はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 213ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

すの

すのの感想・評価

4.0
コメディかと思ったが、
意外と政治色の強い?
シリアスな場面等もあり予想外だった。
私の予告編の捉え方が悪いのかも?
ただし、内容は面白いし、
子供の自由さが素晴らしい。
みんなチャーミングで憎めない。
いい映画だった。
アメブロを更新しました。 『「はじまりへの旅」自然の中で生きるのも良いけど、社会との交わりも大切です。』 https://t.co/lQVK6XfjhS
れいろ

れいろの感想・評価

4.0
観終わった後、チョムスキーをググりました

ぬるま湯で育った身としては本作の子供達への教育方針はガクブルしながら観てたけど、少し憧れもあったり。三日も持たんと思うけどな…

大家族築いて田舎へ戻り、セッションしながらのんびり過ごすという夢、僕にもありました。
結局エゴなんだよなー …

長男の「俺たちはフリークだ。本以外の事は何も知らない」ってとこのシーンが一番きたわ。
てか観終わるまでハリポタのロンと間違ってた←
あと次男イケメンすぎだろ!
スタンドバイミーのリバーフェニックスを彷彿させるワイルド感!

日本ではコメディ映画と間違われそうなキャプテンファンタスティックという原題、邦題より好き!

OPで流れてた曲が、クリエイターズファイルの洋酒アドバイザーで流れてた曲と混同して秋山の顔がチラついた自分にイラっとした↓

https://youtu.be/8YvGozgkUgk
transfilm

transfilmの感想・評価

4.4
観る前から「リトルミスサンシャイン」を連想していた
「キャプテン・ファンタスティック」を観ました。
とても面白かったし、泣ける人は泣ける映画だと思う。

家族愛映画、風変わりな一家、ロードムービー風・・というところが
リトルミスサンシャインと似てる。
リトルミスサンシャインと同じくサンダンス映画祭出展作品だということで、、
数年に一回のペースでこういう映画作ってくれるのは自分は全然かまわないです。むしろウエルカムです。

「アイヒマンの後継者」に続いて、反権力、反骨精神の映画が観れてよかった。結局、今年も映画に励まされている。
そうか、2017年はやっぱりこういう年なのか。
まあ、権力に服従したっていいことなんもないもんね。

大切なのはいつだって家族、家族愛映画です。
普段映画いっぱい見てる人も、そうでない人にもおすすめです。
正直現実にいたら距離を置いてしまうかもしれないが
どこかでこの生き方、生き様に憧れてしまう部分は誰にでもあると思う

その生き方に向き合う家族の姿がまじかっけえ

子役の家族感というか雰囲気もほんとにまじもんの家族のよう。子役素晴らしい

葬式のシーンかっこよかった。
親方

親方の感想・評価

4.0
野性的で知的な変人一家の物語。

思っていたのはハチャメチャな
コメディだったが
それとは違いちゃんとした
家族ドラマだったね。
でもちゃんと笑わせに来てたよ。

言葉にも表現規制がなく
子供がここ最近だと
あまり言わせられないやつを
バンバン言ってくれる。
そのお陰で
作品全体の空気が良くわかる。

最初の場面での静けさと
最後の場面での静けさ
意味の違うこの静けさによって
この映画は上手くまとめられている。
まー

まーの感想・評価

3.0
久しぶりのヴィゴ・モーテンセン。
まだ小さい子供に真面目に性教育の話をしたり、今回はちょっと変わったお父さん役。
全裸シーンもあり。
子供たちも個性的で、長男の女性に慣れてない様子もおかしいし、三女もワイルドでいいキャラ出してました。
派手なストーリーではないものの、これどうオチつけるのかな?となる展開。
終わりではなく、新しい、始まりを思わせるラストも良かったです。

パンフにはトリビア集もあったり、おすすめです。
当たり前って何だ?と問われる作品。

人間は誰しもが平等であり、自由意思で理性的に決断をしていくことが幸せにつながるということを家族の中での前提としている。
その上で家族が自由に決断をするのをみて、自分は見えない社会のルールに縛られているが、本来もっと自由で良いのだということを、感じさせられた。
一般常識とは異なる、自分なりの基準で判断し行動するため、失敗することもあるのだが、それこそが自分の人生を生きていることなんだと思う。
ジロ

ジロの感想・評価

3.8
新宿ピカデリーにて。

自分の父親を見てるようで、なんとも複雑な気分になった。
私の父親も葬式で喪服を着なかったり、自分がいいと思うものだけをいいと言うし、ごまかしはしないし、世間一般の常識に当てはまらない自分の価値観で生きている。
もちろんこの映画のように、それが悪い方向へ作用してしまうこともある。
でも悪いだけじゃないのかもしれない、と素直に思えた。
でも私にはできないんだよな、この生き方…

子供たちがみんなカワイイし、音楽も気持ちいいし、考えさせられたり泣かされたり。
いいロードムービーでした。
ニト

ニトの感想・評価

4.5
原題「Captain Fantastic」、なぜ邦題がこうなったのか疑問がとけないが、見終わった後にファンタスティックって言いたくなった。

完全に個人的な評点ですが、めちゃくちゃ良かった。あらすじがいい意味であらすじなので、ストーリー読めなくてドキドキした。
家族のありかたとか、愛情の表現とかだけじゃなくて、教育とかそういったことにも突っ込んだいい作品。

穏やかな気持ちで見られたし、何より主演のViggo Mortensenがカッコよかった。動いてるとホントカッコいい。曲も良かったので是非に!