はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

パパの言葉と、エンドロールのI shall be releasedが刺さった
「水に流そう」っていうイメージ

愛車に名前つけるの自分もやってたから好感!
家族のテンションによって愛車の見栄方もちがって車も家族

全編音楽よかった
悪気のない過ちだった、、
お父さんの気持ち考えるとつらすぎて泣いた
よっひ

よっひの感想・評価

3.9
考え方や生き方が自分とは違う存在、自分が思う"普通"の枠組みから外れている存在に、私たちはどこか不安を覚え同化させようとする。
人間も生物の一種である以上、仕方のないことなのかもしれない。

主人公ベンの考え、そして義父をはじめとする親戚の考え。どちらが"正しい"とか"普通"とかいうものではなく云々、と解釈した。

そもそも普通という基準を設けてしまった時点で思考は停止しているのではないか。
"常識"や"一般的"というのは個人の尺度によるものでしかなく、物事は常に多面的で複雑であり、且つそのいくつかある多面性に優劣はないのだと思う。

ラスト、家族は新たな世界に飛び込んでいくが、それは迎合ではなくて価値観のアップデートである、すなわちこれまでの生活で形成された軸のようなものは彼らの中にあり続ける前提で、そこに肉付けされていくイメージ。そうであって欲しい。

SNS上の世界を含め、世の中が殺伐としている昨今、いわゆる"多数派"と呼ばれるコミュニティが果たして本当に「正しい」と言って良いのか、一度立ち止まって俯瞰的に見つめることを常に意識していたい、そう思えた映画だった。

クライマックスの青空×湖×草花×合唱のシーンは幻想的で美しかった。
Kayah

Kayahの感想・評価

5.0
ユーモアもあるし、自分が今もつ常識を再考させられる。ポップな映画だけど、考えさせられる内容。
もえ

もえの感想・評価

5.0
母親が同じ病気で死んだ。
葬儀の時、父親が自分のせいで悪化させてしまったのかなって泣いてた。
皆でママを燃やすシーンのパパの台詞でそれを思い出した。
個人的にすごく感情移入。。。どんな話なのか知らずに見たけど、出会えてよかった。
wetsand

wetsandの感想・評価

4.0
題材:4 脚本:4 人物:4 映像:4 音楽:4

お兄さんが失恋するエピソードがすき。
どれほど知識や教養があっても、自分を客観的にとらえて世間を知り人生を積まなければ恋愛はできないというメッセージに感じた。

おれもチョムスキーの誕生日、カレンダーに登録したよ。
これもかなり特異なシチュエーションの物語ではあるが、家族のあり方や社会生活について考えさせる内容になっている。何が幸せで、何に価値を感じて生きていくかという普遍的な命題を、かなりグイグイと突き付けてくる作品だ。風景がとても美しく、ロードムービーとしての楽しみ方も十分に出来る。笑えて泣けて考えさせる。中身の詰まったお得感のある映画だ。
うえの

うえのの感想・評価

4.0
常識の是非を問うているようで完全に肯定している。ただ、一家と対比的に描かれている無知な大人になりたくないとは思った。とうに大人なので急ピッチで教養を深めような。
ド変態家族による、ド変態鎮魂ムービー。
この家族に憧れる自分が少し怖い。笑
an

anの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記録用
かわった映画、お母さんを焼いた後トイレへ、サバイバル暮らしをしていた子供は学校へ
>|