サーミの血の作品情報・感想・評価・動画配信

「サーミの血」に投稿された感想・評価

主人公は故郷を蔑んで、自らを偽って過ごすが、何と物悲しい末路か…。
最後のシーンの主人公の表情が印象的。

社会勉強にもなった作品だった。
半兵衛

半兵衛の感想・評価

4.0
見てて辛かった。早くこの時間が終わって欲しいと思った。彼女が差別という束縛から脱しようとする姿に心打たれた。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.3
主演の子がめちゃくちゃいいのでサーミ人とかいうの抜きに映画出てほしい。

個人としての尊厳をすべて踏みにじられるような身体検査を経て、何としてでも「普通のスウェーデン人」になってやるとなるのはしょうがないと思うので、エレマリャのやり方などにケチを付ける気はない。

ただ、そんな反骨精神で飛び出し、ラップ人の名前と決別し、スウェーデン社会でパッと良さげなホテルに泊まれるくらいの経済力を持った(さらに言えばその母の出自を恥じない息子と孫を育てた)クリスティーナとしての彼女の物語が一切描かれていないのは明らかに物足りないと思う。

なんか民謡の曲が頭に残る。サーミの服がめっちゃ燃えにくそうだった。
kahoppy

kahoppyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

北欧の差別の歴史全然知らなかった
から衝撃が大きかった
方言を話したら手を叩かれ、スウェーデン語を強制させられるのに能力がないって言われ、見世物にされて
辛いシーンが多くて見てられないところもあったけど、映像とカメラワークと生々しい演技に引き込まれて最後まで見ずにはいられなかった

学校での差別の様子が祖父母から聞いた
沖縄戦前後の学校と似てて
こんな時代を過ごしたのかと思うとやりきれない気持ちになった

たまたま、二日連続で差別をテーマにしている映画を見て余韻がすごい。
今ある差別をなくすためにも、同じことを繰り返さないためにも映画で知らないことを知れてよかった

元気がある時にしか見れないけど、、!
mao

maoの感想・評価

5.0
最初から最後までずっと釘付けにされた。
「自由を求めて旅立つ少女」、この映画はそのストーリーに収まらないから、ずっと集中して観ていた。

観終わったあと、実際にサーミ人の方が演じていると知って驚いた。主演の方は映画初出演だとか。ニューヨークタイムズが「台詞が必要ないほどの表情」と評していたけど確かにそうだ。

エレ・マリャは自分の力で外に出ていく。そのときに人に頼っていく力もまた自分の力。自分の力で道を切り開こうとする意思の強さ。

サーミ人のこと北欧社会のこと、差別のこと、それだけじゃなくて自分のことにも置き換えられると思う。
サーミ人を描く映画じゃなくて、エレ・マリャを描いた映画になっていたから、より入り込めた。

映画は自分の知らないことをたくさん教えてくれる。
叡人

叡人の感想・評価

3.0
1930年代のスウェーデンが舞台。他の人種よりも劣っているとされ迫害を受けていたサーミ人として生を受けた少女の物語。
初めて浴びる屈辱的な視線や言葉。自分の血を恥じ、名前すらも偽り、初めて踏み出した外の世界。それでも抗えないとわかった運命への絶望。どの瞬間を切り取っても、主人公は豊かな表情だけで、その感情を雄弁に語っていた。
他人事のように思える差別という普遍的な暴力をストレートに投げかけながらも、そこまで社会派の映画に傾けてないのもよい。
加えて人類学やスウェーデンの歴史など大いに知的好奇心もくすぐられる作品。よき。
ヤメピ

ヤメピの感想・評価

4.0
衝撃的な映画、本当のサーミ人が演じていると聞いてなおショックを受けた。まだまだ自分が知らないことを映画は教えてくれる。ラストの年老いたあとの表情がすごい
その後色々調べてアナ雪のクリストフもサーミ人だと知る。
おしお

おしおの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

北欧が好き、興味があるから、そんな軽い気持ちでこの映画を観ようと思ったわたしは、きっと誕生日会でクリスティーナ(エレ=マリャ)にヨイクを歌ってと言った女の子と似たようなものです。

知ることは興味を持つことから始まるけど、差別してる気持ちなんてないと思いながら、ただ彼らを別のものとして見てる。

寄宿舎の先生も科学者たちも、差別してるように振る舞っていないけれど、実際は彼女たちを自分たちと違うものとして認識している。
同じ人間なのだとは微塵も思っていない。
身体検査の場面ではそれが顕著に表れていて心が痛かったです。

対立する姉妹、決別してしまった二人がどんな風に過ごしたのかも観たかったです。
回想の続きを見てみたかったとも思うし、ないのがいいところでもあると思った

題名はダブルミーニングかなと思ったけどそういうわけではないっぽい
少数民族差別、重いテーマだった。サーミ族を知ることができ、すごく良かった。
>|