はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 213ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

私の両親もいかにもチョムスキーと親和性のありそうな人達でしたし(笑)、山村育ちの価値観をずっと持っていたので、個人的にもこの作品を観ると突き刺さる部分があります。
しかも、登場人物の苦悩がとてもフェアな形で帰結しているので、なんとまぁボタンの掛け違いのない作品であろうかと、感激することしきりです。
とても面白かった。
nikegm

nikegmの感想・評価

3.8
期待以上の良作。
主人公一家といわゆる「世間」とは、世界のあちこちで見られる大きな分断を象徴しているが、どちらかの立場から一方的に敵認定した相手を叩いたり、あるいは安易に妥協させようとするといった逃げは打たずに、理解したくない相手とわかり合おうとする過程を正面から誠実に描いている。
はじめから作り手がシンパシーを抱いている側に寄り添った「結論ありき」のプロパガンダムービー(ドキュメンタリー含め)に胸焼けしている人には特におすすめです。
Mami

Mamiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヴィゴ・モーテンセンがヴィゴ・モーテンセンにしかできない役をやっている時の素晴らしさ。仏教徒を土葬にする以外は(いやそれだけでだいぶひどいけど)実にまともなことを言っている義父といい、子どもたちひとりひとりといい、みんな素敵。奥さんの遺言、そこまで忠実に叶えてあげるのね。ちょっとだけ反省してちょっとだけまわりの世界と折り合いをつけるラストも好き。
さこ

さこの感想・評価

3.9
妹の息子たちはadidasという靴のメーカーを知っていても権利章典等の学校で学んだことについてきちんと理解できておらず、ベンの子供たちは常識を知らなくても沢山の本を読んで沢山の知識を得ている。私のこれまでの日常とか当たり前って何なんだろうと思いました。まさに「普通ってなんですか?」ですね。
キーラーの歌声が素敵でした。それに合わせて楽器を演奏する家族もとても素敵でした。
初めのほうの鹿を狩るシーンだけきつかったです。
yukichi

yukichiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます


CAPTAIN FANTASTIC

正直だとか、具体的だとか、精一杯だとか、力だとか、常識だとか、知識だとか、子供のためだとか、必ず大事なことだとか

なにも必然なことはありゃしなくて、

「人民にイエス、権力にノー」

自由さえ自由に使わんくてどうするんだ!

生きてくぞー

(そういえば、上映中に鼻血が出てきたから、異常に生きた心地がした映画だった。)
父と子の間に、絶対無償の愛があるわけじゃないけど、思いやった分だけ、絆は強くなる。
不器用でまっすぐなヴィゴモーテンセンに好感大。
大きな一歩を踏み出す際、ときには髪を切ること、髭を剃ることが大切であるということを学びました。
ラストカットの体感時間の長さも心地よい。

音楽もこの手の作品にありがちな「ほら、シガーロスだよ、どう?ディランだよ、ぴったりでしょ?」といった作為や主張、あざとさが無く、すんなり耳に入ってきました。
yoji

yojiの感想・評価

4.8
焚火でもくもくと本を読みバスを運転して旅する。涙が出るほどいい映画です。
欺瞞と不合理に満ちた世の中に嫌気がさし、社会と隔絶された森の中で子供達を育てる主人公。

美しい映像とユーモアに溢れたこの映画は、彼の挫折に伴う絶望と焦燥を残酷なまでに剥き出しにしている。

そんな父親を救う子供達の(健気で勇気ある)提言は、どこから生まれてくるのだろうか。厳しい自然の中で実践された教育の成果?

あの静かなラストカット。それは主人公に残された希望を象徴するものであって欲しいと、切に願う。。

本作の動画レビューをyoutubeにUPしました!
https://youtu.be/IyTFoJs46tI
YosukeIdo

YosukeIdoの感想・評価

3.6
ヴィゴ・モーテンセンの新たな魅力爆発。
予告を観る限りウェス・アンダーソンが作っててもおかしくなさそうな雰囲気ですが、フタを空けてみると意外と真面目な作品。
長男役の役者さんが良かったです♪