母と暮せばの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

シオン

シオンの感想・評価

4.0
戦時中の母と息子に起こった悲しい物語。
互いに気遣いながら、生き抜く姿に共感できる人も多いはず。
現実に生きる母と非現実に生き母を想う息子に涙が止まりませんでした。
ハヤテ

ハヤテの感想・評価

3.0
最後のエンドロールが怖すぎる。
未だにトラウマ。
内容もいまいち。
記憶にあまり残らず…
okome

okomeの感想・評価

3.2
原爆投下のシーン
すごくリアルで凄く怖かった。

何かの批評に書かれていた
「息子と暮せば」の文字を見て、
あ、これだな〜と思った。
舞台を観ているかのように感じる映画。過去のストーリーは登場人物たちの語りによって観客に伝えていく。落語みたいな感じ。長崎訛りが心地良い。全体としてゆったりしていて優しい物語だが、だからこそ登場人物の感情が引き立つ感じがした。
感動しました。ニノの演技はやっぱり引き込まれます!周りも豪華で良かったです
(記録)
nanami

nanamiの感想・評価

4.3
戦争についての直接の描写は少ないからこそ戦争の理不尽さや悲しさが身にしみてくる 見終わった後は言葉では言い尽くせない気持ちになってしばらく涙が止まらなかった
日本人向けの作品だと感じました。
長崎に原爆が落とされた時からの数年後までの話。
ずーっと静かだし、ずーっと何か悲しい感じ。
原爆が落とされた時のあの瞬間の様子がかなり衝撃的でした。ほんとに一瞬なんだなと。
hiromi

hiromiの感想・評価

3.0
🙆あったかい

悲しみや絶望ののちの希望。
生きていくこと。

優しさと温もりに、傷ついた心は力もらえる。
kurin

kurinの感想・評価

3.5
想像通りの展開だけど、吉永小百合の演技には静かな怒りがあるように思う。また死んだ息子が現れるのがおかしく思わないのもこの映画の凄いところ。
checo

checoの感想・評価

2.6
高校3年
母と元旦に見に行った。
やっぱニノ演技上手い。吉永さん綺麗。
>|