母と暮せばのネタバレレビュー・内容・結末

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿されたネタバレ・内容・結末

愛に溢れた切ないけどあったかい映画
みんなが苦しみ悩みながらお互いを思いあって戦争を乗り越えて前を向く。死んだ人への行き場のない思いへの葛藤が辛い。

町子が他の男と結婚するとべきという母の意見を全く受け入れられないシーンが胸が痛かった。町子の幸せを願っていいよ…なんてすぐには言えない。本当に愛してたんだなぁと思った どうしようもなさすぎて苦しい

お母さんが町子に嫉妬してしまうシーン、胸が痛かった 綺麗事言ったってお母さんにとって子供が1番大事なのは痛いほどわかる

ラストの浩二が母を天国へ連れて行くシーンは正直びっくりした。え?連れて行っちゃうの?!って思ったけどお母さんの嬉しそうな顔を見て、一緒にいれることが何より幸せでそれ以外もうなんだって良いよね(笑)と思った

浩二が町子好きな人おるの?と聞いてきた時のことを思い出すシーン、
浩二の部屋でお母さんが町子に浩二のこと諦めてというシーン、お母さんが浩二と町子のツーショットをしまうシーン
心揺さぶれ涙したシーンがたくさん。
ストーリーはあんまり良く分からなかったけど、映画の雰囲気が良かった。

吉永小百合の演技が流石過ぎて、途中から涙が止まらなくなった。
黒木華ちゃん、昭和の素朴な役がよく似合うなぁ。

演技が上手い2人に挟まれて、ニノ大丈夫かなと観る前は不安だったけど、上手く役に嵌ってた。元々ジャニーズの中では上手い方だと思ってたけど、あそこまで出来ると思ってなかった。


愛する人のために突き放す言い方をした吉永小百合さんの言葉が切なく、なんであの子だけが幸せになるんだろうという台詞が悲し過ぎた。
亡くなったはずの息子と
母のやりとりは
ファンタジー要素を感じてしまい
感情に訴えるものはなかったが
息子の婚約者が暫くぶりに
義理母を訪れ、
新しい結婚相手を紹介する場面は
よかったです。

挨拶を終えて帰ろうとしたとき
突然振り返って義理母に
抱きつくシーンは
じーん、ときました。

亡くなった婚約者への
想いも抱きながらも
新しい結婚相手との幸せに
歩みだす。
そんな複雑な気持ちを
よく表している
名シーンだと思います。
あったかい映画。予告かなんかで言ってた
「やさしくてかなしい」まさにそんな映画。
残された人は死んだ人のことを思って、死んだ人は残してきた人のことを思う。でも決定的にに違うのは、生きている人たちの時間はどんどん前に進んで行くから生きる世界、状況、気持ちは変わり得るということ。どんなに死者が変わらないことを心の奥底では願っていたとしても。こういう風に、死んだ人のことをだんだん思い出さなくなっていってしまうのだと見ていて思った。
果たして二宮くんの本当の目的は、お母さんに会うためだったのか、お母さんを迎えに来ることだったのか。

1番泣いたのは本田望結ちゃんが泣いちゃダメなんだって自分に言い聞かせるシーン。きっとこの時代には、あの女の子みたいに強くならなければいけなかった人たちが大勢いたんだろうな。
二宮と吉永小百合さんの掛け合いが凄い。
長崎の原爆により一瞬にして命を奪われた息子と、突然息子を失った母と、息子の恋人との物語。
幽霊となって出てきた息子が話すのは、いつも恋人についてのことばかり。
死んでもなお恋人を思い続け、彼女のために幸せになって欲しいが…という葛藤を覚える息子と母。
最終的に、
母は息子と天国に行き、
恋人は婚約をした。
ハッピーエンドなのかは分からないけど、それぞれの道を進む感じだったかな。
メモ

はじめは白黒
基本的に暗い
回想シーンは明るい
ひかりで表現してる
一人芝居が多い
泣くと消える
生と死の境目がぼやけている
もしかしたら息子が見えた時点で死が近づいていたのかも
長崎が舞台なので地元民は感情移入がしやすい映画だと思います。ラストは納得いくけど、戦後支えてくれる人たちも周りにはたくさんいたのに、現実には未練を感じず息子がいる世界へ逝ってしまうなんてやっぱり寂しすぎると思います。
1945年8月9日に長崎の原爆で被爆死した青年が、三年後に亡霊となって母親の元に現れるファンタジー物語。

戦争物は嫌い。
でも、この映画は観て、本当に良かった。
素晴らしい。
母親とは生死で別れることも嫌なので、私にとってはこれ以上に無いほど最高のハッピーエンドだった。

ニノも、吉永小百合も、他の役者さんたちも凄い。
方言の魅力を改めて感じた。
全体的には好きだけど最後のシーンのせいで、宗教映画感がいなめない

幽霊になってしまった主人公が、まだ生きている彼女が別の男と結婚するのを知ってしまった時の、描写が好き。
ファンタジーなんね〜。
二宮くんの感情の起伏には驚きました!

私も死ぬ時は、人に惜しまれるように、
そして、ぽっくり逝きたい。
>|