母と暮せばのネタバレレビュー・内容・結末

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿されたネタバレ・内容・結末

長崎が舞台なので地元民は感情移入がしやすい映画だと思います。ラストは納得いくけど、戦後支えてくれる人たちも周りにはたくさんいたのに、現実には未練を感じず息子がいる世界へ逝ってしまうなんてやっぱり寂しすぎると思います。
1945年8月9日に長崎の原爆で被爆死した青年が、三年後に亡霊となって母親の元に現れるファンタジー物語。

戦争物は嫌い。
でも、この映画は観て、本当に良かった。
素晴らしい。
母親とは生死で別れることも嫌なので、私にとってはこれ以上に無いほど最高のハッピーエンドだった。

ニノも、吉永小百合も、他の役者さんたちも凄い。
方言の魅力を改めて感じた。
全体的には好きだけど最後のシーンのせいで、宗教映画感がいなめない

幽霊になってしまった主人公が、まだ生きている彼女が別の男と結婚するのを知ってしまった時の、描写が好き。
ファンタジーなんね〜。
二宮くんの感情の起伏には驚きました!

私も死ぬ時は、人に惜しまれるように、
そして、ぽっくり逝きたい。
ごめんなさい。
先に謝っておきます。

〇〇大好きな友人からのオススメ。
観たのは途中までかな。

戦争云々に点数は付けられない。

だけど‥
賞は〇〇レースでしょ?
 長崎の原爆投下で息子さんが亡くなって、その3年後に幽霊となった息子さんが母親の前に現れる話。
 
 息子の物語ではなく、残された母親の話になっていて、タイトルが微妙にあっていないかと映画を見ていて終始感じてしまいました。冒頭の息子が生きているときは白黒で描いて、そこで恐ろしい原爆シーンも迫力あってよかったです。フィルムが溶ける描写はあまり見たことなくて新鮮でした。

 けど本編に入ってからは終始退屈に感じてしまう内容でした。幽霊の描写が映像表現が発達したからかファンタジー色が強くて見ていてむなしくなりました。【父と暮せば】では原作の舞台の演出を活かしたかのような暗闇からそっと出てきたりする描写だったのに発達しているがゆえに安っぽく見えてしまいました。

 お兄さんの亡霊が夢枕に立つというシーンも怖いシーンだったですが、結局何の意味があったのかわからなかったりと、息子さんの残された婚約者が新しい恋人を作るのが嫌だと悩むけど、結局彼女の幸せを願うために新しい恋人を許すという気持ちになって、その婚約者が新しい恋人を連れてきてあいさつに来た時に、幽霊の息子はどういうリアクションをするのだろう? と見ていると幽霊は映画館に行ってその場にいないというのは一体どういうことなんだろう? と首をかしげてしまいました。

 ただの親子の映画ではなく、もっと原爆にやられた人の苦しさ悲しさ怒りや家族を奪われた人の気持ちを見せてくれる反戦映画として見てみたかったです。

 明らかに黒木和雄監督の【父と暮せば】の対となっている作品でそちらと比べてしまって【父と暮せば】が傑作なのを再確認してしまう残念な映画でした。
祖母の付き添いで見に行きました。
吉永小百合さんはいくつになっても美しく演技力に衰えがありませんが、それに負けない二宮さんの演技力に脱帽しました。
冒頭の原爆が落とされるシーンと、中盤の、兄が夢枕で母に会いに来ていたシーンがとても怖く、映画館で身震いしたのを覚えています。
実は息子は母を迎えに来ていた、というラストには少し笑ってしまいましたが、死んでしまった息子と、今を生きている彼女と母親、という構図とそこから広がる話に終始涙が止まらず、周りからもすすり泣く声がしてました。
戦争の事を知るきっかけ、そして改めて戦争について考えるきっかけになればと思います。
私が娘で母ではないからか、
父と暮らせばの舞台も映画もすごく印象深く覚えているからか、
あるいは全く別の問題なのか、

どうしてもうまく良いように捉えられなかった。

母を慕う息子が、母に喜んで欲しくて作った映画というより、

こういう風に作って貰えたら嬉しいでしょ?
みんな、なんだかんだ言って母親は小百合様みたいに見えてるでしょ?

その小百合様が死んだ後も喜んで迎えてくれて、
自分の不在に弱り果てて、はっきりと死に憧れを持つほど想ってくれるの嬉しいでしょ?

みたいな押し付けがましさを感じてしまった。

だってさ、闇でわざわざお土産買って来てくれるおじさん、そんな悪い人じゃないよ。
その好意を素直に受け取れないのは母を慕う息子だからでしょ。良い人じゃん。
死んだ息子と1人残された母親が、思い出を紡ぎながらこれからを考える、寂しいしんみりした映画。

息子が死んでから生きる意味を失った母親が、息子とずっと一緒にいられる死の世界に憧れる、死ぬことを喜ぶという描写は死を美しく見せ、恐怖を少し減らしてくれる。
しかし闇品を譲ってくれるおじさんは愛を自分なりに精一杯伝えたけれど、生きる希望にはなれなかった。最後のお葬式で泣き崩れるシーンはすごく切なかった。

舞台的だったので画面越しに見ると演技がオーバな感じがした。
舞台で観れたらすごくよかっただろうなぁ。

3年間待ち続けた息子が突然目の前に現れたのにえ!もう受け入れたん!?と驚くほどすんなり受け入れたので長い人生歩んできた人は違うなぁと感心した。
泣くシーンは何回もあったんだけど。
エンドロールでめっちゃ冷めてしまった…なにあれ(´・ω・`)こわいよ(´・ω・`)

ラストはいろんな解釈ができそうだけど、まちこさんが幸せになったことで本当に1人ぼっちになってしまったお母さんを、ニノがあの世に連れて行ったんだと思う。
>|