サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.9
9/22 会社の帰りにアップリンク渋谷で「サーミの血」を観てきた。

掘りの深い白髪の老女が息子が運転する車で孫娘と3人で、亡くなった妹の葬儀に向かう。眼光鋭い老女は妹の葬儀に行く事には乗り気でなかった。

昔、サーミ人だった過去を捨てスウェーデン人の教師となったのだが、老女が泊まったホテルの窓に広がるラップランドの風景を見つめる処から1930年代に景色が遡り、老女がサーミ人の少女だった頃の一夏の回想録が始まる。

当時、ラップランドで暮らす先住民は差別的扱いを受けていて、サーミ人の子供達は民族衣装を着せられ寄宿学校で集合教育を受けていた。スウェーデンの博識者からも標本のように取り扱われ、スウェーデン人から隔離される。

主人公は寄宿学校で教えて貰っている教師に憧れ、教師になる為、進学の推薦状を作って欲しいと憧れている教師にお願いするが、貴方達の脳は文明に適応できないと否定される。それでも諦めずにスウェーデン人のふりをして紛れ込んだ夏祭りで都会のスウェーデン人の少年に恋をして、その少年を頼りに都会へ旅立つ。

都会で暮らそうとした主人公がお金が一旦無くなって、ラップランドの母と妹の元に戻ってくるが、妹と雪融け水の池に行き、別れ際に、二つの言付けを遺す。姉が妹の体を水で洗って、お洒落に気を付けて欲しいと話し、体を池に浮かすと空に飛んでいるように思えると伝える。前者はスウェーデンの近代文明を気にかけて欲しいという暗示で、もう一つはトナカイの事を指して、サーミの文化を大事に欲しいという暗示のような感じがする。別れ際、母が進学用の授業費にと銀のベルトを主人公に渡し、妹と一緒に去っていく後ろ姿が印象に残る。

現在でも自分がサーミ人である事を隠そうとする人も居るというが、少数民族のアイデンティティーとは何かを問いかける。

日本でもサーミ人に近い立場のアイヌが居る。アイヌの人々が奨学金を申請する事が出来るそうなのだが、アイヌ人として奨学金制度を利用する場合、自分の事をアイヌだと思っているというのが条件の一つなのだという。自分がアイヌなのか日本人なのかは、その人の心の中にある。

自分は富山県出身で、山歩きが趣味だが、先日、帰省した時に立山三山を日帰りで周回してきた。故郷の山は美しいと思うが、立山に住みたいとは思わない。その土地に生きるという事と自然が好きだと云うのは別物である。
pochall

pochallの感想・評価

4.4
最後まで見てから最初に戻ると1つ1つの仕草やクリスティーナとして生きている彼女が感慨深い

少数民族の中には彼女のような考えを持つ人が沢山いるんだろうな

これからどう生き抜いたのかな、そんなことも考えるけど108分、ちょうどいい
もむ

もむの感想・評価

4.8
SAME BLOD
サーミ人イヌイット族の物語
セイム ブラッドとも読める。
同じ血の通う人類に起きた悲劇の歴史があったことを知った。

サーミの暮らしの中では 蝿が飛ぶ音が効果音に使われる。トナカイの血液と混ざった匂いが見えてきた。

民族蔑視の歴史が 繰り返された世界中の悲劇を思い切なくなる。
Ami

Amiの感想・評価

3.5
キャストの演技が素晴らしい
もう少し続きが見たいような、でもあの終わり方がベストなようなそんな最後だった。
2時間飽きずに見られる。
要所要所で歌われるヨイクがとても印象的
Ali

Aliの感想・評価

4.3
ひとりの人間として入り込んでしまう部分と、外から知る・見る時代や違いというものと、どちらも大きく、見て1週間経っても度々思う。
見終わってから序盤をもう一度見たいと強く思う作品のひとつでもある。

エレ・マリャを演じるレーネ=セシリア・スパルロクが本当に素晴らし過ぎるし、
全ての登場人物の表情の語りがすごい。
YuukiUsui

YuukiUsuiの感想・評価

4.4
北欧の自然美がとても美しい
民族差別が盛んな時代に、自分の進みたい道を切り開く勇気に感動した
とにかく主人公がタイプすぎる…
Kohri

Kohriの感想・評価

3.5
少数派民族の人生遍歴を108分で表現すると圧縮された印象を抱くが、良い作品であった。

主人公エレの独特な体型と顔だちはサーミ人の気質なのか、他のスウェーデン人の女性と並ぶと歴然とした違いがわかる。
なので、彼女が世間と戦い、世間と溶け込もうとしているのが痛いほど伝わってくる。

故郷の大自然も美しいが、サーミ人の衣装の「青」を基調とした青味がかった色彩が良い。
青で連想するのは『ムーンライト』であるが、『ムーンライト』と同じシーンが二度出てくるのは意図的なものか。

感慨深いラスト。
残酷的であり、神秘的であるが、何よりも少数民族を"体感"できるところがこの映画の素晴らしい点である。
どんな話か知らずに見たらまあ大変。北欧に差別される民族がいたとは。

最初のお婆さんが何かと思ったら主人公だったのね。

主人公、むっちりしてるけど可愛い。もっと笑顔にしてあげたいと思った。

84本目
Hitomingc

Hitomingcの感想・評価

5.0
美しい

自然
音楽
故郷を想う心
自由を求める心
少女の心

ただただ美しい
のに
サーミの人たちに向けられる目は
この美しさで浄化されないほどに醜い

音楽が頭を真っ白にして、
無垢な頭と心で映画にひきこんでくれる
SakuraK

SakuraKの感想・評価

-
武蔵野館初参戦、素敵な空間だった。
サーミ人について何も知らなかったので、ショッキングだった。
正しくないと思うし好きになれないけど、強い。今の時代、伝統って大切にされがちだけど、見世物
>|