はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 318ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

最高。好みドストライク。
今年度初の、大人料金初の、初レイトショーの、そして記念すべき海外作品100本目の映画がこれで本当に良かった。

みんなに見てほしいというよりは、
自分と似た人に見てほしいかも。

まさにFantastic.
lilllim

lilllimの感想・評価

4.5
どんな家庭環境であれそこに本当の愛があれば幸せにもなれるということ。
親が子供に影響を与え、子供も親に影響を与える。
後半で父親が自分の教育が間違っていたと言うが、その後のシークエンスで子供達が「父親の育て方が間違っていたかどうかは自分達で決める。」「今の自分が幸せかどうかは自分で判断する。」って訴えているようで爆泣き…
いい映画です。
普通って何か?変わっているって何か?
公開館数少ないですが、是非劇場で観て考えて欲しい映画です‼︎
Konomi

Konomiの感想・評価

4.6
うれしいときに雄叫びをあげるのいいな



キューブリック作品のロリータみてればよかった
記録 普通に生きるということを改めて考えさせれる映画。子供達のファッションがすごくいい!
mma

mmaの感想・評価

-
お父さんもおじいちゃんも妹も、みんな子どものことを考えてのことは一緒。どの考えも、否定も肯定もしない構成がとてもよかった。夜の森で読書するのいいなぁ。
head4ne

head4neの感想・評価

4.3
予告編見た瞬間から劇場行きを決めてました。

初めのカットは明らかにアクションもののオープニングw
一貫してある変態家族の物語なんだけど、その純朴さがいい。
そしてバカみたいにインテリでありえないギャップがほんとに笑えた。個人的にはサージ派w

頭によぎったのはむしろベンどんだけ人間偏差値高ぇんだよwなのにどんだけ社会不適合者なんだよw

劇場に行かなくても十分楽しめるし、DVD買おうっと。
konomo

konomoの感想・評価

3.0
あのサバイバル生活の極端さが笑いになるような、もうちょっとあっかるーいコメディかと思ってたのだった。

あの父親はどんな人生だったんだろう?何から逃げているんだろう?と思いながら観てしまって、イライラもやもやを感じていた。妻を助けたいってだけではないよねあの生活?
「正しさ」に答えはないけれど、子供の選択肢を極端に減らす生活や、結局それって犯罪教唆なやり方は(スーパーもだけど羊も!飼い主がいるよ!)、それはやっぱりある種の虐待に見えたのだ。
うーん、そんなごちゃごちゃしたこと考えずにゲラゲラ笑いたかったんだけどなー。

ヴィゴが髭そったら超イケメン!ってところや、子供たちの可愛さは良かった。オチもまぁ納得。
米国北西部の森林で自給自足のワイルドでサバイバルな生活を送る一家の物語。

闘病中の母親の死を切欠に、南部ニューメキシコ迄2400kmのツアーに出るが、現代社会生活とのギャップが多過ぎて、様々な笑えて、笑えない悲喜劇が巻き起こる。

クライマックスは、森林生活を認めない亡き妻の父親、そして多感で下界(現代社会)を知ってしまった子供達の未来との折り合いのつけ方。

まぁ、美しい景色や画像と微妙なハッピーエンドという感じで楽しめました。

「どうして皆、カバみたいに太っているの?」とかコーラは毒、教育やキリスト教批判とか、アメリカン・タブーな所をよそ者(しかし、森からでもこちらも同じアメリカン)の感じるままにぶつけているのが、数館から全米へと拡大ヒットした理由でしょうか。

マスコミは避け、外では言えない「ポリコレ疲れ」の大反動期=トランプ現象とも通じて理解出来ます。

森人アメリカンの長男が「今はマオイスト(毛沢東主義者)」とか、思わず吹きました。。(^o^;)
Yuki

Yukiの感想・評価

4.7
Well, It's so happy our family together.


何が正しくて、何が正しくないかなんてその人の価値観でしかない。みんな一生懸命生きてるのにね。
クロコダイル・ダンディー顔負けの大自然家族、彼らの珍道中を描いた傑作ロードムービー。ヴィゴ演じる父親はもちろん、六人の子どもたちのキャラ立ちが素晴らしい。こういう生活もありなのでは。カルチャーギャップ・コメディとしても十分面白い作品。