酒中日記の作品情報・感想・評価

酒中日記2015年製作の映画)

上映日:2015年03月21日

製作国:

上映時間:99分

3.1

あらすじ

「酒中日記」に投稿された感想・評価

たくや

たくやの感想・評価

1.6
この内容で映画にする意味が分からない。特に話している内容に中身があるわけでもないし、酒が入ってるからグタグダの話が飛び出すのかもしれないが、無茶苦茶。うるさいだけ。冒頭から10分で酷いなと感じた。
自分が飲むのは楽しい気分になれるけれど、他人が飲んでいるところを見るだけで何が楽しいのか?
ss

ssの感想・評価

-
だらーりと日曜の昼間に他人の酒飲み話を観る。
なんとも贅沢な時間。

一度人に迷惑かけずに捕まってみたいと豪語する中原さん😂
そんな犯罪なかなかないよと思いつつ酒の席ということでゆるりと進むたられば話。

なんかいい映画。

2017/9/30
スー

スーの感想・評価

-
ひとり晩酌の肴に丁度いい
バーで偶然居合わせて
知った名前がちらほらする話を
にやにや盗み聞きしてるよう

シリーズ化してたら楽しいのに!
eeosusume

eeosusumeの感想・評価

3.3
新宿ゴールデン街から
スタート

ダベって、呑んで
楽しいひと時

内藤誠監督の底力

もっと評価されていい
海月

海月の感想・評価

3.5
横丁で軽く一杯やってからビールとポップコーン片手に観てたんだけど最高だった。
こりゃズルい。
こりゃめっちゃ好きなやつや。
こりゃめっちゃおもろいやつや。
酒飲みにはたまらん映画。
酒飲んで楽しそうな画を延々とダラダラと見せられたらそりゃ楽しいわなって映画。
飲みの中弛みするとこまでまーダラダラと流しやがって(笑)
これは映画のプログレですね。
吐いて吐いて吐いて、吐いてるうちに吐いてることが気持ち良くなってくる。
劇中ずっとニヤニヤほくそ笑みながら観てました。

この後100パ飲みたくなるよ。

自分はまぁ…飲みに行きました。
作家、坪内祐三氏の同名のエッセイから切り取られた時間。文壇Barでの作家さん方の姿をちょっと覗き見するような感じ。
文人たちがなじみの酒場で飲み、そして語らう。こちらも飲みながら観たくなるような、そんな映画である。

中原昌也の「はぁ。。。」というイエスなのかノーなのかよくわからない相槌や、重松清のヤンキー上がりの格好悪い語り(本人自覚済)はまさに「酒場でのおかしみに溢れた人間模様」といった感じで、面白い大人たちを眺めるような不思議な時間であった。

2015/4/3
maybelin

maybelinの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

東陽片岡からはじまり尾崎魔弓、中原昌也などささるキーワード満載だがおそらく50代且つ映画関係とかでないとついていけない内容であろう。興味ある話題が飛び交い実際あの中で一緒に呑んでも溶け込める自信はあるがホントのところ面倒すぎて参加したくない。たまたま舞台挨拶の回だったが、酒は旨味でなく酔えればいいという映画関係にありがちな精神も断固反対!