サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

cie

cieの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。

少女がサーミであることを捨てる決意をした時、母が差し出した父の銀のベルトに託した思いが見ていて重かった。
その後のエレマリャの人生を見たかった。

日本版の広告ビジュアル、おしゃれにまとめてる感じが残念。内容と合ってない気がする。
きき

ききの感想・評価

4.0
年老いた彼女のまなざしがとても印象的で、映画のなかでしずかに淡々と語られる少女時代ももちろんやるせないのだが、その後の人生のほうがもっともっと過酷だったのではないだろうか、とものすごく自然に余白を想像させるつくりがすばらしいなあ、とおもった。
2017年10月4日、新宿・武蔵野館にて鑑賞。

予告編は観ていたのだが、まさかの展開に鳥肌が立った!!

1930年代、スウェーデン人から蔑まれていた先住民サーミ人の物語。
学校でもスウェーデン語しか話してはならずサーミ語は話してはいけない、サーミ人が通ると差別発言が飛び交うなど、観ていて怒りを感じる差別場面。

物語は、ある女性の葬儀に来た元々はサーミ人だったが今はサーミ世界から離れた老女のシーンから始まる。

実に素晴らしい映画だった。
HK

HKの感想・評価

4.5
スウェーデンの少数民族のお話。「差別」の話じゃなくて「多様性」の映画。「差別の場面を描いて、それを打開しようと誰かが立ち上がって差別がなくなる」みたいなコンテクストに沿って撮られた大多数の差別を題材にした映画とは一線を画す。
小奇麗なパッケージで綺麗な風景の中綺麗な作風で撮ってる割には、話はラース・フォン・トリアー並みにエグい。ラース・フォン・トリアーもそうだが圧倒的に救いがない。
もつ

もつの感想・評価

4.0
面白かった
サーミ人を知らなかったけど、興味がわいた
始まり方も終わり方も良かったと思う
あんなーやあんなーやーが頭から離れなかった!!!
黎

黎の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フィンランドのミュージアムで観た民族衣装が美しくて印象的だったが、こんなに差別されていたとは驚く。それに屈せず自由を求めるエレ・マリャの勇気に心打たれる。一番心に刺さったのはニコラスの家でヨイクを歌うシーン。ニコラスの友人達の悪気はないけれどサーミとしてのエレ・マリャの誇りを傷つけていることが、彼女の歌声から伝わる。寄宿学校でサーミ語を話すことを禁じられていたが、これって日本も琉球とかアイヌの人に同じことやってたんだよな。方言札とか。 2017-9-16

このレビューはネタバレを含みます

少女時代にラップ人という蔑称される環境に耐えられなくなり血を捨ててスウェーデンでひとりきりで生きていった主人公の今までの人生の時間のおもみと、誰もいない時間になってやっと棺におもむいて、もう眼を覚ますことのない妹に向かって「ゆるして」とひとつだけつぶやく様と。
長い時間の末、返事をしない愛する相手に「ゆるして」と問いかけるきもちはどんなものなのだろう。
moimoi

moimoiの感想・評価

4.0
差別と因習の大地から逃れることを渇望する少女の姿が痛々しく、強い瞳と逞しい肉体が心に焼き付けられた。

ヨイクは山や大地や空などを歌い、歌うことでそれらを存在させ、物理的に離れていても、歌えばそこに立つことができるのだと、サーミの歌手が言っていた。
それを思うと序盤での「寄宿舎でヨイクはやめて」からは故郷と決別したい潜在的な渇望が、パーティーで歌わされたヨイクにはどこまでもつきまとう故郷の呪縛が感じられ、その意味がずっしりと重くなる。
どれだけ遠くに逃れても逃れられないものがある。
耳に刻まれたマーキングのように。
けれど、因習や差別を受け入れひたすら耐えることが正解でもなく。

この物語で描かれていることは世界中で起こってきた、そして今も起こっていることなのだろう。
アイヌ迫害と同じことが北欧でも行われていることを知りました。
Risa

Risaの感想・評価

4.0
キネカ大森二本立てで鑑賞。
目を覆いたくなるほど残酷な差別を受けていたサーミ人の1人の少女がスウェーデン人として生きるまでのストーリーと、後年の彼女が妹の葬式のために息子・孫娘と一緒に故郷に帰るストーリー。
歳をとった主人公はあまり話しません。
しかし、家族や故郷との関係を断ち切った後悔や寂しさがにじみ出た表情が印象に残りました。
>|