サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

Iri17

Iri17の感想・評価

4.5
ゼミの先生がノルウェーに行った際にサーミ人への差別が酷かったと言っていたが、この映画はまさに北欧の恥部を描いた作品であり、人間の醜さを描いている。本当の自分として生きるのは大変で、それを捨ててマジョリティと同化してに生きるのは辛い事だ。

日本でも根深い在日朝鮮人の方への深刻な差別とも繋がる問題である。最近も水原希子さんへのネット上での差別攻撃が問題になったが、在日中国人、韓国人、朝鮮人として生きれば迫害され攻撃される。日本の場合は通名を使って日本人のように生きようとしても叩かれる訳だからサーミ人の例より酷いかもしれない。自覚のない人種差別が蔓延している日本人こそ観るべき映画である。
YOU

YOUの感想・評価

3.7
勇気をもって飛び出しても、結局生きていけない。親に頼るしかない。そこが1番切なかった。
お金の流れ、貨幣の仕組みが文明の違いにかなり寄与するんだなぁと。

ヨイクの響きが忘れられない。
アナ雪の冒頭とよく似てたなぁ。
Hayato

Hayatoの感想・評価

1.5
予備知識がある程度あった方がよかったと思う。ストーリー自体は落差があるわけでなく、ゆるやかにずっと歯痒さを感じる。リアリティあったと思う。
ルーツと自由に生きる権利

20世紀初めから第二次大戦ごろまで「優生学」という学問があり、結果的にナチスの大虐殺の遠因の一つに。当時のスウェーデン政府はサーミ人を劣等人種として隔離政策をしていた。劇中では少女をまるで鎖につながれた動物を扱うように対応している人間とそれを観て見ぬふりをする人間も含めて本当にどうしようもない。その後、主人公は頭がよくても都市の学校に通えないことがわかり、差別と戦うのではなく、自由に生きるためにスウェーデン人に仕方なく同化しようと試みる。

監督の父親はサーミ人の父とスウェーデン人の母を持ち、数年前に祖父母やその兄弟姉妹にインタビューを行い、着想を得た。存命している老齢の親類の中には、劇中に出てくる主人公家族と同じような状況で、お互いに話をしないそうです。

本作は主人公がサーミ人だとバレるか?バレないかというちょっとしたスリルがあり、ハラハラした。後半に、画面いっぱい視覚的にスウェーデン人とは明らかに違うとわかるシーンがあり、さらにドキドキ。飽きさせない工夫がある。

おススメです。

※個人的メモ
後半のあることで疑問に思ったことがあったが、スウェーデンは戸籍制度が今もないからお金さえあれば可能と理解した。
YukkeSon

YukkeSonの感想・評価

2.5
知りたい人が観る映画

差別されていた事実以上の事は特に得られません。
それなら公式ホームページの情報だけでも良いような…。
主人公はあの後社会的に認められたの?今はサーミはどんな扱いなの?とか、そういうのが分からなくてモヤモヤ…
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

エレ マリャはサーミ人として差別され、進学もできずに生きることを拒絶し、サーミの村から逃げ出しスウェーデン人のクリスティーナとして生きることを選んだが故に、サーミ人からも白い目で見られる。スウェーデン人として生きた、年老いたクリスティーナの鋭さが際立っていた。クリスティーナの息子や孫の方が、サーミ人のコミュニティに溶け込んでいることに、時代の変化やスウェーデンの社会の変化が垣間見えた。(2017/11/8 KBCシネマ)
だいぶ壮絶な話なんだけど、ほんまにあった話なんだよなこれ。
エレ・マリャ/クリスティーナの複雑な心理を上手く表現できていたように思える。良作。
これは、一人の少女の凄まじいドキュメンタリーでした。
かつて差別的な扱いを受けていた北欧の先住民族サーミ人。
少女は、サーミ人として生まれたこと、差別される環境に生きることに疑問をもち、そんなサーミとしての自分に嫌悪を抱く。自分らしく自由に生きることを選んだ彼女。
.
故郷、家族、過去、プライド、
自分の生きる道を貫くには、捨てなきゃならないものがある。
葛藤。
.
少女が女になった時の逞しさ(たくましさ)と強かさ(したたかさ)、表情・眼つきの変化に度肝を抜かれ、彼女の佇まい、台詞が必要ないと思えるほどの表現、一挙一動に釘付けになってしまいました。
.
山岳地帯の美しい風景と、閉鎖的で陰鬱な雰囲気の画と、サーミの歌“ヨイク”の響きが、たまらなく素晴らしかったです。
生きるためには手段は選ばない強かさがよかったエレ・マリャ。
誰も信じないみたいな寂しさがあったけど、ラストシーンで救い(救われてはないけど)があった。
兄弟、姉妹っていいなあ。
いよ

いよの感想・評価

3.5
民族的に手足の長さが違うのに必死で周りの子に合わせて体操するシーンが健気
>|