はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 318ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

いい映画。

家族によって価値観が違うのは当たり前、でも子供にとってその価値観が正しいのかは親にも分からない。
親も悩み続けるしかない。

ラストの朝食の風景は秀逸。
haruka

harukaの感想・評価

5.0
自分達が食べる分だけ
生き物を殺して食べる。

火の明かりで本を読む。

そういう暮らしが
してみたいものです、、、、
Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

4.3
【はじまりへの旅:Captain Fantastic】
★★★★☆ 4/5点。 4.3
10月10日鑑賞。
2017年 53本目。
#‎2‎017映画メモ

これは素晴らしいロードムービー。

森の奥深くで社会と交わらずに生き、
ノームチョムスキーをこよなく愛する一家。
父の教えにより、子供達は自分で生き抜く力を得、
皆6ヶ国語を習得。
長男は名門大学全てに合格するレベル。

そんな中、入院中の母親が死に、
母のある遺言を果たす為に葬儀に向かう。

教育とは何か。
人と違うのが普通では無いことなのか。

社会で氾濫した情報のうわべを寄せ集め、流されるように生活することと
文明から離れ、限られた本の情報から物事の本質を見出し、自分の意志を持って生きること。

どちらが今の社会を生きる人にとって必要なのか。

色々考えさせられる映画だった。

最後の約束を果たす場面はもう感極まれり。

今年一番よかったかも。

父が長男の旅立ちの時に伝えた言葉

「常に高潔に。日々、人生最後の日と思え」

「大胆に挑戦して楽しめ 全て一瞬だ」

「死ぬな」

肝に銘じて生きていきます。
MOON

MOONの感想・評価

3.8
始まってすぐは設定がぶっ飛んでんなぁ〜って思いながら見てたけど一人ひとりのキャラが可愛らしくて話しが進むにつれて見入ってしまった。
まーや

まーやの感想・評価

4.1
設定がまず面白い。子どもたちが超人なんだけどひとりひとりめっちゃキュート。

あれほど全てをかけて常識を逸脱してまで子どもたちに教え尽くしてきたこれまでを「全部間違ってた」と認めることができるのはすごい。最後の新しい生活のシーンの空気感が最高。
AKANE

AKANEの感想・評価

4.8
想像以上に素敵な映画だった。

どれが正解で誰が普通なのか、最後まで分からないけど、誰もが共感できる部分があって家族ってこうありたいなって思える映画だった。

とにかく子供達がみんなすごくかわいい♡

久々に泣いた。
“she helped me with everything we did it together.”
miyu

miyuの感想・評価

4.0
いや、予想以上に良かったです。。。
なんで、映画館パスしたんやろうなぁ〜💦
予告編見た感じじゃ、多分、好みじゃない気がしてたのに…

予想外でした。。。

ヤバイ!
結構、ワタシ的には、ツボにはまった映画です。。。

何が良い…って
子どもに対して、あそこまで出来る親っていますか???

いや、フツーでいいですやん…
あそこまで労力つかえる自信ありませんゎ…
って、なりますやん。。。
既成概念の枠にとらわれて、あそこまで、出来ませんょ😅

勿論、社会と、隔離して、家族だけ…
っていうのは、良くない傾向ですゎ。。。

お父さん、それを前向きに是正していった姿も、好感大ですゎ!

映画やから…かもわからへんけど…

チョット あまりにも、自分が既成概念に囚われていて…
本当に伸ばしてあげなければならないことをまぢ潰してきたのかな???
なんて 思ったりしたけど…

まっ、あんなに賢い親でもない訳だし
サバイバル能力にも長けてる訳じゃないから、良しとしよう!!

映画の中の話だけど…
好きだなぁ〜💕

*ただ、ダメなシーンはあります。。。
【ネタバレかも…】

子どもに盗みをさせたり…
みたいなシーンは
チョット 嫌悪感感じました。。。
印象的なのはハーパーの息子達と三女サージとのやり取りのシーンですね。この映画を象徴してると思います。
人間というのは優れていることよりも、周りと同じであること。調和をつくづく大事にする生き物だなと感じた。
でも家族のあり方はそれには左右されないでいいんだよな。
よーた

よーたの感想・評価

4.4
自然の中で生きるからこそ得られるものがある一方で、損なわれるものもあることを教えてくれるロードムービー。