サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

ファ

ファの感想・評価

-


洗っても消えない匂いは、
今までに浴びた刺すような人の目線を
忘れられない証拠

まとわりついたんじゃない
染み付いたんだ
選べないのか、選べることなのか。辛さと引き換えに強く生きるってこと。勇気をもらった。
taku

takuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あくまでスウェーデン人によるサーミ人への差別を装置として、ひとりの少女の成長を描いている。昔のスウェーデン人はひどいね、という点よりは、差別によるサーミ人社会の閉塞感や、行き詰まりをエレ・マリャ(本人はクリスティーナと呼んでほしいのだろう)がどう感じ、どのように自分の人生を生きていくかがこの映画の見所であろう。
スウェーデン人とサーミ人を互いに差別するため、サーミ人が伝統を守っているというような構図が示唆されている。サーミ人の伝統が、彼らの可能性を制限している。
エレ・マリャはそのように抑圧されたサーミ人であることを捨て、自身の生きる道を切り開いていく。そして最後に彼女の見せる懺悔が、サーミ人であることを捨てるか否かをはじめとした様々な葛藤を見事に表現している。
YuriP

YuriPの感想・評価

3.8
切ない、けど逞しい、けど感慨深い作品。
サーミ人の存在を初めて知れた。
ヨイクのメロディーが今も脳内再生される。美しい歌!
初めてのお洒落とかお化粧とか恋とかしてるシーン、すごくキュンとした。
-----------------------------------
鵠沼海岸のシネコヤで観賞。
映画館でもミニシアターでもない、
最高の異空間で、食事を楽しみながら見た。
映画館好きの方、ぜひ行ってみて欲しいです。
福祉国家や幸福度の高い国として良いイメージを押してる北欧にも虐げた歴史があるってのは中学生の世界史で習ったけど、具体的にみえてなかったのがやっとわかってきた気がした

出てくる男性が子役含めて全員バイキング兜が似合いそうだ
ラップランドの仄暗い部分について。
直視するにあたって避けられないしめつける痛さを感じられる作品。
Chichang

Chichangの感想・評価

3.6
アップリンクで上映していた時に見逃してしまった映画をオンラインで鑑賞。

サーミ人としてのアイデンティティを捨て、マジョリティ社会で生きる事を選んだ老女が妹の葬儀を通して自分の出自と向き合う映画。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.7
自らの出自を捨て、家族とも縁を切ったサーミの老女。長く話すことのなかった妹の、死を機に、彼女自身の過去が語られる。
透き通るような映像の中に、若くしてサーミを捨てようとした女の子の愛憎がシンプルに、滞りなく描かれてく。その分シンプルに痛い、辛い、物哀しい、といった感情が伝わってきやすい映画でした。
酷い差別描写と無鉄砲な少女の行動に胸を打たれた、が、サーミのおかれてる状況は判るし酷い扱いを受けての逃避行動も納得できるものの、どういう意図で近代化しないのかって部分が描かれないからやや話を飲み込みづらい。
かっこいい映画だった。
監督のそれで言うなら、これから気持ちよくなるであろう描き込みみたいなところでプツンと切って、抑制している感じが、監督自身の確固たる姿勢を説明しているように感じた。

「これはオナニーじゃない」というか。

IKEA、Spotify、H&Mによって、スウェーデンはすごくイケイケな国!と連想するのと同時に、北欧という膜によって、また違った幻想的なイメージをももたらす。

しかし、そんなふんわりとした郷愁という殻に閉じこもりがちなわたしを、この映画は外へと連れ出してくれた。

「みんな違ってみんないい」を否定しなければならない彼女の生き様を考える。その土地を考える。次回作も楽しみ!
>|