母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    pan
    panの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    『父と暮らせば』と対になるはずだったものを映画化されたのだとか。
    『父と暮らせば』の方は舞台の雰囲気が映画でも漂っていたけれど、こちらはそうでもなかったのはそのせいか。

    生き残った母の元に死んだはずの息子が現れるって、これは母を迎えに来た死神という役割だったのかな。
    悲惨な描写は使わず、回想して物語るというのも『父と暮らせば』と同じだった。
    重さが全然違ったけど。
    両作品のキーパーソン(生き残った罪悪感を感じて生きている女性の前に現れた希望、もしくは転機となる男性)が浅野忠信だったのも対を感じさせる作りになっていた。
    浅野忠信が両作品を繋ぐ軸と考えてみれば、映画が向かう方向は「生」なんでしょうね。
    環
    の感想・レビュー
    2017/03/12
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    何回もポロポロと涙が…

    悲しくて寂しいけど、それでも幸福なラストが痛いほど刺さりました。
    生きている人がやりきれない気持ちをどうにかする手段でしかないのだろうけれど、時代に関わらず、独りで亡くなった皆が、例えばこんな風に旅立ってくれていたらと思ってしまう。
    ゆかちゃん
    ゆかちゃんの感想・レビュー
    2017/02/10
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    怖い怖い怖い!
    「父と暮らせば」とてもハッピーエンドだからほのぼの終わると思ってたのに。
    m7
    m7の感想・レビュー
    2017/02/07
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    2016.8.2
    ほとんど話劇だと思う
    ラストは悲しいハッピーエンド
    クライン
    クラインの感想・レビュー
    2017/02/05
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    記録
    ぜひ見て欲しいです。
    のぞみん
    のぞみんの感想・レビュー
    2017/01/30
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    お母さん、浩二、町子の三人が中心。

    どうして急に浩二が見えるように
    なったんだろうと思っていましたが
    お母さんの死期が近く、迎えに来たのだと
    中盤でわかりました。

    亡くなっても見えないだけで
    大切な人はそばにいるのかな。

    吉永百合子さん、ニノ、黒木華の
    演技が凄く引き込まれました。
    空
    の感想・レビュー
    2017/01/29
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    予告で観たことあったから、いつか観ようと思っててほぼ家でいながら会話で昔の話をするところが面白かった。
    最後の方の扉半分閉めかけて戻ってお母さんのこと抱きしめるところがすごくいい。
    まりも
    まりもの感想・レビュー
    2017/01/29
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    なんだか不思議な映画だった。

    最後の伸子さん一人で逝ってしまったのね可哀想ってところで、伸子は一人じゃなかったよ。浩二が一緒にいてくれて、これからもずっと一緒にいられるんだよって思ったら涙出てきました。
    浩二と伸子の時間が終わってほしくないって誰しも感じると思うけど、そう考えるとなんか安心する終わり方だったかな。
    伸子が一人にならなくてよかった。

    みんな役者さんが素晴らしい演技でした。
    Nの人
    Nの人の感想・レビュー
    2017/01/25
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    旦那も息子も亡くなって、ひとりぼっちの母さんの元に、原爆で死んだはずの息子が突如現れる。

    戦争の話は一瞬で、親子の会話がほぼ中心でストーリーが進んでいくけれど、岡田くん同様ニノも完全に俳優やなぁ。学生服を着こなす30代(笑)母さんが吉永さんだっていうのもまた良かった。あと訛りも。

    最後のシーンはもちろんつらかったけど、本田望結ちゃんのシーンの方が私的につらかった。あと黒田先生が浩二に挨拶に来て、「この子が浩二です」って紹介しようとして言葉に詰まるシーン。つらい。

    「1人っきりで死んでしもたんやねぇ、可哀想に」って言葉、今の時代に増えへんかったらいいなぁ。
    SakiArai
    SakiAraiの感想・レビュー
    2017/01/17
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    俳優さんたちの演技はとても素敵だったのに、
    ゾンビの演出とか、たまに違和感を覚えるシーンがあって、
    せっかくの雰囲気が壊れて、もったいないと感じた。
    >|