サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

ハル

ハルの感想・評価

4.0
ラップランドとは「辺境」を意味する蔑称である。ラップ人(ラップ人は自身をサーミ人と呼んでいる)は古くからこの地に住み、遊牧を生業としてきた。北欧から漂う牧歌的なイメージのせいなのか、その彼らが酷い差別と偏見に晒されていたことはあまり知られていない。

この映画には、サーミ人の少女が己の境涯から脱して人生を獲得する「成長物語」の側面と、サーミ人でありながら自身の中に流れるサーミの血を否定してしまう「悲劇」の側面がある。

私は、強かに成長していく彼女に喝采を送りつつも、自身のルーツを否定してまでもそれをやってしまう点に違和感を覚えた。差別されていた側が差別する側に回ってしまうのは矛盾しているし、非常に悲しいことでもある。もっとも、それは当事者であるところの彼女が最も痛感していただろう。妹の亡骸と対面し、「私を許して」と告白するシーンが、それを顕著に表していた。人間のルーツを扱った作品で、これほど悲しく、重くのしかかったものは初めてである。
サーミ人であれと強いられるのにサーミ語を禁じられる矛盾。
トナカイを遊牧していてる民族であるがために臭いと近所のスウェーデン人に虐められる日常。
少数民族のせいで研究のため裸体を晒け出させられる屈辱。

自分のルーツを呪う姉。

ダンス場で知り合ったボーイフレンドも
最後までは救ってくれなかった。

ただ普通にスウェーデン人と同じ暮らしに憧れて
自分を消して何とか生まれ変わろうとしても、
いつも最後は八方塞がり。

それでも最後、母は娘の味方だった。

民族衣装を脱ぎ捨てスウェーデン人の前に
出て行く前に自分の染み付いた臭いを
落とすべく川で髪から体まで洗う姿は複雑。

ラップランドに暮らすサーミ人と言う民族を初めて知った。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.0
最悪の悲劇。苦し過ぎる。

遊牧民族サーミの少女が外の世界に憧れる話。

蔑まれる民族に自身が属しているとき、そこから離れ、蔑む側に入っていくというのはどういうことなのか。

蔑まれることを憎みながら、蔑みを容認するということか。

そういう極めて暴力的な思考を描いているのかもしれない。そんな人生、苦し過ぎるよ。

描かれていない彼女の長い人生を想い、ひたすら暗くなる映画だ。
「あなたたちの脳は文明に適応できない」

びっくりした。
こんなこと、教師が面と向かって教え子に言う?
世界各地ではびこる差別や偏見。
でもこういう理由付けって。
私にとってかなりの衝撃でした。

この作品、主人公は北欧の少数民族であるサーミ人の少女。彼女が差別に立ち向かいながら生きる姿か描かれている。

終始観ているのがつらかった。
もちろん、理不尽な差別・偏見にはムシズが走るのだけれど、主人公の行動に違和感を感じたから。かなりしたたかで図々しいんだもの。あれじゃ途中から応援しづらいよー
でも、そこまで強引に行動しないと差別の壁を乗り越えられないというのも事実なわけで。
切迫した人生の選択、見応えのある作品でした。

結局彼女はどう生きたか、(老いた彼女は正直あまり幸せそうには見えないのだけれど) 映画に描かれていなかったことをぼんやりと考えるエンドロール。うん、いい映画。
makita

makitaの感想・評価

3.9
この映画を見てサーミ人という民族を初めて知った。今も昔も人種差別は無くならなくて、人は皆平等なんてのは嘘で、この世には色々な不条理な事が沢山あると思う。自分にも些細な事だけど悩みや不満があるし、貧乏な人はお金持ちの人を羨ましいと思うだろうし。だけど生まれながらにして自分の血を、存在を軽蔑され差別されるなんて本当に辛い。そんな事絶対にあってはならないし許せない事だと改めて感じた。
映画自体の感想としては、主人公が街を出てからの話をもう少し見たかった。
Gaku

Gakuの感想・評価

4.2
サーミの血のサーミは個人名ではなく、民族の名前であると映画の冒頭で知りました。スウェーデンで迫害されていたサーミ人は頭脳が普通の人よりも劣っている?という理由で進学ができず、周りからは腫れ物扱いをされ、自由を奪われていました。主人公は、厳しい現実の中で幾多の困難に直面します。
主人公エレマリャの無言で目で感情を訴えるような演技が終始、心に残りました。
まつこ

まつこの感想・評価

3.8
サーミというものを始めて知った。ちょっとダルデンヌ兄弟のロゼッタな感じ。こっちの方が見やすいけど一生懸命に生きているところがそう思わせた。
4genji

4genjiの感想・評価

2.7
知らなかった。「ラップランド」が蔑称だったなんて。。

とってもあっさりしていて物足りない印象ですが、100分じゃ、どうしても足りないんでしょうね。


ジャーナリズム的お勉強映画だけど、景色、無音、歌声、少年少女、、、いろいろひっくるめて、ほっこり。
鳥

鳥の感想・評価

2.0
ノルウエーのマイノリティであるサーミ族の女の子が差別に立ち向かいながら自分の人生を歩んでいく。
途中で終わってしまった感があって、何でだろう、一つ一つの要素が途中でぶっつり終わって腹4分くらいで次のステップに行ってしまうかんじだった。
aymm

aymmの感想・評価

4.3
ただの人種差別の話ではない。ひとりの女性の誇り高い生き様を生々しく、そして目をそらす事ができない程の力強さで描いた良作。

授業で観てもいい程の内容だが、別に堅苦しく滅入ってしまうようなものではない。主人公の少女は私たちと同じように、学校で勉強し、初恋を経験して大人になっていく。ただサーミ人だという事以外は何も変わらない。そのはずなのに…

印象的だったのは、他の土地の人々からの差別より、サーミ人だけの学校で教師やそこに訪れる人々からの差別の方が酷かった事。

時代は変わっていくが、自分が生きる時代は選べない。彼女の勇気は世界を変えられる訳ではないが、本作を観て私たちがそれを知る事で変わる事はきっとあるはず。
沢山の人に観て欲しいです。
>|