで一人じゃないってのは、何よりの救いだと思いました。
akariohno

akariohnoの感想・評価

5.0
祖父祖母、母父、私で見ましたが全員号泣。どの世代の方でも見ることのできる内容です。実際に原爆を落とされた、日本人だからこそ見ておいて損はないと思います
bb

bbの感想・評価

3.4
不覚にも号泣。
最後の展開に少し驚いた。
最後の涙をこらえるお母さんの姿がとっても切なくて切なくて
JR

JRの感想・評価

3.2
硬派な題材ながらも重過ぎず、しかし母子の軽妙なやりとりがより一層惨酷さを際立てている。所々舞台っぽいなと感じたのは演出の所為でしょうか。最後はフランダースの犬を思い出した。

兎に角おじさんに幸あれ。
>|